親ナチ派の陰謀とは? アメリカの黒歴史! 驚愕実話『アムステルダム』にクリスチャン・ベールやデ・ニーロら集結

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:遠藤京子
親ナチ派の陰謀とは? アメリカの黒歴史! 驚愕実話『アムステルダム』にクリスチャン・ベールやデ・ニーロら集結
『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

東京国際映画祭ガラ・セレクションでプレミア上映された『アムステルダム』がいよいよ2022年10月28日(金)に公開となる。洋画ファン必見の豪華キャストで、俳優たちの演技への評価も高く、プロダクションデザインも素晴らしいコメディミステリーだ。欧米の映画サイトが辛い点をつけているからといって見逃してはもったいない。海外で点が辛くなったのは、情報つめすぎで脚本が複雑すぎたから……。しかし、そのつめすぎの情報が面白い映画でもあるのだ。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ファシズム、ヒロポン、ムッソリーニ

舞台は1933年。主要登場人物の三人、バート(クリスチャン・ベール)、ハロルド(ジョン・デヴィッド・ワシントン)ヴァレリー(マーゴット・ロビー)は1918年の第一次世界大戦末期にヨーロッパで出会った。第一次世界大戦は近代兵器が大量投入された最初の戦争だ。退役後、整形外科医になったバートの医院で、失くなった足が痛いと訴える元兵士が出てくるが、幻肢痛の報告も多かった。バートは義眼を入れていて、義肢・義足の登場人物も多いが、義肢・義足がめざましく発達したのも戦争のせいだった。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

1933年は、第二次世界大戦が刻々と近づいていた時期でもあった。日本はちょうどこの年に国際連盟を脱退している。ドイツ軍と日本軍が協力して製造していた覚醒剤、ドイツ名でペルチビン、日本名でヒロポンが劇中に登場する。ファシズムももちろん大きなファクターだ。ムッソリーニと同席したアメリカ人将軍が大きな秘密を知り暗殺されたらしい――この事件から物語が始まる。ムッソリーニは日本ではヒトラーほどのインパクトはないが、ロッセリーニやパゾリーニが告発した巨悪なのだ。『無防備都市』(1945年)や『ソドムの市』(1975年)の悪役たちのさらに上位の悪なので、『アムステルダム』の登場人物たちの危機感も増す。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

バートとハロルド、そして同じ部隊のミルトン(クリス・ロック)は傷も負ったが、傷を癒す過程ではほかの復員兵たちよりはだいぶ運がよくて、生き延びることもできたし当時のカルチャーにどっぷり浸かって自由を楽しむこともできた。

バート、ハロルドとヴァレリーは帽子の中にばらばらの言葉を入れて、取り出した順に読み上げた詩でナンセンスソングを作って遊んだりしているが、これはダダイズムの詩人たちが実際にやっていたこと。モダンなデザインがどんどん出てきていた時代で、テイラー・スウィフトが演じる将軍令嬢はアール・デコのブローチを身につけている。従軍看護師のヴァレリーはシュルレアリズム芸術家でもある。彼女が現代美術家であることが、“あるもの”が巧妙に隠されてしまう仕掛けにもなっている。

アメリカの黒歴史“ビジネス・プロット”とは?

ストーリーの骨子になるのがアメリカの黒歴史“ビジネス・プロット”だ。ウィキペディアにも載っている実話で、財界の指導者たちがナチスに傾倒し、大衆に人気があったスメドレー・バトラー少将を指導者に推したてクーデターを起こそうと目論んだ陰謀だ。作中では、スメドレー・バトラー少将はギル・ディレンバック将軍に変えられ、ロバート・デ・ニーロが演じている。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

で、これは史実であってネタバレでもなんでもないので書いてしまうが、ビジネス・プロットは陰謀で終わってクーデターは起こらなかった。というのも、話を持ちかけられたスメドレー・バトラー少将ご本人が財界の大物たちの不道徳さに「俺がなんのために戦ってきたと思ってんだ!」とキレて、その陰謀をバラしたからだ。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

スメドレー・バトラー少将について少し調べると、毀誉褒貶がすごい。戦争の英雄だが、禁酒法下で独裁的な取り締まりを行って解任されたりもしている。右翼が彼を好む下地もあるのだ。しかし、1931年には本当にムッソリーニを「子どもを轢いても車を止めない」と言ってイタリア政府から抗議され、謹慎処分を受けたりしていた。

デ・ニーロの名場面を見逃すべからず

軍人時代のバトラーはハイチやメキシコの侵攻に加担していたが、後年は反戦活動家になって自分自身が行った中南米侵攻を「富裕層のための戦争だった」と批判している。『アムステルダム』の2年後の1935年には「War Is a Racket(戦争はイカサマだ)」という小冊子を出版し、戦争がいかに軍需産業だけを潤して兵士たちから搾取するか、迫力ある議論を展開している。この小冊子はいまでもAmazonなどで入手可能だ。

War Is a Racket: The Antiwar Classic by America's Most Decorated Soldier (English Edition)

このスメドレー・バトラー少将の発言を、本作ではデ・ニーロが完コピしている。一字一句もズレのない完璧なタイミングだ。これがチャップリンの『独裁者』(1982年)を思い出させる素晴らしいシーンなのだ。ここまでタイミングを合わせるには猛練習したはずで、そうした猛練習は内容に共鳴していなければできないのではないかと思う。世界が戦争に向かいそうなこのとき、西側諸国でも戦争に反対する戦争が叫ばれ独裁的な政治リーダーの人気が高まったこのときに「ファシズム? ふざけんな!」と、かのデ・ニーロが喝破する。こんな映画が撮られたことに、ハリウッド文化人たちの気概を感じる。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

これらの情報が混じり合い、回想が入って時代が行ったり来たりするので、脚本は大変なことになる。また新しい情報出てきた! と疲れきったレビュアーが点を低くした気持ちもわからなくもないが、ロッテントマトの点数など気にせず、このデ・ニーロを見てほしい。もちろん、マーゴット・ロビーやアニャ・テイラー=ジョイ、美術などほかにも多くの見どころがある。

『アムステルダム』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

文:遠藤京子

『アムステルダム』は2022年10月28日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『アムステルダム』

世界の歴史を変えた衝撃的な陰謀の裏側を描いた、ありえないけど“ほぼ実話”。 1930年代ニューヨーク、かつてアムステルダムで出会った3人の友人たちが ある殺人事件の容疑者となり、思いがけず全世界に渦巻く 巨大な陰謀へと巻き込まれていくことに―

監督・脚本:デヴィッド・O・ラッセル

出演:クリスチャン・ベール マーゴット・ロビー ジョン・デヴィッド・ワシントン
   クリス・ロック アニャ・テイラー=ジョイ ゾーイ・サルダナ
   マイク・マイヤーズ マイケル・シャノン ティモシー・オリファント
   アンドレア・ライズボロー テイラー・スウィフト マティアス・スーナールツ
   アレッサンドロ・ニヴォラ ラミ・マレック ロバート・デ・ニーロ

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 親ナチ派の陰謀とは? アメリカの黒歴史! 驚愕実話『アムステルダム』にクリスチャン・ベールやデ・ニーロら集結