J・キャメロン監督がサプライズメッセージ 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版完成披露イベント

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
J・キャメロン監督がサプライズメッセージ 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版完成披露イベント
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版完成披露イベント

12月16日(金)より大ヒット公開中の映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』。公開前日に吹替版完成披露イベントが実施され、監督のジェームズ・キャメロンからサプライズメッセージが寄せられた。

吹替版ならではの魅力

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版完成披露イベントには、日本版声優を務める主人公のジェイク・サリー役の東地宏樹、ジェイクの妻・ネイティリ役の小松由佳、本作から登場する“海の部族”の娘・ツィレヤ役の内田真礼、『アバター』の大ファンと公言する映画ライターの赤ペン瀧川(MC)が登壇。公開を迎える喜びや吹替版ならではの魅力を存分に語りつくした。

前作『アバター』から約13年ぶりの続編となる本作では、新たな家族を迎えたジェイクとネイティリの物語が描かれている。演技への影響を聞かれると、東地は「結構ジェイク一家の人数が増えましたね。ネイティリのあいだに子どもができたというのは、個人的にとても嬉しかった」、小松は「ナヴィ語と人間の言葉のバイリンガル家族じゃないですか。13年経ってネイティリはどれほど人間の言葉が喋れるようになっているのか、訛りが残っているのかなどを音響監督さんとすごく確認しました」と、13年の変化に合わせた演技のポイントを語った。

さらに、本作から『アバター』シリーズに参戦となる内田は「『アバター』の世界に入れるんだ! と、とてもドキドキしました。なんとかして出たい、という気持ちでオーディションを受けました。ツィレヤはジェイク一家が新たに出会う海の部族の子どもなんですけど、彼らに海の作法を色々教えたりする重要なキャラクターです」と、喜びとともに演じるキャラクターの重要性を語った。前作でジェイクとネイティリが想いを交わす際の名台詞「I see you」について聞かれると「あの台詞は何度も何度もディレクターさんと話しまして、とても大事に撮らせて頂きました。映像も本当に綺麗なので是非注目してみて頂きたいなと思います」と、特別なシーンであったと明かした。

そして、スパイダー役で弟の内田雄馬との共演については「スパイダーとして違和感のない声だったと思います。(それぞれ役に入っているので)家で内輪で話しているような感じにはなっていないのでご安心ください(笑)」と語り、会場を沸かせた。

一足先に本作を鑑賞した内田は「劇中で海の中に入ったときに、まず楽しいってなると思います! 森と海の美しさの両方が波のように押しよせてくるんです。本当にエンターテインメントというところが推しポイントかなと思います!」と、劇中の映像美を絶賛。

東地は「収録のときにいろいろ見ているので物語は知っていたんですけど、このあいだ試写を観たときに、劇場で観ることがこんなにも凄いことなんだと驚きました。ヒットすると確信しましたね。ハードルは上がりますが全然問題ないと思います!」と、並々ならぬ自信を語った。

巨匠からサプライズメッセージが到着

トークセッションで会場が盛り上がるなか、物語のキーマン・キリ役の早見沙織からサプライズメッセージが到着。早見は「キリはジェイクとネイティリの養子で、物語の鍵を握っている少女です。前作でグレース博士を演じたシガーニー・ウィーバーさんが14歳を演じているということで大きな話題となっていますが、私もシガーニーさんのパワーに負けないように一生懸命お芝居をさせていただきましたので、ぜひご注目下さい!」と、元気いっぱいに演じるキャラクターの重要性を語った。

さらに、監督のジェームズ・キャメロンからもサプライズメッセージが到着し、声優陣は大興奮。キャメロン監督からは「吹替版完成披露試写会にお越しの皆さん、こんにちは。監督のジェームズ・キャメロンです。声優の皆さん、この作品の声を担当して頂き本当に有難うございます。そちらに行けなくてとても残念ですが、吹替版完成披露試写会を心からお祝いします。この映画の3D吹替版をぜひお楽しみください」と、熱い想いがこもったメッセージが届けられ、東地は「とても嬉しいです。本当はここに来ていただきたかったけど(笑)」と、喜びのコメントをした。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版完成披露イベント

最後に公開を待ち望むファンに向けて、内田は「このビッグスクリーンであますところなく楽しんでください。帰るころには幸せな気持ちになっていると思います。今日はありがとうございました」、小松は「映像は本当に素晴らしいのでまず没入していただきたい。それから、映画に込められたメッセージを感じ取ってください」、東地は「映像、音などは本当に素晴らしいですが、物語が本当によくできています。いろんな愛情が描かれています。人間の根源的な愛情をぜひ楽しんでください。本当にありがとうございました」とメッセージを贈り、大盛況の吹替版完成披露イベントは幕を閉じた。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は大ヒット公開中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • J・キャメロン監督がサプライズメッセージ 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』吹替版完成披露イベント