「ドラゴンボール」のかめはめ波をオマージュ!? 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』夢のマーベル×日本文化が実現!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
「ドラゴンボール」のかめはめ波をオマージュ!? 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』夢のマーベル×日本文化が実現!
『シャン・チー/テン・リングスの伝説』©Marvel Studios 2021

全世界を席巻し、衝撃と感動を巻き起こした映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)のマーベル・スタジオが送り出す最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。本作の中で最も注目を浴びているのが、数々のシーンに散りばめられた“日本の要素”だ。劇中にはシャン・チーの親友ケイティが「かめはめ波」を口にするシーンやポケモンのような神獣たちが出現したりと、日本のファンには嬉しい魅力が詰まったマーベル作品に称賛が飛び交っている。そんな本作が完成した裏側には、まさに日本文化を愛するキャストやスタッフの存在があったのだ。

日本文化を愛するキャスト&スタッフが勢揃い!!

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』©Marvel Studios 2021

本作の監督を務めるデスティン・ダニエル・クレットンは、日本の怪獣映画宮崎駿作品が大好きで、実際本作の監督を担うチャンスを掴むため、プレゼンテーションを行った際には日本のあのアニメのシーンを使ったという。「僕は実際、『ドラゴンボールZ』のクリップを使った。孫悟空がかめはめ波をやるクリップを使った。」と、歴史的な人気アニメ「ドラゴンボール」のかめはめ波のシーンをプレゼンに使ったことを明かし、「映画の中に、彼らが、父と息子が互角の戦いをするところがある。そして、『ドラゴンボールZ』の中に、かめはめ波が起こっていて、それが長く続くシーン(悟空がかめはめ波を放っていて、相手もそれに負けないパワーで互角の戦いが続く場面)があるんだ。だから、それは間違いなく、この映画にとって、インスピレーションとなったものの一つだよ。」とコメント。劇中に描かれた、シャン・チーと父のシュー・ウェンウーの激戦の中では、一目みただけでドラゴンボールのかめはめ波だと分かるシーンが披露されており、夢のマーベル×日本文化が実現された、日本のファン興奮の一幕を本作で目の当たりにすることができる。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』©Marvel Studios 2021

他にも見事シャン・チー役に大抜擢され、いま世界の注目の的となっているシム・リウもまた日本文化について聞かれると「僕はずっとクロサワ(黒澤明)ファンなんだ。トシロー・ミフネ(三船敏郎)は僕の大好きな役者の1人だよ。彼は素晴らしい役者だ。とても自信にあふれて、とてもカリスマがある。本当にスクリーン・レジェンドだよ」と、日本でもレジェンド的な存在である監督・俳優を大絶賛。さらにシャン・チーと共にサンフランシスコのホテルで働き、シャン・チーの親友として登場するケイティ演じるオークワフィナもまた「私の大好きな映画のジャンルの一つは、日本映画なの。私が好きだった作品は、ホラー映画だったの。私は、『バトル・ロワイアル』やオリジナルの『リング』、『呪怨』にすごく夢中だった。それらの映画がアメリカにやって来る前にね。明らかに、私はずっとミヤザキ(宮崎駿)が大好きだったわ。」と日本の作品を上げ、「日本映画の文化にはとても豊かな要素がたくさんあるから、私は女優としてもとても影響を受けたと思う。」と日本文化が彼女にも大きな影響を与えていると語る。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』©Marvel Studios 2021

本作でついにマーベル×日本文化が実現したわけだが、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは将来日本のヒーローが登場する可能性があるのかと聞かれると「そう思うよ。そう願っている。僕たちは、僕たちの映画の一部のシーンを日本で撮影したいんだ。長年にわたってそのことについて話している。」と、日本でマーベル作品を撮影することを計画していると示唆!さらに「コミックのいろんなところに素晴らしい日本人のキャラクターたちが出てくるんだ。僕たちは、彼らをスクリーン上に描くことを挑戦してみようと取ってある。もうすぐね。」と明かし、マーベルに日本のヒーローが登場するその日はそう遠くはないようだ。

日本のアニメや監督が大好きだという監督やシム・リウ、オークワフィナらによって、日本文化の魅力が数多く散りばめられ、マーベルの“新たな世界”を開いた本作。息を飲む壮絶なアクションの中に、ふと観客が嬉しくなるような日本ならではの魅力が描かれた本作は、マーベルにしか描くことができない迫力満載のシーンで観客を魅了しながらも、一方でマーベル映画とは思えないような全く新しい側面を持つ、唯一無二の作品なのだ。劇中に隠された“日本の要素”に注目しながら、ぜひ劇場でみてほしい!

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、大ヒット公開中!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』

アメリカ・サンフランシスコで平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー。彼には、かつて父が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付け、組織の後継者になる運命から逃げ出した秘密の過去があった。しかし、悪に染まった父が伝説の腕輪《テン・リングス》を操り世界を脅かす時、彼は宿命の敵となった父に立ち向かうことができるのか?

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 「ドラゴンボール」のかめはめ波をオマージュ!? 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』夢のマーベル×日本文化が実現!