綾野剛と舘ひろしが親子の盃!“反社”の生き様描く『ヤクザと家族 The Family』を日本アカデミー3冠『新聞記者』の藤井道人監督が語る

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:SYO
綾野剛と舘ひろしが親子の盃!“反社”の生き様描く『ヤクザと家族 The Family』を日本アカデミー3冠『新聞記者』の藤井道人監督が語る
『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

「ヤクザという題材だけど、僕たちの話でもある」

2020年、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞の3冠に輝き、大いに話題を集めた『新聞記者』(2019年)から2年。配給・製作会社スターサンズと、藤井道人監督が再タッグ作の題材に選んだのは、“ヤクザ”だった――。

2021年1月29日(金)に劇場公開を迎える『ヤクザと家族 The Family』は、1999年・2005年・2019年の3つの時代を舞台に、ヤクザが社会の中で居場所を失っていくさまを壮絶かつドラマティックに描いた骨太作。地元のヤクザの組長・柴咲(舘ひろし)と“家族”になった青年・山本(綾野剛)が、時代の激流にもまれながらも愛する人々(Family)を守ろうと抗う姿が、圧倒的な熱量で画面にたたきつけられていく。

『ヤクザと家族 The Family』©2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

綾野剛、舘ひろしをはじめとする俳優陣の「本作でしか観られない」驚異的な力演はもちろん、『宇宙でいちばんあかるい屋根』(2020年)を経てますます冴えわたる、藤井監督の筆致・映像力に打ちのめされる。

従来のヤクザ映画とは一線を画す、全く新しい社会派エンターテインメントを作り上げた藤井監督。熱い思いが端々から感じられる言葉の数々を、受け止めていただきたい。

藤井道人監督『ヤクザと家族 The Family』

綾野剛の「届けよう」とする熱意に感謝

―『ヤクザと家族 The Family』を拝見して、これまでの“ヤクザ映画”とは違う、リアルな姿が印象的でした。このようなテイストの違いは、初めから意識されていたのでしょうか。

そうですね。白石和彌監督が『孤狼の血』(2017年)で、本来の“ヤクザ映画”を現代の、ご自身の解釈や語り口で描いているのを観て、僕もそのゾーンをやってしまったらオリジナル性はどこにあるんだろうとなってしまう。白石監督へのリスペクトもあるからこそ、自分にしか描けないヤクザの姿を追求しなければと思っていました。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

今回は“ヤクザ”という題材だけれど、「これは僕たちの話だ」と思って作っています。いまでは必要とされなくなってしまった仕事だったり、映画でもフィルムからデジタルへの移行があったり、そういった栄枯盛衰って他人事じゃないじゃないですか。自分にも絶対、そういう未来は来るものですし。ヤクザを描いてはいるけれど、僕たち自身の話だよ、ということは問いかけたいなと思っています。

だからこそ、多くの人に観てほしい。綾野剛さんは精力的に番宣(番組宣伝)などを行い、一般の方々に本気で届けようとしてくださっています。とてもありがたいですし、感謝していますね。

『ヤクザと家族 The Family』©2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

撮影監督自身が“綾野剛”を演じる!? 斬新手法に驚き

―『ヤクザと家族 The Family』はスタイリッシュな映像表現が随所に見られますが、ご参考にされたものはありますか?

僕と撮影監督の今村圭佑はプライドがすごく高くて、リファレンスは絶対に出さないんです(笑)。誰かがやったことをそれっぽくやろうというのは決してしないし、撮影でも、脚本を書くときもそうです。それは作り手へのリスペクトでもありますね。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

ヤクザを描くとなると、どうしても王道に行きがちになるから、「どう変えるか」を2人で話しました。今村がこの10年でものすごく成長して、ビジュアルエフェクツを覚えてくれたから、すごく感謝しています。人間の“芯”を撮るための手法をたくさん身につけてきてくれたことで、本が躍動するんです。

でも、僕らは現場では一切しゃべらない(笑)。ずっと一緒にやってきたから、もうしゃべることがないんですよ。「昼飯、何にする?」くらいですね。ただ、オールアップのときにはいつも握手をしています。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

―本作の「第1章は手持ち」「第2章はクレーン」「第3章はフィックス(固定)」という撮り方は、事前に今村さんと打ち合わせて決めたのでしょうか?

そうですね。あと、キーカラーも細かく詰めました。第1章はキーカラーを赤色にしています。白に映える(※綾野剛演じる山本の衣装が白色)からというのと、荒々しいイメージを出したくて。第2章は緑色を多用しています。第3章は全ての色を抜いて、どちらかといえば青に近いローコントラストにしました。シーンごとのカメラワークに関しては、現場で自然に決めます。

『ヤクザと家族 The Family』©2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

山本の主観映像に切り替わるシーンがありますが、あそこは今村が現場でいきなり「俺を殴ってくれ」と言い出して(笑)。僕はカメラが(綾野)剛さんの後ろにあると思っていたら、今村が「このシーンは剛さんは大丈夫です。(スタッフに対して)僕が倒れるので、その後で引っ張っていってもらっていいですか」と提案して、あのようなカットになりました。あれは今村のアイデアですし、視覚的に僕も楽しませてもらっています。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

『新聞記者』撮影直後に、『ヤクザと家族』の企画が始まった

―聞くところによると、『新聞記者』の製作期間中に、本作の企画が動き出したそうですね。

2018年の12月に『新聞記者』を撮り終えたのですが、河村さんから翌年の1月2日に呼び出されて、「次、どうする?」と言われました。まだ『新聞記者』の編集が終わっていない段階なのに(笑)。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

その場で河村さんから「こういう原作があって、これをやりたくて、でもこれもやりたい」という企画を何個も出されて、僕も負けじと「いや、自分もこういうのやりたいです」と提案しました。僕がこだわったのは、あくまでオリジナルがいいということ。ブレインストーミングをしている中で、“ヤクザ”というキーワードが自然と出てきたんですよね。コーヒーを飲みながらの雑談から、この映画はスタートしました。

『ヤクザと家族 The Family』©2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

―そのお話からも河村さんはすごく行動派のイメージがありますが、藤井さんご自身は河村さんとの相性をどう捉えていらっしゃいますか?

河村さんと作るのはめっちゃ大変だけど、楽しいですね。他の作品をやっていると物足りないな、と感じることもあるので、僕はM気質なのかもしれません(笑)。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

また最近は、自分自身が河村さんのようなタイプになっていかなきゃなと思うこともあります。大変なことだからやらないとか、ちょっとここは妥協するとか、そういうことはいままでもしてこなかったけれど、よりそれを徹底しなければならないと感じます。熱意は100%じゃないと伝わらないと思いますし、その意識は年々強くなってきましたね。僕はスタッフが毎回ほぼ一緒なので、スタッフに飽きられないようにしたい、常に楽しませたいと思うんです。台本を意気揚々と送って、「またこれ?」って言われたらめっちゃ傷つきますし(笑)、作品選びも刺激的であることを優先したいなと考えています。

あとは、自分がなぜ今これを撮りたいのか? がマッチした時に、初めて「よーい、スタート」を言う権利をもらえるんじゃないのかなと思います。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

「映画館に救ってもらった身としては、映画を観る環境を守っていきたい」

―観客としては『ヤクザと家族 The Family』もしかり、20代・30代の若手映画監督が日本映画界でもメインストリームに出て来はじめた感覚がありますが、藤井監督としてはいかがですか?

若干挑発すると、「来ないな、全然」って思います(笑)。僕らの世代の時って二宮健監督とか松居大悟監督、三宅唱監督、森ガキ侑大監督、上田慎一郎監督……どえらいタマたちがガガガッと出てきて、悔しくてしょうがなかったです。みんなが「メジャーに行きたい」っていう執着がすごくあった気がしていて、「次はあいつか、ちぇっ」と思いながらも称え合っていて。

『ヤクザと家族 The Family』©2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

ただ、やっぱり映画館が少なくなってきたり、ネットの自由度が上がってきているので、映画監督を目指す人たちが減ってきたのかもしれないですね。内山拓也監督みたいにスマッシュヒットを出せる監督がもっと出てきていいし、逆にフォローアップする存在にはなりたいなと思っています。

この状況を見て見ぬふりはちょっとできないですし、映画館に救ってもらって自主興行から上がってきた身としては、映画を観る環境を守っていきたい。観てくれたお客さん100人のうち1人がファンになるだけでも、100回やれば100人になりますから。そういった活動はもっとアクティブにやって、金銭的な理由で諦めない環境をちゃんと作っていきたいです。

藤井道人監督『ヤクザと家族 The Family』

取材・文:SYO

『ヤクザと家族 The Family』は2021年1月29日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ヤクザと家族 The Family』

父親を覚せい剤で失った山本は自暴自棄になっていた少年期に、地元ヤクザの親分・柴咲から手を差し伸べてもらったことで心の救いを得て、父子の契りを結ぶ。しかし時はうつり、彼にも愛する自分の家族ができた。一方、暴対法の施行はヤクザの有り様と山本の環境を一変させる。彼の選んだ生き方は様々な矛盾やハレーションをおこし始め、組の存続を巡る因縁の敵との戦いの中、ヤクザであることを貫くことは、一方でかけがえのないものを失うという状況を突きつけられていく――。ヤクザという生き方を選んだ男の、3つの時代にわたる壮大なヒューマンストーリー。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 綾野剛と舘ひろしが親子の盃!“反社”の生き様描く『ヤクザと家族 The Family』を日本アカデミー3冠『新聞記者』の藤井道人監督が語る