“完璧主義”トム・クルーズがノーラン監督最新作『TENET テネット』鑑賞! 気になる感想は……⁉

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
“完璧主義”トム・クルーズがノーラン監督最新作『TENET テネット』鑑賞! 気になる感想は……⁉
DFree / Shutterstock.com

『ミッション:インポッシブル』シリーズ(1996年〜)のトム・クルーズが、クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』(2020年9月18日全国公開)を観賞。トムは作品をとても気に入ったことを明かし、太鼓判を押している!

トムが投稿した動画には、ロンドンで開催された『TENET テネット』の試写会に向かうトムの姿が映し出されている。道中ファンに気づかれてしまい「マスクをしてるのにどうして気づかれちゃうのかな?」と話す姿もおさめられている。試写会が終わるとトムは「映画館に戻ってこれてよかった!」と話し、「映画は楽しめた?」と観客に話しかけられると「とても気に入ったよ!」と答えている。

『TENET テネット』は、『ダークナイト』トリロジー(2005年〜2012年)、『インセプション』(2010年)『ダンケルク』(2017年)のクリストファー・ノーラン監督が、時間が逆行するゲーム性をリアルに描き、常識を一瞬で吹き飛ばすタイムサスペンス作品だ。主人公のミッションは、人類がずっと信じ続けてきた<時間のルール>から脱出すること。そして、時間に隠された衝撃の秘密を解き明かし、第三次世界大戦を防ぐことを使命に行動する。
ミッションのキーワードは<TENET テネット>― 「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」という言葉とともに、巨大な任務に突如として巻き込まれた名もなき男は任務を遂行する事が出来るのか⁉︎ というあらすじだ。

キャストには『ブラック・クランズマン』(2018年)のジョン・デヴィッド・ワシントン、2021年公開予定の『ザ・バットマン』ロバート・パティンソン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年)のエリザベス・デビッキ、そして『ダンケルク』(2017年)に続きノーラン作品に出演するマイケル・ケイン、そしてケネス・ブラナーらが出演する。

完璧主義者として知られるトムのお墨付きを得た『TENET テネット』は、2020年9月18日(金)に公開が予定されている。期待して待とう!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『TENET テネット』

たった一つの言葉“TENET"を武器に、全世界の存続をかけて戦う“主人公"。国際スパイの黄昏の世界を旅し、時間を超えて繰り広げられるミッションに挑む。

タイムトラベルではない。“逆転"。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • “完璧主義”トム・クルーズがノーラン監督最新作『TENET テネット』鑑賞! 気になる感想は……⁉