『シティーハンター』Netflixで日本初の実写映画化 主人公・冴羽獠は鈴木亮平

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『シティーハンター』Netflixで日本初の実写映画化 主人公・冴羽獠は鈴木亮平
『シティーハンター』

Netflixによる実写映画『シティーハンター』の制作と全世界配信が決定。主人公・冴羽獠を鈴木亮平が演じることが発表された。

世界各国で出版されている人気コミック

1985年から1991年まで週刊少年ジャンプにて連載され、単行本の累計発行部数が5000万部突破、一大ブームを巻き起こした伝説のコミック「シティーハンター」。1987年にはTVアニメの放送もスタートし、1999年放送のTVスペシャルまで至る大ヒットシリーズだ。

コミックは台湾・香港・中国・韓国・タイ・インドネシア・フランス・イタリア・スペイン・メキシコ・ポーランドと世界各国で出版。2019年に公開されたアニメーション映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』は、興行収入15億円を超える大ヒットとなった。

物語の主人公は、東京・新宿を拠点にしている冴羽。無類の女好きで、美女とみれば見境いなくちょっかいを出すが、いざ依頼を受ければ、並み外れた銃の腕と身体能力、そして冷静沈着な頭脳で、仕事を遂行する超一流スイーパー。コメディとハードボイルドアクション、ラブストーリーと多くのエンターテインメント要素が盛り込まれた「シティーハンター」は、多くの読者の心をとらえ、日本のみならず世界中で愛され続けている。

日本初「シティーハンター」実写化に鈴木亮平らが期待のコメント

Netflix映画『シティーハンター』は、主演の冴羽獠役に鈴木亮平が決定。監督は多くのヒットドラマ・映画を手がける佐藤祐市氏。連載開始から数十年の時を超えて、日本初の実写版『シティーハンター』がついに誕生することになった。

実写版はこれまで香港、韓国、フランスで映像化がなされているが、本家である日本では今回が初。実際の新宿の街での撮影や、原作で表現される日本語独特のニュアンスなどを活かして、日本ならではの実写化を目指す。

物語の舞台は現代の新宿。それに伴い、キャラクター設定もわずかにアップデート。冴羽の衣装はアニメ版のジャケット姿ではなく、原作漫画のロングコートを採用し、ステンカラーからタイロッケンコートへと変更。今回公開する写真では、愛用するコルト・パイソン357マグナムの撃鉄に指をかけ、シティーハンターの事務所で新宿の夜景をバックに佇む冴羽の姿が描かれている。

主演の鈴木と佐藤監督、また、原作者の北条司氏からのコメントが到着しており、鈴木は「緊張に打ち震えている」「愛情と責任を持って大切にお預かりさせていただく」と意気込みを語っている。原作者の北条氏も今回の実写化にあたり、鈴木が主演を務めることへの期待と喜びのコメントを寄せた。

世界190以上の国と地域で2億2,300万人の有料メンバーが利用する世界最大級の動画配信サービスであるNetflixが贈る、新たな『シティーハンター』に世界的にも大きな注目が集まる。

主演:鈴木亮平
この度、Netflix映画『シティーハンター』にて主人公の冴羽獠役を演じさせていただくことになりました。
北条司先生が生み出したこの珠玉の名作を、そして数え切れないほどのファンに愛される冴羽獠というキャラクターを皆様からお預かりさせていただくことに、非常に大きな責任を感じると共に、緊張に打ち震えております。やらせていただくと決めた以上、これまでに培った経験の全てを注ぎ込み、誠心誠意向き合わせていただく所存です。大きな愛情と責任を持って、大切にお預かりさせていただきます。
どうすればファンの皆様に、そして原作を知らない世代の方にも『シティーハンター』の世界を一番良い形で楽しんでいただけるのか。どうすればこの令和の新宿に、冴羽獠という男を現実の人物として召喚できるのか。虚構とリアル、80年代と2020年代、そのバランスを日々考え続けながら現場に立っています。
あのクールで、ロマンチックで、おバカで、もっこりで、そして最高に格好良いシティーハンターの世界を、大切に大切に、皆様にお届けしたいと思っております。

原作:北条司
構想約10年(笑)、ようやくクランクインしました。実写化するなら『シティーハンター』好きの方にやってもらいたいなとずっと思っていた中、鈴木亮平さんが冴羽獠役をやられるという企画をいただきました。それから長い時間がかかりましたが、亮平さんの情熱が絶えなかったおかげでようやくこの日を迎えることができました。撮影も見学させてもらいましたが、現場が和気藹々ととても楽しそうで、撮影も細部まで妥協がなく素晴らしかったです。いい役者さんたちとスタッフに関わっていただけていることを感じて、とても楽しみになりました。語弊があるかもしれませんが、漫画的な表現にこだわらず、映画的なリアルな面白さを追求してもらえたら嬉しいです。

監督:佐藤祐市
どこで聞いたのか? 定かでは有りませんが鈴木亮平くんが『シティーハンター』の大ファンだった。と言うのは結構前から知っていました。もしかしたら、直接ご本人に聞いたのかも知れません。スタッフ・キャストに助けられながら、素敵な「アクション(もっこり)エンターテイメント」を目指して皆と共に突き進んで行きたいと思っています。お楽しみに。

エクゼクティブ・プロデューサー:高橋信一(Netflix コンテンツ部門 マネージャー)
以前、鈴木亮平さんとご一緒した作品を通して彼の作品にかける情熱と献身性に魅入られ「またいつかご一緒したい」と強く思っていました。原作、アニメーションを通して、獠と香たちの物語を追いかけ続けてきた者として、亮平さんが冴羽獠役を演じ、「現代の新宿を獠たちが疾走する背景にはどんな大騒動があるのだろう?」と想像するだけで興奮が隠せません。全世界で愛される『シティーハンター』の原作の魅力を引き出し、更に見たことのない実写化を佐藤監督、キャスト・スタッフの皆様と目指していきます。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『シティーハンター』Netflixで日本初の実写映画化 主人公・冴羽獠は鈴木亮平