竹達彩奈&丹生明里が“初主演&初声優”の重みを語る! 劇場版『DEEMO サクラノオト』が拡張する色鮮やかなゲーム世界

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:とみたまい
竹達彩奈&丹生明里が“初主演&初声優”の重みを語る! 劇場版『DEEMO サクラノオト』が拡張する色鮮やかなゲーム世界
丹生明里(日向坂46) 竹達彩奈

全世界に感動をもたらした音楽リズムゲームついにアニメ化

累計2,800万ダウンロードを突破し、世界中で愛されている音楽リズムゲーム「DEEMO」。城で独りピアノを奏でる謎の存在・Deemoのもとに、記憶喪失の少女が舞い降りてきた。彼女を元の世界に帰すため、天井の窓まで“曲を聞いて成長する木”を伸ばそうとピアノを弾くDeemoは、少女とのふれあいのなかで人の温かさを知る――。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

Deemoと少女の切ない物語はゲームを飛び出し、2022年2月25日(金)より劇場版アニメーション『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』としてスクリーンに登場する。美しく幻想的な世界観はそのままに、ゲームでは描かれなかった“成長した少女”の姿をはじめ、新たな要素が散りばめられた本作はきっと、「DEEMO」の世界に初めて触れる人の心をも揺り動かすことだろう。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

ゲームに続き本作でも少女(アリス)を演じる声優・竹達彩奈と、城のなかに暮らす“仮面の少女”を演じる丹生明里(日向坂46)に劇場版『DEEMO サクラノオト』の魅力や、お互いに気になっていること(!?)について語ってもらった。

丹生明里(日向坂46) 竹達彩奈

エンドロールでそれぞれが噛みしめた“初主演&初出演”の重み

―竹達さんにとって、今作は初の“劇場版アニメ作品の主演”とのことですね。多くの作品でメインキャストを務めていらっしゃるので、すでに経験済みだと思っていました。

竹達:実は初めてなんです。試写で観させていただいたときに、エンドロールの一番最初に自分の名前が出てきて……声優として十数年のキャリアを積んできたなかで初めての経験だったので、胸がアツくなるような気持ちでした。

その後にキャストさんやスタッフさんのお名前がずらーっと並んでいるのを見て、「本当にたくさんの方たちが力を貸してくださって、みんなで素敵な作品を作ることができたんだな」と、言葉にならないくらいに……幸せを噛みしめていました。

竹達彩奈

―丹生さんは劇場版アニメ作品で声優を務めるのは今作が初めてですが、どんな思いで完成したものをご覧になりましたか?

丹生:私もエンドロールで自分の名前が流れているのを見て、「わ~! ついに映画に出演できた~!」と思いました(笑)。夢が叶ったことが嬉しくてウルっときましたし、「ファンのみなさんにたくさん観ていただきたいな」とも思いました。

それと同時に……竹達さんがおっしゃったように、本当にたくさんの方々が頑張ってくださって、こうして素敵な作品ができたんだなと実感しています。アフレコの段階で想像していた以上に、素晴らしい映像と音楽が作品を彩っていたので、日本中の方にたくさん観ていただきたいです!

丹生明里(日向坂46)

―竹達さんは2015年から原作ゲームで少女(アリス)の声を担当されていましたが、劇場版はまた違った雰囲気のある作品となっていますね。

竹達:そうなんです。原作とはかなり雰囲気が違うので驚きました。ゲームには出てこなかった“成長した”アリスの姿が見られたのも驚きましたし、ミライ(声:濱田岳)や匂い袋(声:渡辺直美)、くるみ割り人形(声:イッセー尾形)といったキャラクターたちと会話を交わすアリスを見て、「年相応の可愛らしい女の子なんだな」と知ることができたのも嬉しかったです。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

―ゲームではアリスがひとりで喋っているので静かな印象を受けますが、今作は賑やかな掛け合いもあったりと、新たな「DEEMO」の世界が見えた気がします。

竹達:ゲームでは(アリスの)モノローグが静かに続いていくので、誰かの言葉を受けて感情を大きく変化させたりすることがないんですが、映画のアリスはキラキラ笑ったりエンエン泣いたりと、いろんな表情を見せてくれたことが嬉しかったし、安心しました(笑)。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

―丹生さんが演じる“仮面の少女”は、普段の丹生さんの声よりも落ち着いたトーンで発声されていた印象です。

丹生:そうなんです! 普段は日向坂46のメンバーやファンのみなさんから「声が高い」とか「明るい感じだね」ってよく言われるんですが、仮面の少女はアリスに対して心を閉ざしているような印象があったので、声色を少し下げて、冷たく聞こえるように意識しました。

最初のうちは「どの程度まで冷たい感じを出したらいいんだろう? 感情をもっと入れちゃってもいいのかな?」と模索していましたが、監督さんに一つひとつ教えていただきながらアフレコに臨むことができました。「今後はこういった声も出せるようになっていこう」と思いましたし、普段とのギャップを楽しんでいただきたいです。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

より色鮮やかになった劇場版『DEEMO サクラノオト』の世界と音楽を楽しんでほしい

―こういったご時世ということで、おふたりは別々に収録されたそうですね。竹達さんがアフレコのトップバッターだったとも伺いましたが、プレッシャーはありましたか?

竹達:めちゃめちゃ緊張しました!(笑)。もちろん監督がOKを出してくださるので、それを信じて演じていくわけですが……。掛け合いがないので、相手からどんなお芝居が返ってくるのかわからないですよね。自分のなかで想像しながら演じているんですが、やっぱりちょっとどこか不安があったり、ドキドキする部分があって。でも声優は、ひとりで収録する機会が多かったりもするので、これまでの経験を存分に生かすことができたと思います。

竹達彩奈

―実際に完成した作品を観て、丹生さんが演じる仮面の少女をどう感じましたか?

竹達:(劇場版アニメ作品に声優として出演するのが)初めてとは思えないくらい、まさに仮面の少女でした。私が想像していた以上に、仮面の少女として映像のなかで生き生きと動いているのを見て、とても感動しました。

丹生:(嬉しさを噛みしめるように)うぅ~!

―アフレコのときに竹達さんの声が先に入っていたことで、丹生さんもイメージしやすい部分があったのかもしれませんね。

丹生:本当にそうだと思います。すごく勉強にもなりましたし……竹達さんが演じるアリスの透き通るような声が耳に心地よくて。息遣いとかもすごすぎるし、「私も頑張らなきゃ!」と思いました。

丹生明里(日向坂46)

―完成版でアリスと仮面の少女がやり取りするシーンを観て、どのように感じましたか?

丹生:自分が演じているので、どうしても客観的に見れないというか……。「アフレコのときに、こういう気持ちでやっていたなあ」とかって思い出しちゃうんです。映像や音が入ることですごく臨場感のある緊迫したシーンになっていたので、「あ~、よかった~!」とホッとしました。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

―原作ファンの方も原作に触れたことがない方も、それぞれに楽しめるポイントがたくさん詰まった作品だと感じました。

竹達:原作の人気ランキング上位に必ず入るような楽曲が使われているので、それを聞くだけでも原作ファンの方たちは胸アツだと思いますし、アリス以外のキャラクターたちも喋るというのはとても新鮮に感じていただけると思います。より色鮮やかになった「DEEMO」を楽しんでいただきたいです。

原作に触れていない方には、ぜひ劇場版『DEEMO サクラノオト』で世界観を体験していただきたいです。まるで感情を音楽に変換したかのような、心に寄り添ってくれる曲や、感情を爆発させた曲が出てきますので……。ストーリーと映像はもちろんですが、音楽も楽しみながら感情移入できると思います。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

丹生:ゲームファンの方は、曲が流れたときにノーツをタップする感覚を思い出しちゃうくらいの気持ちになっていただけるんじゃないかと思いますし、自分がいつもプレイしている曲が流れてくると、きっとテンションも上がると思うので、たくさん楽しんでいただきたいです。初めて「DEEMO」に触れる方も「これを機に遊んでみようかな」と思っていただけると嬉しいですね。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

―ちなみに、おふたりともゲーム好きということで、「『DEEMO』をプレイしてみたいけど、音楽ゲームはちょっと苦手」という人にアドバイスをいただけますか?

竹達:え~! なんだろう……?

丹生:リズム感が大事……なのかな?

竹達:でも私、リズム感が本当になくて……。

丹生:え! そうなんですか!?

竹達:うん。だから「音楽ゲームが得意」とは言えないんだけど、「DEEMO」は曲が素晴らしいので、できちゃうんです。曲を好きになったら、自然とできるんじゃないかなと思います。

丹生:あ~! それは本当にそうだと思います。

竹達:ね! 曲が耳に馴染んでくると、音の配置がわかってきて、タップしやすくなると思います。だからなによりも曲を楽しんでいただいて、好きな曲を見つけていただくのが一番の近道かもしれません。

丹生:そうですね。私は仮面の少女を演じることが決まってからプレイしたんですが、これまでやってきた音楽ゲームとはちょっと違う感覚になりました。まるで自分がピアノを弾いているような気持ちになるというか……ポンポンってノーツを叩くんじゃなくて、「DEEMO」は“奏でている”感じですよね。もう、奏でちゃってるんです(笑)。

竹達:あはは! そうだね~(笑)。

丹生:それがすごく心地よくて。だから、「自分も音楽ゲームできるのかな?」と思っている方にも、やわらかい気持ちでプレイしていただきたいです。きっとやりやすいと思います。

―今作は音響にもこだわって作られているとのこと。劇場で「DEEMO」の楽曲を聞くのが楽しみです。

竹達:7.1chサラウンドの環境下で観させていただきました。楽曲がより美しく聴こえるのはもちろんですが、小さな足音や、部屋の外から聴こえてくる雨の音もすごく臨場感があるんです。7.1chサラウンドでご覧になられる方は、ぜひそういった小さな音にも耳を澄ませて、身体で感じていただけると嬉しいです。

―丹生さんの注目ポイントは?

丹生:アリスが頑張って木に登っている姿がすっごく可愛くて、思わず「頑張れ!」って言いたくなっちゃいます(笑)。そういった可愛らしいアリスの姿に注目していただきたいのと、作品を見終わったときに「あ、あれってこういうことだったんだ!」と気づくことがたくさんあるので、もう一度観たくなるんですよね。毎回違った視線で楽しめると思うので、何度でも観ていただきたいです。

『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』©Rayark Inc./「DEEMO THE MOVIE」製作委員会

お互いが気になっている“日常のとある一コマ”とは?

―アフレコでは別録りだったものの、こういった取材でおふたりがご一緒される機会も増えたと思います。

丹生:私はインタビューのときに言葉が詰まってしまうことがあるんですが、竹達さんはいろんな言葉がスラスラと出てきて「カッコいいな~!」って思います。

竹達:全然だよ~!(笑)。デビュー当初は本当に言葉が出てこなくて……先にデビューしていた周りの子たちが素敵なことをスラスラ話しているのを見て、「なんで私は全然喋れないんだろう?」って思ったこともありました。

丹生:すごくわかります!

竹達彩奈

竹達:でも、それってやっぱり“経験の差”なんですよね。どんどん慣れてきて、言葉もスラスラと出てくるようになるから心配しなくていいと思うんです。いまの丹生ちゃんが語る劇場版『DEEMO サクラノオト』への思いや愛情って、私にはしっかり伝わってきますし、みなさんもそうだと思うんです。しかも、独特の“丹生節”みたいなものがある(笑)。

丹生:ふふ(笑)。

竹達:それがすごく素敵だなって私は思っています。「上手く話そう」とかではなく、丹生ちゃんの言葉で語られるものが一番素敵なんだろうなあって。

丹生:わ~、ありがとうございます! 嬉しいです。もうひとつ聞きたいんですが、アフレコがある日の朝って、どんなことをしていますか? 喉のコンディションを整えるために、声優さんは特別なことをされているのかな? って知りたくて。

竹達:私の場合は、シャワーを浴びて体温をガッと上げます。低血圧なので、なにもしないと身体が起きない感じがしていて……。シャワーを浴びたり、フルーツをつまんだり、時間が十分あるときは湯船にお湯をためて入っちゃったり。お風呂に入ると鼻から喉のあたりが広がる感じがするので、すごく大事な日とかは意識して入るようにしているかもしれないです。

丹生:参考にさせていただきます!

丹生明里(日向坂46)

竹達:私も聞きたいことがあるんですけど……忙しい日々を送るなかで、どのタイミングでゲームしているのかがすごく気になっています(笑)。

丹生:家に帰ってきて、次の日のスケジュール次第でどれだけゲームするかを決めるんですけど……。例えば、明日の朝早くからお仕事がある場合は、本当にちょこっとしかやらなくて。

竹達:でもやるんだ?(※間髪入れずにツッコむ)

竹達丹生:あはははは!

丹生:一応ログインはします(笑)。次の日のスケジュールに余裕があるときは、メンバーも誘って一緒にやったり。

竹達:一緒にやるんだ。なんて可愛らしい……。

丹生:ふふ(笑)。

丹生明里(日向坂46) 竹達彩奈

取材・文:とみたまい

撮影:落合由夏

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』は2022年2月25日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

劇場版『DEEMO サクラノオト -あなたの奏でた音が、今も響く-』

ピアノが鳴り響く音楽学校。聴く者全てを惹きつける見事な旋律を奏でるのは少し影のある少女、アリスだ。人と交わろうとしない彼女だが、好奇心の強いサニア、優しいロザリアと出会い、徐々に変化が訪れる。

空から一人の幼い女の子が落ちてくる。記憶を失くしていたが、黒の紳士がDeemoということはなぜか知っていた。Deemoがつま弾くピアノの旋律に誘われるように、少女は「アリス」という自分の名前を思い出す。そこには、彼女を優しく見守るぬいぐるみのミライ、クルミ割り人形のくるみ割り、フワフワと宙に浮く匂い袋がいた。
ピアノの音色で成長する木が天窓まで届けば元の世界に帰ることができるのではと考えたアリスたちは、城に隠された楽譜集めを始める。そこでアリスは表情を隠した仮面の少女と出会う。「あなたなんて、嫌い」と言う仮面の少女とアリスの関係は?
仲間たちとの楽譜集めの冒険。仮面の少女の心。そしてDeemoという存在の謎。時にアリスの頭をよぎる桜並木。

途中で止まる記憶の旋律――。過去・現在・未来に大きな波紋を広げる音色が、次第にアリスの記憶の扉を開いていく。

制作年: 2022
監督:
脚本:

ジャンル

  • BANGER!!!
  • アニメ
  • 竹達彩奈&丹生明里が“初主演&初声優”の重みを語る! 劇場版『DEEMO サクラノオト』が拡張する色鮮やかなゲーム世界