オダギリジョー×麻生久美子 対談インタビュー! NHKドラマ『オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ』和気あいあい制作秘話【前編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:SYO
オダギリジョー×麻生久美子 対談インタビュー! NHKドラマ『オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ』和気あいあい制作秘話【前編】
オダギリジョー 麻生久美子

オダギリ脚本・演出×超豪華キャスト

「仲の良いふたり」という言葉でくくるには、次元が違い過ぎる。

オダギリジョー麻生久美子。『時効警察』シリーズ(2006年ほか)などで組んできたふたりは、傍から見てもウマが合う“最強の相棒”といったところだろうか。取材中もリラックスした表情で冗談を言い合い、写真撮影中にも茶々を入れて互いに吹き出すなど、とにかく楽しそう。周囲もつられて笑ってしまう幸福な空気感を共に形成している。

オダギリジョー 麻生久美子

そんなオダギリと麻生が、オダギリの脚本・演出作品『オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ』(2021年9月17日からNHKにて放送開始)で再び組んだ。本作は、鑑識課警察犬係に所属する警察官・青葉一平(池松壮亮)が、相棒の警察犬オリバーと不可解な事件の解決・真相究明に奔走する物語。麻生は、一平の上司である漆原冴子に扮している。オダギリらしいサプライズ満載の仕掛けが無数に施され、麻生の生き生きとしたファニーな演技をはじめ、個性豊かなキャラクターに扮した豪華俳優陣の躍動が楽しめる作品だ。

今回は、オダギリと麻生の対談をセッティング。出会いから今日に至るまでの歩みを振り返りつつ、本作での“共闘”を存分に語っていただいた。

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』©NHK

“無茶ぶり”に赤面した『時効警察』の本読み

―今回の取材にあたり、『帰ってきた時効警察』(2007年)のオダギリさんの監督・脚本回である第8話「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」を観返してきました。

オダギリ:えっ、そうなんですか。ありがとうございます!

麻生:懐かしいね。

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』©NHK

―犬など、本作とも通じるモチーフがちりばめられていて非常に面白かったのですが、おふたりは当時を覚えていらっしゃいますか?

オダギリ:僕は全然覚えていないですね。最近はもう昨日のご飯も覚えていないくらいなので……(笑)。でも、面白いものを作れたという感覚はありましたし、部分的には覚えています。

麻生:私は結構覚えています。すごく好きなエピソードでしたね。犬に噛みつかれて振り回すというシーンがあったり、自分でカメラを回すシーンがあったり、とにかく面白かったです。

オダギリ:あったあった(笑)。

オダギリジョー

麻生:あと、霧山くん(オダギリ)と一緒に歩いてたらおじいちゃんだった、というシーンがあるんですが、あれも楽しかったな。

オダギリ:南さんね。実は、今回も出てもらっています。

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』©NHK

―おふたりの対面での共演は、『時効警察』が初めてだったのでしょうか。

オダギリ:ちゃんとした芝居はそうですね。『有頂天ホテル』(2006年)や大河ドラマ『新選組!』(2004年)も一緒に出ているのですが、本格共演は『時効警察』が初めてでした。

麻生:『時効警察』の最初の本読み(撮影前、キャストが一堂に会する読み合わせの場)を、とても覚えてます。ただでさえすごく緊張していたのに、みんなの前で自分で音程を付けて歌わないといけないシーンがあって(笑)。あれは恥ずかしかった……。

麻生久美子

オダギリ:三木監督の脚本には、たまにそういう役者任せな部分があるんだよね。センスが試される、というのか(笑)。台本に「♪」マークしかなかったんじゃないかな。

麻生:そうそう。どうしたらいいんだ!? と思った(笑)。「初めまして」みたいな状態でやるのがすごく恥ずかしくて……そういう記憶って、すごく残りますね(笑)。

オダギリ:確かにね……全然覚えてないけど(笑)。

麻生:私だけか!(笑)

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』©NHK

お互いに持っていた「映画俳優」というイメージ

―『時効警察』以降「ゆるい」という表現やジャンルが生まれたように感じています。まさにエポック・メイキングなドラマだったかと思いますが、おふたりの感覚としてはいかがでしたか?

オダギリ:僕はもともと三木聡監督が演出されていたシティボーイズの舞台などを観ていて、『時効警察』の直前に『イン・ザ・プール』(2005年)でご一緒していたので、狙っていたところはありました。こだわりのあるコメディをテレビでやりたい、三木さんの世界観をテレビドラマに持ち込みたい、という気持ちで、当時とても良くしていただいていたテレ朝の横地プロデューサーに『時効警察』の場を作ってもらったんです。それが当時「ゆるい」「脱力系」と言われるとは思っていませんでしたが、新しいものを提示できたという感覚は確実にありましたね。

麻生:私はコメディにしっかり出させていただいたのが、『時効警察』が初だったんです。あの作品でコメディの楽しさと難しさを教えていただいたので、「これまでと違う」という感覚より「面白い!」が勝っていますね。ただ、現場だったりお会いする人たちから、「『時効警察』観たよ!」とよく話題にされました。それもあって、おっしゃるようなエポック・メイキングなドラマだったんだなと感じましたね。

オダギリジョー 麻生久美子

―『ニンゲン合格』(1998年)『回路』(2001年)『アカルイミライ』(2003年)等々、おふたりは活動初期に黒沢清監督の映画に出演されていますよね。『時効警察』での本格共演前、おふたりはお互いにどんなイメージを抱いていましたか?

オダギリ:僕や麻生さんが映画に出させていただくようになった2000年代の頭って、作家性や芸術性が重視されていたし、素晴らしいインディーズ映画も盛んに作られていて、映画界が賑やかで、すごく楽しい時代だったんですよね。

麻生:うんうん。

オダギリ:まだ「映画俳優」という言葉も残っていたし、「映画だけで勝負したい」という意識を持っている人も多かった。いまはもう「映画だけ」というのは難しい時代になってしまいましたが、麻生さんも僕も、そういった感覚が残っている時代に青春を過ごしたように思います。俳優にも色々なタイプがいますが、同じ路線の人という認識を僕は持っていました。

麻生:私もそうですね。

オダギリジョー

―そのおふたりが『時効警察』というドラマで出会うというのも、興味深いですね。ドラマでいうと、直近だと同クール(2021年4~6月)に『大豆田とわ子と三人の元夫』『あのときキスしておけば』があって、おふたりは映画はもちろん、様々なフィールドで活躍されているイメージがあります。

オダギリ:昔は、麻生さんが舞台に出るなんて想像つかなかったですよ(笑)。

麻生:確かに。私もそう(笑)。

麻生久美子

取材・文:SYO
撮影:川野結李歌

衣装(オダギリジョー)
シャツ:¥47,300/パンツ:¥47,300(ともにKIDILL/サカス ピーアール)
ブーツ:¥59,400(LAD MUSICIAN/ラッド ミュージシャン 原宿)
・サカス ピーアール(03-6447-2762)
・ラッド ミュージシャン 原宿(03-3470-6760)

ドラマ10『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』はNHK総合で2021年9月17日、24日、10月1日<全3回>金曜よる10時から放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』

鑑識課警察犬係に所属する警察官で、この物語の主人公である青葉一平と、彼の相棒である警察犬オリバーが次々と発生する不可解な事件に挑んでいくのだが、様々な思惑が入り乱れ……。ある日、いつものようにオリバーと朝のトレーニングを終えた一平。出勤すると、先輩である漆原から、優秀なオリバーの足を引っ張らないよう釘をさされてしまう。一平が所属する狭間県警の鑑識課警察犬係は、課長以下、同僚で同じハンドラーのユキナと、後輩の三浦がメンバーだ。そんな彼らのもとに、出動の要請が。このときの彼らは、まだ知らなかった。自分たちが、奇妙で不可思議な事件に巻き込まれていくことになるとは……。

制作年: 2021
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • オダギリジョー×麻生久美子 対談インタビュー! NHKドラマ『オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ』和気あいあい制作秘話【前編】