綾瀬はるかは、いかにして“強い濃姫”を演じきったのだろうか?『レジェンド&バタフライ』 - BANGER!!!

綾瀬はるかは、いかにして“強い濃姫”を演じきったのだろうか?『レジェンド&バタフライ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
綾瀬はるかは、いかにして“強い濃姫”を演じきったのだろうか?『レジェンド&バタフライ』
『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

主人公・織田信長役を木村拓哉、信長の正室・濃姫役を綾瀬はるかが演じる、東映70周年記念作品『レジェンド&バタフライ』が2023年1月27日(金)より公開。このたび、濃姫の新場面写真が解禁となった。綾瀬は、いかにして“強い濃姫”を演じきったのだろうか?

「愛が生まれる物語であり、愛が成熟していく物語」

濃姫は、若くして政略結婚により信長の正室となった。正反対の性格の二人は水と油のような関係であったが、時間を共有していくに連れお互いに惹かれあい、そして「天下統一」という夢へ向かい突き進んでゆく。しかし誰もが知る織田信長とは違い、濃姫には文献がほとんど無い。本作の中で彼女はどのように描かれ、綾瀬はるかはそれをどのように演じたのか。

監督の大友啓史は濃姫について、「歴史上の記録が少ない。少ないということは、フィクションとして作品を広げてくれる役でもある」と、文献の少なさに勝機を見出した。そして脚本の古沢良太が描いたのは、戦国の世でイメージするような男性の脇に控えているだけでない、自由意志をもち、現代の女性がもつ強さに通ずるような自立した女性・濃姫であった。この濃姫の存在が出来上がることで、「戦国という時代に、男女を超えたパートナーシップを築いた。愛が生まれる物語であり、愛が成熟していく物語」になったと、大友は語る。文献のない濃姫が、力強く戦国の世を生きるたくましいキャラクターとして生まれたことこそが、本作のストーリーの軸となったのである。

『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

「綾瀬はるかは“受けの達人”であり“底なし沼”」

その濃姫を演じたのは、木村拓哉とは約12年ぶりの共演となる綾瀬はるか。乗馬、殺陣、舞い、弓といった技術を身に着ける所から役の準備を始めた彼女は、蝶のように優雅で気高く、そして奔放で力強い濃姫を見事に体現した。綾瀬は自らが演じた濃姫と信長について、「二人は政略結婚でしたが、夫婦のかたちや感情は今も昔も変わらないもの。時代が大きく変わったとしても、信長も濃姫も私と同じなのだと思いました」と語る。

その言葉通り、本作で描かれる濃姫は現代にも通ずるような、普遍的な強さや魅力を兼ね備えている。その根底に見えるのは、先ほどの綾瀬の言葉にあるような信長と濃姫もひとりの人間同士であったという想いであり、2人が戦国の世という激動の時代に生きた抜いたことで生まれる壮大なドラマである。信長と対等に接し、彼に深い愛情を抱いていくという、繊細な感情を演じきった綾瀬に対し、大友監督は「受けの達人」であり「底なし沼」であると表現した。

そして今回解禁となった場面写真に映るのは、信長の正室として強い覚悟と信念を持ち、家臣の前を堂々と歩く濃姫と、物語で重要な役割を担う南蛮の楽器リュートを抱えながら思いを馳せる濃姫。対照的な表情を見せる二枚の写真からも分かるように、綾瀬が魅せる様々な表情が、濃姫の役としての深みを、そして「信長と濃姫の物語」としての魅力を最大限に引き出している。

『レジェンド&バタフライ』は2023年1月27日(金)より全国公開

『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 綾瀬はるかは、いかにして“強い濃姫”を演じきったのだろうか?『レジェンド&バタフライ』