米倉涼子&綾野剛インタビュー! Netflixシリーズ『新聞記者』 綾野の表情が“沁みる”感涙シーンとは

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:SYO
米倉涼子&綾野剛インタビュー! Netflixシリーズ『新聞記者』 綾野の表情が“沁みる”感涙シーンとは
綾野剛 米倉涼子

あの社会派映画がNetflixでドラマ化

2019年に公開された映画『新聞記者』は、時代を変えた作品といっても過言ではない。私たちが生きる社会、ひいては“いま”というリアルそのものを、劇映画というフィクションで糾弾するポリティカル・サスペンス。公開直後から嵐を呼び起こし、第43回日本アカデミー賞では最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞の3冠を果たした本作が、早くもドラマ化された。

Netflixシリーズ『新聞記者』全世界独占配信中

藤井道人監督×制作プロダクションのスターサンズ×企画・プロデュースの河村光庸のチームはそのままに、米倉涼子綾野剛横浜流星といった新たなキャストを迎えたNetflixシリーズ『新聞記者』(全6話)。国家主導の公文書改ざん事件を軸に、新聞記者・松田杏奈(米倉涼子)、官僚・村上真一(綾野剛)、大学生・木下亮(横浜流星)の運命が交錯していく。映画とは一味違う群像劇としてより多角的な物語が展開する、掛け値なしの傑作だ。

今回は、様々な障壁に立ち向かい、真実を暴こうとする新聞記者を演じた米倉と、国家を揺るがす事件に関与してしまった官僚に扮した綾野にインタビュー。それぞれの役との向き合い方について語ってもらった。

綾野剛 米倉涼子

苦しんだものじゃないと、喜んでもらえない

―『新聞記者』のおふたりの演技に、感情を持っていかれてしまいました。米倉さんは、松田杏奈というキャラクターをどういう人物と捉えて演じられましたか?

米倉:松田杏奈は、作品全体を通したナビゲーターだと言えると思います。主人公ではありますが、様々な人のつらい想いを受け止めるポジションです。演じるうえでは当初、エネルギッシュなキャラクターをイメージしていましたが、藤井監督の演出を受けるなかで変化していきました。

芯の強さはあるのですが、“At the time(その瞬間)”ではなく、この一連の事件が解決するまでは耐え抜ける忍耐力を備えた人物、というイメージですね。そこに、家族の崩壊という過去やこれまでの経歴も背負いながら演じていきました。

米倉涼子

―綾野さんは今回、減量も行ったと伺いました。

綾野:ある程度苦しんだものじゃないと、没入していただけないのかなと本作を通して思っています。大切なのは、村上の瞳の中にどんな景色が宿るのか。松田の前に現れたとき、「いったい誰が被害者で、誰が加害者なんだろうか」といったものが、村上の様相でセリフで表さずとも人の情念に訴えかけていく。そこに精神的にも肉体的にもコミットしていくのが、この作品において自分ができる最大のパフォーマンスではないかと思い、このやり方を今回は選択しました。

綾野剛

綾野剛の「心が動く瞬間」

―本作では「新聞」を通して、メディアを非常にフラットな目線で描いている点も素晴らしいと感じました。

米倉:松田が属する東都新聞が圧力をかけられるシーンがありますが、あのシーンを台本で読んだときに、「言論の自由があっても、抑えなきゃいけない苦しさが新聞記者の皆さんにあるんだ」と感じました。同時に、ある個人の想いを記事にして届けられるというのは、一つの夢ではありますよね。

米倉涼子

綾野:新聞は誰かのディベートになる材料で、議題に上がるものであり、考えるきっかけを与えるものでもある。そして「自分たちの“主観”を届けるものである」ということが、重要な瞬間があるとも感じます。正しい/正しくないといったような「正義」よりも、自分たちの主観でもって人を信じることといいますか。きっと、そこにしか真実はないでしょうから。

綾野剛

―“人の心を動かす”という点で、役者と新聞記者には共通する部分もありますね。

米倉:私自身は「人の心を動かそう!」と思って動いているというよりも、それは結果かなと思います。作品が絶対にこういう風に伝わる、というのは誰にも分からないですしね。ただ、「面白いと思ってもらえるんじゃないか」という希望があるから、やっているというのはあります。

米倉涼子

綾野:でも、米倉さんが立ち向かっているお姿に「頑張ろう」と思う人、たくさんいると思います。僕もそうですし。どうしたら人の心が動くかって、職業に関わらず、人が人に向ける思いやりだと思います。愛、と言いますか。どう愛情をもって接するか。

僕の心が動く瞬間でいうと、たとえばいまこの場で僕たちはライターさんと役者という立場で接していますが、そういうものが取り払われてフラットになった瞬間に感じます。アスリートがそうですよね。ルールがある中で、色々な壁を越えていった先の間にただただ圧倒される。自分自身、どうフラットに接することができるか、いつも考えています。

綾野剛

米倉涼子が「一度だけ泣いた」シーンとは?

―おふたりが同じフレームに収まるときは、必ず重要な局面です。お互いのソロのパートや、それぞれの芝居をどう見ていますか?

綾野:初めて見る米倉さんでした。もう僕の知っている米さんはどこにもいなくて、とても興奮しましたし、驚愕でしたし、現場の静かなる熱量がとても伝わってきました。松田さんは、ちょっとでもブレたら今自分がどこに向かっているのかわからなくなってもおかしくはないと。ブレさせないために立ち続けるのは、本当に過酷だったと思います。

おっしゃる通り、松田さんにお会いするときは物語が大きく動く局面でした。しかも、大体は僕(村上)が寄り添ってもらっている構図であることが多い。そういったことも、松田さんが突っ走っている記者ではないということを強く感じました。真実以上に、人を知ろうとすることは暴力的ではないし、しっかりと“一歩”を踏み出してこちらに向かってくる。他のシーンを観て、これがあったからこそのこの一歩だったんだと、これは過酷な精神状態だと容易に想像できました。

Netflixシリーズ『新聞記者』全世界独占配信中

米倉:ある一つの言葉で、この“事件”は始まりますよね。それまで村上は子どもが2人いて、家族と幸せに過ごしている。それが、内調(内閣情報操作室)に異動になり、ものすごいスピードで環境が変わり、内閣参与の豊田(ユースケ・サンタマリア)や内調の多田(田中哲司)が彼に向ける言葉の一つひとつやジャーナリストとの関係のなか、人のためになれるという夢を持った一人の青年が、「自分の一言で国を揺るがしてしまったんじゃないか。多くの人を傷つけてしまったんじゃないか」と思い悩む過程の描き方が、非常にうまいなと感じました。

Netflixシリーズ『新聞記者』全世界独占配信中

私は出来上がった作品を観て一回だけ泣いたのですが、それは村上のシーンなんです。妻に「二人でお弁当屋でもやる? 楽しそうじゃん」と言われる場面、あれは良かったなぁ。家族ってこうやって作っていくんだな、と思って、すごく心に沁みましたね。もちろん内調のシーンもすごく見ごたえがあって、全部重くて辛くて、演じるのは大変だったと思うけど、あの夫婦のシーンの綾野さんの表情がすごく好きでした。

綾野剛 米倉涼子

取材・文:SYO

撮影:落合由夏

Netflixシリーズ『新聞記者』は2021年1月13日(木)より全世界独占配信

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Netflixシリーズ『新聞記者』

報道に対して強い信念をもつ新聞記者が挑むのは、政府の汚職疑惑をめぐる深い闇。巨大権力の圧力にも屈することなく、真実を暴くことはできるのか。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 米倉涼子&綾野剛インタビュー! Netflixシリーズ『新聞記者』 綾野の表情が“沁みる”感涙シーンとは