ノーラン監督『TENET テネット』で一番難しかったアクションは”まばたき”!? 主演俳優が振り返る

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
ノーラン監督『TENET テネット』で一番難しかったアクションは”まばたき”!? 主演俳優が振り返る
Instagram

2020年9月18日(金)についに公開される、クリストファー・ノーラン監督によるタイムサスペンス『TENET テネット』。タイムトラベルではなく時間が逆転するという難しいコンセプトを扱う映画とあって、新しい試みの連続だったようだ。主演を演じたジョン・デヴィッド・ワシントンが米ComicBook.comのインタビューで明かしている。

一番難しかったアクションは“まばたき”!

先日、本作のアクションについて「今まで見たことがない動きの連続だった」と明かしていた主演のワシントンは、最も難しかったアクションが“まばたき”だったことを明かした。

「信じられないかもしれないけれど、反転世界の撮影をしている時、僕のまばたきについて指摘を受けたんだ。それと、投げ方とパンチの受け方、そして、後ろからのパンチの避け方を学んだ。防御の動きが攻撃の動きになり、攻撃の動きが防御の動きになるんだ。全体のコンセプトを把握するのに時間がかかったよ。」と語っている。

『TENET テネット』はただのスパイ映画ではない!

またワシントンは、本作の複雑なストーリーを理解するために、ノーラン監督とのコミュニケーションが不可欠だったことを明かしている。

「ストーリーを進めていく中で、主人公の感情が今どこにあるのか、精神状態がどうなっているのかを追うことが、常に必要だった。今まで見てきたこのような映画のジャンルのなかで、この作品はとても野心的だ。スパイ映画でありながら、アクションスリラーでもあり、ドラマが盛り込まれているSFでもある。多くの場合、そのどれか1つを選択しないと、すべてを失うことになるが、ノーラン監督は、彼にしかできない方法で実現したんだ。
僕にとって刺激的だったのは、“人間”を演じるということだった。“人間”を演じていたからこそ、“スパイがどうあるべきか?”というルールに縛られなかった。人間とは何か? 彼はどんなスパイだったのか? 彼はどんな人物だったのか? こういった疑問は初期の段階で入念に話しあったことのひとつだ。」とワシントンは語っている。

謎多きタイムサスペンス大作『TENET テネット』2020年9月18日(金)全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『TENET テネット』

たった一つの言葉“TENET"を武器に、全世界の存続をかけて戦う“主人公"。国際スパイの黄昏の世界を旅し、時間を超えて繰り広げられるミッションに挑む。

タイムトラベルではない。“逆転"。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • ノーラン監督『TENET テネット』で一番難しかったアクションは”まばたき”!? 主演俳優が振り返る