母が父を殺した。3人の子どもと家族の残酷で尊い絆とは 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
母が父を殺した。3人の子どもと家族の残酷で尊い絆とは 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』
『ひとよ』© 2019「ひとよ」製作委員会

不幸の連鎖に満ちた世界では、自由になれど底辺に変わりなし

機械いじりが好きな兄・大樹、将来小説家になると豪語する弟・雄二、美容師を夢見る妹・園子の人生は、あの“一夜”を境に一変してしまった。当時、夫の家庭内暴力に悩んでいた母、稲村こはる(田中裕子)が、経営するタクシー会社の敷地内で夫を殺害したのだ。「もう殴られることもない、お前たちは自由だ」― そう言い残し、母は刑務所に入った。

『ひとよ』©2019「ひとよ」製作委員会

それから15年の歳月が流れる。だが子供たちは「親が殺人犯」という十字架を背負い、決して自由にはなれなかった。幼少時からの吃音が治らなかった大樹(鈴木亮平)は地元の工務店に就職し、雄二(佐藤健)は小説家になれず東京で新人ライターとしてグラビア誌でこき使われる日々。園子(松岡茉優)は母親のことでいじめられ美容師の専門学校を卒業できず、地元のスナックで働き毎晩酔いつぶれる生活を送っている。

『ひとよ』©2019「ひとよ」製作委員会

そして15年目の父親の命日、母は子供たちのもとへ帰ってきた。周囲は好意的に彼女を受け入れたが、雄二は母に憎しみの目を向ける。

「あのまま殴られても我慢していればよかった。俺たちが、事件の後にどれだけつらい思いをしたか。それについてはどう思いますか?」

底辺でもがき苦しむ佐藤健、松岡茉優らの演技に注目! 白石和彌監督による濃厚な人間ドラマ

事前に言っておくが、実の親にひどいDVを受けたことがあるという人には、この作品のあまりにもリアルな暴行シーンは少し危険かもしれない。殺人を犯すまでに人を追い詰める暴力とは、こういうものか……と、一瞬で観客に理解させる迫力を伴っているからだ。

『ひとよ』©2019「ひとよ」製作委員会

そして、その暴力は確実に子供たちに連鎖している。彼/彼女たちがその後の人生に躓いたのは、母が殺人犯だからというよりも、幼少期に親から受けた暴力が原因ではないかと想像できる。おそらく大樹は家庭環境のストレスから吃音を発症したと思われるし、園子はスナックのママに「別れた彼氏は顔ではなく腹を殴るからよかった」と漏らすなど、暴力的な相手としか付き合えないことがほのめかされる。暴力で底辺に押さえつけられた人間が、なぜ這い上がれないのか? その“負の連鎖”が痛いほど観客に伝わってくるのだ。

影のあるイケメンという印象が強い佐藤健や、快活な役柄が多い松岡茉優が、茨城のヤンキーを熱演しているのも面白い。特に松岡は、プリン頭に派手な服を着てタバコを吸い、相手を口汚くののしる園子役が意外なほどハマッていて新境地を感じさせる。同様に大樹役の鈴木亮平も、これまでの熱血なイメージから一変、吃音に苦しむ無口な男性という難役を自分のものにしていた。

『ひとよ』©2019「ひとよ」製作委員会

もちろん母親を演じた田中裕子も、殺人を犯し15年ぶりに刑務所から出た中年女性を自然に、かつ意外性を持って演じていて、女優としての実力を改めて認識させられる。若手実力派俳優とベテラン俳優の見事な演技のぶつかり合いを、じっくりと味わってほしい。

人生に付きまとう過去と罪、それらと向き合うために何をするべきか

母を受け入れられない子供、という状況を打破する存在として描かれるのが、タクシー会社の新人ドライバー・堂下(佐々木蔵之介)。彼は過去を清算しタクシードライバーとして再出発するのだが、「所詮お前みたいな父親の子だから仕方ねえだろ」という息子の素行に悩まされ、追い詰められる。

『ひとよ』©2019「ひとよ」製作委員会

ここに稲村家が総出で絡むことになるのだが、そこで彼らが何を思うのか。そして、どんな答えを選択するのか。様々な形の“家族”を通して、悲しみや苦しみだけでなく、ひとさじのユーモアで軽やかさも盛り込んだ白石監督渾身の一作だ。

『ひとよ』は2019年11月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ひとよ』

どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはるは、愛した夫を殺めた。
それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った―

時は流れ、現在。次男・雄二、長男・大樹、長女・園子の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。

抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。

15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は―

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 母が父を殺した。3人の子どもと家族の残酷で尊い絆とは 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優『ひとよ』