マーベル新作『エターナルズ』アンジーの出演決断の理由が明らかに!アメコミのヒーロー映画に全く興味がなかった!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
マーベル新作『エターナルズ』アンジーの出演決断の理由が明らかに!アメコミのヒーロー映画に全く興味がなかった!?
Tinseltown / Shutterstock.com

マーベル最新作『エターナルズ』主演のアンジェリーナ・ジョリー「当初は小さなカメオ出演だと思っていたようだ」とプロデューサーが暴露!アンジーがセナ役を引き受けた理由や撮影裏話を明かしているぞ!

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)映画26作目にして“アベンジャーズ”に次ぐ新たな最強ヒーロー集団“エターナルズ”の活躍を描く『エターナルズ』が2021年11月5日(金)に公開を迎える。1976年に発表された同名コミックが原作の本作は、7000年もの間、人類を見守ってきた“エターナルズ”が復活を果たし、最古の敵“ディヴィアンツ”から人類を守る戦いを描く。“エターナルズ”の勇敢な女戦士セナを演じるアンジーの他に、リチャード・マッデンキット・ハリントンジェンマ・チャンサルマ・ハエックマ・ドンソク兄貴、クメイル・ナンジアニバリー・キオガンリア・マクヒューローレン・リドロフブライアン・タイリー・ヘンリーらが出演する。

アンジーは「カメオ出演だと思っていた」プロデューサーが暴露!

本作の製作をつとめるネイト・ムーアが米Comicbook誌のインタビューで、アンジーは「とても小さなカメオ出演だと思っていたようだ」と明かし、セナ役を引き受けたアンジーが今まで演じてきた役とは違うものにするために、長い時間をかけて取り組んでいたと話した。

「最初にこの映画の話をしたとき、ジョリーはとても小さなカメオ出演だと思っていたと思う。彼女はセナ役の大きさに驚き、全力で取り組み、セナの動きや戦い方を独特なものにしていった。」とムーアは話した。

「彼女は『ソルト』や『トゥームレイダー』など数々のアクション映画に出演してきた。彼女はスタントコーディネーターと協力して、これまでとは違うアクションのスタイルを作っていたよ。彼女は、“これは前にやったことがあるわね。違うことやってみたらどうかしら?”と言っていた。その一環として、彼女が上手く武器を使いこなせるようにシステムを開発していたよ。彼女は剣術の経験はあまりなく、その類のアクションもあまりやったことがなかったからね。」と続けた。

「頭がおかしくなりそうだった」武器を持たないアクションにアンジーが動揺!

アンジーが演じたセナは、エネルギーでさまざまな武器を生成できるという特殊能力を持った女戦士。アンジーは役作りとしてバレエのレッスンを受け、さまざまな武器の使い方を学んだことを明かしているが、実際の撮影では一切武器を持たずにアクションをしていたことから「頭がおかしくなりそうだった」と米Entertainment Weekly誌のインタビューで語っている。

「物を投げたり、掴んだり、真っ二つに壊したりする動きのトレーニングをしたのは、とても奇妙に感じた。ちょっと頭がおかしくなりそうだったの。“私が持っているのは剣? 槍? それとも投げ縄かしら? 私は何をしているのだろう?”と想像しながら、手を動かすのだから。その後、夢中になるととても楽しくなるのだけど、パズルみたいだったわね」と回想していた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eternals(@eternals)がシェアした投稿

「ほかのヒーロー・SF映画とは違う何かが起きていると感じた」出演の理由を明かす

数々のアクション映画に出演経験があるも、ヒーロー映画には出演してこなかったアンジー。そんな彼女が『エターナルズ』への出演に至った決め手はなんだったのだろうか。その理由を以下のように明かしている。

「私はスーパーヒーローやSF映画には興味がなく、演じたいと思っていなかったの。でも、この映画では何か別のことが起きているように感じたし、とてもキャラクター重視の作品だと気づいた。筋金入りのファンの多くは、エターナルズが誰であるかを知らないでしょうね。彼らを一度に紹介するのは簡単なことではないのよ。」

「当たり前のことなのに、どうしてこんなに時間がかかっただろう」MCUが描く多様性について語る

誰一人としてキャラ被りしない、多種多様な背景を持つヒーローたちが勢揃いすると話題の『エターナルズ』。結集した“エターナルズ”は、それぞれ肌の色や人種が異なり、ある者は視覚障がいや聴覚障がいをもっていたり、マーベル初LGBTQのヒーローだったりと個性豊かだ。実際に、聴覚障がいを持つ女優のローレン・リドロフが、聴覚障がいを持つヒーロー、マッカリを演じることでも注目を集めている。アンジーは『エターナルズ』で描かれる多様性について語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eternals(@eternals)がシェアした投稿

「本当に驚くべきことは、私たちが全員揃って登場したときに“とても新しくてクールだ”とは感じられず、“いつもそうあるべきだった”と感じられたこと。どうしてこんなに時間がかかってしまったんだろう? とても正しいことだと感じた。私が望むのは、人々がこの作品を観るときに、“ああ、これは多様性についての映画なんだ。この人もスーパーヒーローになれるんだな”と思うのではなく、“もちろんあの人もスーパーヒーローだし、あの人もそうだよね”と思ってもらいたい。“ヒーローなのは当然”という理由で、彼らがヒーローになれないことに疑問を持つことは、私たちにとって恥ずかしいことなのよ。」と話した。

「平等に描かれた“ファミリー”でヒーローを演じたい!」とアンジーを突き動かした本作をぜひ見逃さないでほしい。
新たな伝説を描くマーベル最新作『エターナルズ』は、2021年11月5日(金)より公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『エターナルズ』

何千年もの間、人知れず人類を見守ってきた不死の種族<エターナルズ>。舞台は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。最凶最悪の敵サノスをも超える“未曽有の脅威”が人類に迫る時……彼らはついにその姿を現す!

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • マーベル新作『エターナルズ』アンジーの出演決断の理由が明らかに!アメコミのヒーロー映画に全く興味がなかった!?