リアル「スーサイド・スクワッド」!?『特攻大作戦』はあのタランティーノ作品の元ネタにもなった“ならず者部隊”の活躍を描く戦争映画

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:大久保義信
リアル「スーサイド・スクワッド」!?『特攻大作戦』はあのタランティーノ作品の元ネタにもなった“ならず者部隊”の活躍を描く戦争映画
『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

12人のならず者たち

『特攻大作戦』(1967)の原題は『The Dirty Dozen』、つまり「下劣な1ダース(=12人)」です。

『特攻大作戦』
価格:DVD ¥1,572(税込)
発売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ノルマンディ上陸作戦(1944年6月)を成功させるため、アメリカ陸軍は特殊部隊をフランスのドイツ軍占領地域に潜入させる秘密作戦を企画します。目的は、ドイツ軍高官暗殺と破壊工作による指揮系統撹乱。

だが、そんな危険な任務に誰を送り込む? そうだ! 死んでも構わない連中にやらせりゃいいんだ!! ということで、アメリカ陸軍刑務所に服役中の12人が選抜された――という、クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』(2009年)の元ネタのひとつにもなった映画が『特攻大作戦』です。

ちなみに日本陸軍には犯罪傾向の強い徴集兵を集めた「陸軍教化隊/陸軍懲治隊」がありましたが、これは“問題児”の更生を図る特別教育部隊であって『特攻大作戦』の真逆な存在でした。

活劇映画の王道

集められた12人は、チャールズ・ブロンソン、ジョン・カサヴェテス、テリー・サヴァラス、ドナルド・サザーランドなどなど一癖も二癖もある連中です。

『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

そして、彼らを訓練し共に実戦に向かうライズマン少佐を演じるのが“永遠の鬼兵曹”リー・マーヴィン。“リーダーシップ”などという綺麗ごとを越えた強烈な個性で部下たちを統率し鍛え上げます。

『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

この曲者ぞろいの面々が、反目と確執を乗り越え共通の目的のために団結していくというのは、活劇の王道パターンのひとつ。戦争映画では、やはり軍刑務所から隊員を集める『コマンド戦略』(1967年)がありますし、ならず者ではありませんが日系人部隊を題材にした『二世部隊』(1951年)もこのパターンといえるでしょう。『特攻大作戦』も、確執を乗り越えてナチスドイツという敵に立ち向かうモチベーションを共有する過程が物語展開の肝になっているのです。

本物のドイツ軍ハーフトラック登場!

ストーリーは破天荒ながら登場する小道具考証、とくに車両には気合いが入っています。

注目は、終盤に登場するドイツ軍の12トン牽引車Sd.Kfz.8ハーフトラック(前が車輪で後が履帯〈track〉の車両)。なんと実車です! ドイツ軍のハーフトラックは火砲などを牽引する(劇中では40mm機関砲)ためのいわば重機であり、動く時の轟音と振動は大迫力! これだけでもこの映画は観る価値有り!!です。

さらにウィリスMBジープやキューベルワーゲンといった軽車両、ベッドフォード41やスチュードベーカー42などのトラック、そして小型装輪装甲車ダイムラー・スカウトカーも妙に大きな防盾をつけてドイツ軍装甲車役で出演します。

1967年の制作時にはまだ可動状態の実物が多く残っていたのでしょう。これらの他、微妙に年代が合ってない車両も出ますが、それはそれとして。

リアル囚人部隊「武装親衛隊ディルレヴァンガー」

囚人/ならず者を集めた部隊を戦争に投入するのは、ちょっとナイスに思えるアイデアですが現実的ではありません。というのも、戦場に送り込まれたならず者たちは強敵に立ち向かうのではなく、弱者虐待や私利私欲追求に暴走する可能性大だからです。

『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

その実例が、ナチスドイツ武装親衛隊のひとつSS第36武装擲弾兵師団「ディルレヴァンガー」です。隊長のオスカー・ディルレヴァンガー(少女との性行為の前科有り)が犯罪者やロシア兵捕虜・ウクライナ民兵、さらに武装親衛隊懲罰兵らを集めて作ったこの部隊は、ソ連戦区でパルチザン掃討を名目に住民虐待や処刑、掠奪を繰り返しました。

『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

1944年8月のワルシャワ武装蜂起に投入されると、ロシア反共主義民兵で構成された「カミンスキー旅団」とともに、戦闘よりも掠奪・虐殺・強姦に狂奔、それはドイツ軍内部でも問題視されるほどの酷さでした。『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』(2014年)でもその残虐さの一端が描かれ、強烈なインパクトを残します。

懲罰部隊「dirty dozen」

「dirty dozen」の実態は、ディルレヴァンガー部隊のような囚人/ならず者部隊ではなく、軍法会議で有罪となった将兵を集めて危険な任務に従事させる「懲罰部隊」の一種と言ってよいでしょう。

『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

作戦の顛末は作品を観ていただきたいのですが、クライマックスにはちょっと引いてしまうような展開が用意されています。

この戦争の残酷さの描写、そして懲罰部隊を消耗品としか考えていない軍上層部の酷薄さが滲む冷ややかなラストといい、『特攻大作戦』は娯楽作品ながらアメリカ軍万歳に終わらない、反骨精神あふれるアルドリッチ監督ならではの一作なのです。

『特攻大作戦』© 2011 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved.

文:大久保義信

『特攻大作戦』はCS映画専門チャンネル ムービープラスで2020年12月放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『特攻大作戦』

ドイツ軍占領下のヨーロッパ大陸侵攻を間近に控えた1944年3月。米軍のライズマン少佐は「特赦作戦」の命令を受ける。それは服役中の元兵士を鍛え上げ、ドイツ軍に奇襲をかけるというもの。12人の極悪人は厳しい訓練に耐えて結束。やがて作戦実行の日がやってくる。

制作年: 1967
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • リアル「スーサイド・スクワッド」!?『特攻大作戦』はあのタランティーノ作品の元ネタにもなった“ならず者部隊”の活躍を描く戦争映画