『梨泰院クラス』のイ・ジュヨン好演!『野球少女』は女子高生が男子プロ野球を目指すスポーツ映画の快作

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
『梨泰院クラス』のイ・ジュヨン好演!『野球少女』は女子高生が男子プロ野球を目指すスポーツ映画の快作
『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

あくまで“野球選手”として

凛々しいと言えばいいのか、あるいは単純に“カッコいい”か。韓国映画『野球少女』の主演イ・ジュヨンの佇まい、醸し出す雰囲気が素晴らしい。日本でも大人気となったドラマ『梨泰院クラス』(2020年)でトランスジェンダーの料理人を演じた新進気鋭。本作で複数の賞でノミネート、受賞を果たしている。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

主人公スインは高校野球部(男子)のエース。“天才野球少女”として話題になった。しかし念願のプロからは声がかからない。韓国にも女子野球はあるが、それは仕事をしながらの兼業プロ。スインは貧しい家族を支えるためにも男子プロ野球で稼ぎたかったし、何よりトップの場で自分の力を試したかった。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

しかし、スインはチャンスさえもらえない。「女だから」だ。実際、学生レベルでは速かった直球もプロでは通用しないだろうと判断される。ではどうするか。直球のスピードを上げるしかない。スインの涙ぐましい努力が始まる。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

そこに現れるのが野球部のコーチ、ジンテだ。彼もまた、プロになることができなかった過去を持つ。ジンテがスインに授けるのは、クセ球ナックルボール。男ばかりの世界で闘うからといって男のようになるのではなく、自分ならではの武器を磨くということだ。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

このジンテにしても、幼い頃からのチームメイトであるジョンホにしてもスインを支えはするものの、それが安易な“恋愛模様”にならないところが本作の美徳と言っていいだろう。ジョンホがスインにプレゼントをする場面があるのだが、それも“女の子へのプレゼント”ではなく、あくまで野球選手として、だ。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

将来どうなる? 自分でも分からないのに、他人に決めつけられたくない!

夢を見ることなど忘れ懸命に働くスインの母、アイドル志望の友人バングルなど、『野球少女』にはさまざまな形での社会との闘い、“ガラスの天井”に傷つけられる様が描かれる。夢を見たって将来どうなるか分からない。それはスイン本人にさえ分からないのだが、だからこそ「自分にも分からないのに他人に分かるわけがない」と夢を追う。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

いわば映画そのものが、女性たちへのエール。トライアウトの場面に登場する、もう1人の女子選手との関係性を描くシーンも見事だ。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

見ていて思ったことを正直に書くと、この『野球少女』は、たとえば『ロッキー』(1976年)や『メジャーリーグ』(1989年)、『ベスト・キッド』(1984年)のような、いわゆる“燃える展開”とは一味違うクライマックスを迎える(そこで登場する人物もお楽しみ)。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

それは当然といえば当然のことで、これは現代性に満ちた女性アスリートの物語なのだ。その見せ方、盛り上げ方はこれまでの熱血スポ根映画とは違ってくるし、そこが魅力なのである。しかし、女であれ男であれ老人であれ子供であれ、誰もがイ・ジュヨン=スインを応援したくなるのは間違いない。

『野球少女』© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

文:橋本宗洋

『野球少女』は2021年3月5日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『野球少女』

青春の日々をすべて野球に捧げ、〈天才野球少女〉と称えられてきたチュ・スイン(イ・ジュヨン)。高校卒業を控えたスインは、プロ野球選手になる夢をかなえようとするが、〈女子〉という理由でテストさえ受けさせてもらえない。母や友だち、野球部の監督からも、夢を諦めて現実を見るようにと忠告されてしまう。「わたしにも分らないわたしの未来が、なぜ他人に分かるのか」──自分を信じて突き進むスインの姿に、新しく就任したコーチ、チェ・ジンテ(イ・ジュニョク)が心を動かされる。同じくプロになる夢に破れたジンテは、スインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、特訓を開始する。次々と立ちふさがる壁を乗り越えたスインは、遂にテストを受けるチャンスを掴むのだが──。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 『梨泰院クラス』のイ・ジュヨン好演!『野球少女』は女子高生が男子プロ野球を目指すスポーツ映画の快作