ピーター・ディンクレイジが『シラノ』を語る! コンプレックスに悩む“有名主人公”になりきった名演に号泣必至

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:斉藤博昭
ピーター・ディンクレイジが『シラノ』を語る! コンプレックスに悩む“有名主人公”になりきった名演に号泣必至
『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

ディンクレイジが名作戯曲に挑戦

剣の達人で、詩の才能をもつ、文武両道の男。しかし彼にはコンプレックスがあり、愛する女性に想いを打ち明けることができない。その女性が別の男性を慕っていると知った彼は、文才のない相手の男性に代わって、詩のように美しいラブレターを書くことに……。

これは、あまりに有名なシラノ・ド・ベルジュラックの物語。エドモン・ロスタンの戯曲から、これまで多くの映画や舞台となって世界中で愛されてきたが、今度の映画化はかなり特殊である。ミュージカルであり、原作でも重要なポイントである主人公シラノのコンプレックスを大きく変えたからだ。

『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

シラノを演じるのは、ピーター・ディンクレイジ。たしかに、これまでのシラノの特徴であり、コンプレックスとなった「大きな鼻」を特殊メイクなどで表現していない。今回のシラノは剣豪で詩人という要素は受け継ぎながら、他人より身長が低いことを気にして、幼なじみでもある女性、ロクサーヌへの想いを伝えられずにいるのだ。

この新たな『シラノ』は、舞台の映画化である。オリジナルの舞台を創作したのが、劇作家のエリカ・シュミットで、彼女はディンクレイジの私生活のパートナー。ということはディンクレイジが演じると想定して、設定が変更されたのか? しかし発端はそうではなかったと、ディンクレイジは語り始めた。

©2021 Getty Images

公私のパートナーが脚本を執筆

エリカは、これまで語り尽くされたシラノの物語をアップデートさせるうえで、重要な決断をしました。大きな鼻という要素を省略することです。そして(グラミー賞を受賞したバンド)ザ・ナショナルに楽曲を依頼しました。かなり大きな賭けに出たわけです。私は横でそんな彼女の仕事を見守っていて、ある日、たまたま同じ部屋にいて脚本のセリフを読んでほしいと頼まれました。そこで私はこの物語に恋をしてしまったのです。エリカは私を想定して脚本を書いたわけではないのに……。

エリカ・シュミット ピーター・ディンクレイジ ©2021 Getty Images

その結果、ディンクレイジはエリカ・シュミット作のミュージカル「シラノ」の主役として舞台に立つことになった。大きな鼻を取り除いた大胆な変更はともかく、ディンクレイジにとってミュージカルという点は大きなチャレンジだったようだ。

じつはミュージカルは初体験でした。子供時代に学校の発表会とか、そういったレベルでやったことがある程度です。プロの俳優になっても、ミュージカルに誘われるチャンスは限られていますからね。ただ私は、自分にできるかどうかわからないことへの挑戦が大好き。ハードルやリスクが高いほど燃えるんです。

『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

映画を観ればディンクレイジの歌唱力には圧倒されるが、そんな彼に、好きなミュージカル作品を尋ねると……。

トップは『ウエスト・サイド物語』ですね。昨年、(同作を作詞した)スティーヴン・ソンドハイムが亡くなりましたが、彼はミュージカルを改革した人で、つねに私のヒーローでした。ソンドハイムなら(作詞・作曲の)『スウィーニー・トッド』も大好き。殺人と復讐という、ミュージカルにふさわしくない暗いテーマも追求したわけですから。あとはクラシックの『オクラホマ』なんかが思い浮かびます。

新作『ウエスト・サイド・ストーリー』と『シラノ』が、日本で同じ月に公開されるのは偶然とはいえ運命的だ。

『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

「ハードな目標を達成した瞬間の喜びは何事にも代えがたい」

過去のシラノの作品では、ジェラール・ドパルデューの『シラノ・ド・ベルジュラック』(1990年)や、スティーヴ・マーティンの『愛しのロクサーヌ』(1987年)が印象に残っているというディンクレイジだが、そこには違和感もあったそうだ。

シラノを主人公にした舞台や映画は、その90%くらいでハンサムな俳優がメイクで鼻を大きく見せています。演技が終われば、その鼻を取るというのがわかりきっているから、私はどこか興醒めして眺めていたのも事実です。今回、エリカのバージョンはそこを超えていくわけで、作品の本質が伝わるのではないでしょうか。

©2021 Getty Images

こうして、まず舞台版に挑んだディンクレイジ。相手のロクサーヌを演じたヘイリー・ベネットも、舞台、今回の映画と続けての共演となる。すでに舞台で経験した役なので、映画でも演じやすかったのではないか。

もちろん作品の核心を理解していますし、役が身体になじんでいますから、すんなり入り込めました。ただし舞台の場合、何度演じたとしても、つねに演技が変化していきます。お客さんの反応にも影響を受けます。ミュージシャンのライヴのような感覚ですね。映画ではクローズアップも多用され、よりリアルな表現が求められます。ヘイリーとは舞台でも近い距離で演じていたので違和感はなかったですね。すぐ近くにいるのに、想いを打ち明けられない。そのもどかしさは映画版でも変わりませんでした。

『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

シラノは剣の達人でもある。劇中では彼の命が狙われ、10人もの刺客と激しい戦いを繰り広げたりもする。イタリア、シシリア島での撮影も含め、アクションでの苦心をディンクレイジは次のように振り返る。

剣闘シーンのために、約1ヶ月間のトレーニングが課されました。まずロンドンで訓練を続け、その後、ロケ地のシシリア島の現場で仕上げるわけです。振付を覚えるような感覚で何度もリハーサルを重ねたのですが、有能なスタッフのおかげで何とか乗り切ることができました。先ほども話したように、私はこうしたチャレンジは大歓迎なんですよ。ハードな目標を正しく理解し、達成した瞬間の喜びは、何事にも代えがたいので。

「“先生”という職業は、もっと社会的に評価されるべき」

シラノ・ド・ベルジュラックの、愛するロクサーヌのための決断は自己犠牲のようなもの。それゆえに作品を観た人が共感し、深い感動に包まれるわけだが、ディンクレイジにとっての自己犠牲とは?

まぁ、私が自己犠牲の精神で生きているかどうかは何とも言えませんが(笑)、やはり子育てで発揮されていますね。子供に対して親はあらゆる点で譲歩しますから。でも、そうした行為は自発的ですし、自分も幸せな気分になるから不思議ですよ。

『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

その自己犠牲も含め、『シラノ』という作品、さらにディンクレイジの演技が、観た人のこれからの人生を少しだけでも変えるかもしれない。それが映画のもつ可能性だが、ディンクレイジにとって人生を変えたものが何かを聞いてみた。

そうですね……。これまでの人生を振り返ると、出会った先生たちでしょうか。自分では絶対にできないと諦めていたことに、挑戦する勇気を与えてくれましたし、インスピレーションの源になりましたから。本当に、いい先生たちに巡り合ったおかげで、今の私があると感謝しています。この“先生”という職業は、もっと社会的に評価されるべきですよね? ギリギリの収入で続けている人もいるので、そこは改善してもらいたいです。

©2021 Getty Images

『シラノ』の演技によって、ディンクレイジはいくつかの賞で主演男優賞にノミネート。『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011~2019年)のティリオン・ラニスター役など、ここ数年、キャリアは絶好調である。「とにかく私をやる気にさせてくれる。そんなアーティストたちに出会い、囲まれている状況が大好きで、幸運」と、彼はうれしそうに語る。

身長132cmという個性だけでなく、演技力も作品ごとに鮮やかに発揮し続け、誰もが認める“大物俳優”となったピーター・ディンクレイジ。『シラノ』のラストシーンを観て、その事実を納得しない人は、おそらくいないだろう。

『シラノ』© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

取材・文:斉藤博昭

『シラノ』は2022年2月25日(金)公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『シラノ』

17世紀フランス。剣の腕前だけでなく、優れた詩を書く才能をもつ、フランス軍隊きっての騎士シラノ・ド・ベルジュラックは、仲間たちからも絶大なる信頼を置かれていたが、自身の外見に自信が持てず、想いを寄せるロクサーヌに、心に秘めた気持ちをずっと告げることができない。そんな胸の内を知らないロクサーヌは、シラノと同じ隊に配属された青年クリスチャンに惹かれ、こともあろうにシラノに恋の仲立ちをお願いする。複雑な気持ちを抱えながらも、愛する人の願いを叶えようとするシラノは、溢れる愛情を言葉で表現する才能がないクリスチャンに代わって、自身の想いを文字に込めて、ロクサーヌへのラブレターを書くことに……。果たして、三人が求める純真な愛の行方は――

制作年: 2021
監督:
脚本:
出演:

PR

  • BANGER!!!
  • 映画
  • ピーター・ディンクレイジが『シラノ』を語る! コンプレックスに悩む“有名主人公”になりきった名演に号泣必至