全米No.1ホラー最新作『ハロウィン KILLS』の最終予告編が公開! ハロウィンに“ブギーマン”が人々を恐怖に陥れる!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
全米No.1ホラー最新作『ハロウィン KILLS』の最終予告編が公開! ハロウィンに“ブギーマン”が人々を恐怖に陥れる!!

全米でNo.1ヒットを記録したホラー映画『ハロウィン』(2018年)の続編となる『ハロウィン KILLS』 が、2021年10月29日(金)のハロウィンシーズンにTOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開される。このたび、米最終予告編が公開された。

鬼才ジョン・カーペンターが生み出した『ハロウィン』(1978年)から40年後を描いた前作『ハロウィン』は、映画史に残るホラー・アイコン“ブギーマン”ことマイケル・マイヤーズが再びハドンフィールドの住人たちを恐怖に陥れ、ローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)との因縁の戦いが描かれた。同作は、批評家からや観客からも高い評価を獲得し、全世界で約279億円を突破する大ヒットを記録した。 その続編となる本作は、前作でローリーが仕留めたはずの“ブギーマン”が再び人々に襲いかかる—‼︎

このたび公開された最終予告編では、ハロウィンの夜、リンジー・ウォレス(カイル・リチャーズ)がブランコに乗った子供たちに「こんな遅くに何をしているの?」と話しかけるシーンから始まる。子供たちは「マスクをした男とかくれんぼをしている」と答え、リンジーは血まみれのナイフを持ってたたずむマイケル・マイヤーズを見つける。「逃げるのよ!」とリンジーは危険を察し、ハドンフィールドでのハロウィンの恐怖がまだ終わっていなかったことが明らかになる。大火災から生き残ったマイヤーズが再び住人たちを恐怖に陥れ、バールのような凶器、巨大な包丁を振り回す姿がおさめられている。前作で満身創痍になりながらマイケルを追い詰めたローリーは病院で治療を受けた後、住人達とともに不死身の“ブギーマン”を打倒すために立ち上がる—‼︎

本作の監督・脚本・製作総指揮は、前作に引き続きデヴィッド・ゴードン・グリーンがつとめた。キャラクター原案、 製作総指揮、音楽をシリーズ生みの親である巨匠ジョン・カーペンターが手がけ、製作総指揮は『透明人間』(2020年)『ハッピー・デス・デイ』(2019年)など良質ホラー作品を量産する“恐怖の工場”ブラムハウス・プロダクションズを率いるジェイソン・ブラム、ダニー・マクブライドら、前作からの強力な布陣が再集結した。主人公ローリー・ストロードを演じるのは 1978年製作の『ハロウィン』からシリーズを支え続けるジェイミー・リー・カーティス。そしてローリーの娘カレン役のジュディ・グリア、孫娘アリソン役のアンディ・マティチャックも続投し三世代でブギーマンに立ち向かう。『ハロウィン』(1978年)でリンジー・ウォレスを演じたカイル・リチャーズが復帰した。

予告編には、実家の前に立つマイヤーズや、ピエロの衣装を身にまとった若き日のマイヤーズの姿が映し出され、本作にも前作までのシリーズ作品をフラッシュバックする場面が含まれている可能性があると話題になっている。
『ハロウィン KILLS』は、2021年10月29日(金)よりTOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほかにて全国公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ハロウィン KILLS』

40年におよぶローリー・ストロードと #ブギーマン ことマイケル・マイヤーズの因縁の戦いに決着はついたはずだった。しかし、ローリーの仕掛けたバーニングトラップから生還したマイケルは、過去を背負うハドンフィールドでさらなる凶行を重ねる。物語はついに、ブギーマンの正体に迫り新たな展開を迎えるー。

制作年: 2021
監督:
脚本:
音楽:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 全米No.1ホラー最新作『ハロウィン KILLS』の最終予告編が公開! ハロウィンに“ブギーマン”が人々を恐怖に陥れる!!