『シン・仮面ライダー』コミカライズ連載スタート SHOCKERの視点から描かれる物語

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『シン・仮面ライダー』コミカライズ連載スタート SHOCKERの視点から描かれる物語
『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』©石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

2023年3月公開『シン・仮面ライダー』のコミカライズが「週刊ヤングジャンプ」(集英社)12月22日(木)発売号より連載スタートすることが明らかになった。

SHOCKERの視点から描かれる物語

1971年「仮面ライダー」放送から50周年の記念日となる2021年4月3日に、製作および2023年3月の公開が発表された映画『シン・仮面ライダー』。脚本・監督には、大ヒット作品を送り出し続けている庵野秀明、主人公・本郷猛/仮面ライダーには池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子には浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号に柄本佑を迎え、新たなオリジナル作品として制作される。

このたび、映画『シン・仮面ライダー』コミカライズが「週刊ヤングジャンプ」にて連載が決定。タイトルは『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』だ。

『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』©石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

脚本・山田胡瓜、作画・藤村緋二

このコミカライズは『シン・仮面ライダー』最大の敵“SHOCKER”を描く完全オリジナルストーリーとなり、12月22日(木)発売の「週刊ヤングジャンプ」新年4・5合併特大号にて連載スタート。『シン・仮面ライダー』では人類の幸せを求める組織であると発表されている、「Sustainable Happiness Organization with Computational Knowledge Embedded Remodeling」、通称「SHOCKER」。一体、彼らは何なのか? 3月に控える映画公開の前に、そのSHOCKERの視点から描かれる驚きの物語に注目だ。

漫画脚本を務めたのは、元IT記者出身という異色の経歴を持ち「AIの遺電子」(秋田書店)で知られる漫画家・山田胡瓜(やまだ・きゅうり)氏で、映画『シン・仮面ライダー』にも脚本協力として名を連ねている。作画は、センセーショナルな内容で映画化もされた人気作「神さまの言うとおり」シリーズ(原作:金城宗幸、講談社刊)で漫画家デビューし、その確かな画力で作品を世に送り出し続けている藤村緋二(ふじむら・あけじ)氏が担当。2人のタッグで新たな『シン・仮面ライダー』の物語が誕生する。

また『真の安らぎはこの世になく-シン・仮面ライダー SHOCKER SIDE-』はWEBサイト「となりのヤングジャンプ」とヤングジャンプ公式アプリ「ヤンジャン!」でも掲載される予定だ。

『シン・仮面ライダー』は2023年3月より公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『シン・仮面ライダー』コミカライズ連載スタート SHOCKERの視点から描かれる物語