『ボヘミアン・ラプソディ』続編の製作検討中!? ブライアン・メイ「フレディの死後、クイーンは終わったと思っていた」

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『ボヘミアン・ラプソディ』続編の製作検討中!? ブライアン・メイ「フレディの死後、クイーンは終わったと思っていた」
YouTube

伝説的ロックバンド、クイーンブライアン・メイが、第91回アカデミー賞で4冠に輝いた『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年)続編の製作が検討されていることを明かした!

前作は、ラミ・マレック演じるロックシンガーのフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画で、マーキュリーが英ロックバンド・クイーンのシンガーとして、チャリティーコンサート「ライブエイド」で大成功を収める姿や、マーキュリーの最期の姿を描いた。2018年に公開されるや否や、世界中で社会現象を巻き起こし、マレックの熱演も話題を集めた。

第91回アカデミー賞では作品賞をはじめ、最多5部門でノミネート。マレックが主演男優賞を受賞し、編集賞、音響編集賞、録音賞の4冠に輝いた。日本では130億を超える興行成績を記録し、全世界では約1000億円を記録した大ヒット映画となった。

続編の実現には「素晴らしい脚本が必要」

Instagramでのライブ配信に登場したメイは、『ボヘミアン・ラプソディ』続編の可能性について言及し、大ヒットした前作に次ぐ続編を実現させるには「素晴らしい脚本が必要」だと明かした。

「我々はいろいろなアイデアを検討しているよ。『ボヘミアン・ラプソディ』がこれだけ成功するなんて、私たちの誰も予想できなかったから、あの成功に続くのは難しいだろうね。私たちが心血を注いで作った作品だ。『風と共に去りぬ』よりも大ヒットするなんて、誰も予想できなかったよ。私たちは、もしかしたら続編が実現するかもしれないと考えているが、それには素晴らしい脚本が必要なんだ。どういう作品にするか見極めるには、しばらく時間がかかりそうだよ」とメイは明かした。

「フレディのことを考えない日はない」メイが明かす

メイは、フレディの訃報を受けたその当時を振り返り、「彼のことを考えない日はない」と明かした。

「(訃報を受けて)私は完全に“終わった”と確信していたよ。私たちがよく演奏していたアリーナの前を車で通り過ぎたとき、“あんな経験はもう出来ない。もう二度とやれないだろう”と思っていた。私はただ、自分がとても小さな人間に戻ったように感じた。私は自分の音楽を作っていたが、クイーンは終わった、死んだ、永遠になくなったと思っていた。」とメイは語った。

「私たちは長い間、彼の死を乗り越えられなかった。今でも乗り越えられているかどうかわからないが、2年間、私たちは悲嘆に暮れ、クイーンの存在をほとんど否定するような不合理な行動をとっていた。でも、ある程度は乗り越えられるものだ。私たちは、フレディが私たちと一緒にいるように思えるようになった。彼が去ったようにはもう思えないよ。私たちがすることすべてに彼がいるのだから。フレディのことを考えない日はないね」とメイは続けた。

『ボヘミアン・ラプソディ』フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが悪役サフィンを演じる『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、2021年10月1日(金)より公開だ。こちらも期待して待ちたい!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』続編の製作検討中!? ブライアン・メイ「フレディの死後、クイーンは終わったと思っていた」