大ヒット上映中の映画『ゆるキャン△』は今回も「飯テロ注意!?」 あらすじや見どころ、入場者プレゼントなど気になる情報を一挙ご紹介!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
大ヒット上映中の映画『ゆるキャン△』は今回も「飯テロ注意!?」 あらすじや見どころ、入場者プレゼントなど気になる情報を一挙ご紹介!!
映画『ゆるキャン△』©あfろ・芳文社/野外活動委員会

2022年7月1日(金)より大ヒット上映中の映画『ゆるキャン△』。公開数日で累計興行収入が3.5億円突破し、多くの人々を魅了し続ける本作のあらすじとキャスト、見どころなどを解説したい。

アウトドア・キャンプブームの火付け役、TVアニメ『ゆるキャン△』

あfろ原作の漫画作品『ゆるキャン△』は、キャンプの魅力、そしてキャンプを満喫する女子高生5人の日常を描くアウトドア系ガールズストーリー。2018年に放送されたTVアニメ第1作目が大ヒットし、2020年にスピンオフ作品『へやキャン△』、2021年に『ゆるキャン△ SEASON2』が制作された。原作の累計発行部数は700万部を突破し、多くのファンを魅了している。その人気ぶりは、舞台となった山梨県や静岡県のキャンプ場や観光地に“聖地巡礼”する人も多くいるほど。軽音部に所属する女子高生4人の姿を描いた人気アニメ『けいおん!』がバンドブームを巻き起こしたように、『ゆるキャン△』はアウトドア・キャンプブームの火付け役となった。

映画『ゆるキャン△』©あfろ・芳文社/野外活動委員会

映画『ゆるキャン△』あらすじ&キャスト

キャンプをこよなく愛する女子高生から大人に成長した主人公・志摩リンら5人が再集結する本作。志摩リンは故郷の山梨を離れ、名古屋のちいさな出版社に就職し、一人暮らしをしていた。とある週末、ツーリングの計画を立てていたところに、高校時代の友人・大垣千明から唐突に「今、名古屋にいるんだが」とメッセージが届く。山梨の観光推進機構に勤める千明は、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していた。「こんなに広い敷地なら、キャンプ場にでもすればいいじゃん」——そんなリンの何気ない一言から、動き出す千明。東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、地元・山梨の小学校教師となった犬山あおい、横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那。女子高生から大人になったかつてのキャンプ仲間が集まり、キャンプ場開発計画が始動する。

声のキャストは、各務原なでしこ役の花守ゆみり、志摩リン役の東山奈央、大垣千明役の原 紗友里、犬山あおい役の豊崎愛生、斉藤恵那役の高橋李依とおなじみのメンバー。製作陣もアニメシリーズと変わらず、監督は京極義昭、脚本は田中仁伊藤睦美、キャラクターデザインは佐々木睦美が手がけている。

映画『ゆるキャン△』©あfろ・芳文社/野外活動委員会

劇場だからこそ味わえる“観るアウトドア”&飯テロ!!

映画『ゆるキャン△』©あfろ・芳文社/野外活動委員会

『ゆるキャン△』が演出するのは、自然の美しさや美味しい食事、焚火を眺めるようなゆったりと流れる時間――友情物語でありながら、キャンプで味わえる非日常感&感動を詰め込んだ作品となっているのだ。また、原作者のあfろは見どころとして、『ゆるキャン△』でおなじみの“飯テロ”を挙げており、「上映後のお食事も予定に入れておくことをおすすめ」とコメントを寄せている。

映画『ゆるキャン△』©あfろ・芳文社/野外活動委員会

入場者プレゼント実施中!! 『ゆるキャン△』13.5巻&佐々木睦美描き下ろしミニ色紙カード

映画『ゆるキャン△』の入場特典として、2022年7月1日から数量限定のコミック『ゆるキャン△』13.5巻の配布中!! また、7月8日(金)からキャラクターデザインの佐々木睦美が描き下ろしたミニ色紙カード第1弾(3種・ランダム)の配布が決定している。

数量限定 入場者特典コミック『ゆるキャン△』13.5巻

『ゆるキャン△』13.5巻 特典コミック©あfろ・芳文社/野外活動委員会

・あfろ描き下ろしSPECIAL EPISODE 「リンとなでしこの伊奈ヶ湖春キャンプ」(24P)
・映画『ゆるキャン△』あfろ先生キャラクター原案資料集
・アニメ『ゆるキャン△』シリーズ思い出アルバム ほか
・装丁:あfろ先生描き下ろしイラストカバー
※7月1日(金)より映画『ゆるキャン△』上映館で本作鑑賞一人につき1つプレゼント。
※劇場により数に限りあり。
※チケット購入特典ではなく、入場を伴わない配布はしない。
※詳細は映画公式サイトを確認。

キャラクターデザイン佐々木睦美描き下ろしミニ色紙カード 第1弾(3種・ランダム)

映画『ゆるキャン△』ミニ色紙カード 第1弾(3種・ランダム)©あfろ・芳文社/野外活動委員会

配布期間:2022年7月8日(金)〜 7月14日(木)

※なくなり次第終了。
※『ゆるキャン△』13.5巻に残数がある劇場においては、7月14日(木)まで配布を継続、なくなり次第終了。
※お一人様一回のご鑑賞につき、入場者プレゼントを1つプレゼント。
※チケット購入特典ではございません。ご入場を伴わない配布はいたしません。
※配布に関する特別な指定がある場合を除きます。
※ミニ色紙の絵柄は選べません。
※特典の切り替わり前日24:00を過ぎた上映でも、営業が終了するまでは切り替わりません。
※特典制作段階で生じる微細なスレや色ムラ、納品配布時に生じる軽微なシワやキズなど、ビジュアルイメージを損なわない差異が理由による特典の返品交換はお受けできません。
※特典に製造に由来しない明らかな不備がある場合も、後日返品交換はいたしません。

映画『ゆるキャン△』は大ヒット上映中!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

映画『ゆるキャン△』

これは、少し先の冬からはじまる物語。

志摩リンは故郷の山梨を離れ、名古屋のちいさな出版社に就職し、一人暮らしをしていた。
とある週末、ツーリングの計画を立てていたところに、
高校時代の友人・大垣千明から唐突にメッセージが届く。
「今、名古屋にいるんだが」

山梨の観光推進機構に勤める千明は、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していた。

「こんなに広い敷地なら、キャンプ場にでもすればいいじゃん」
そんなリンの何気ない一言から、動き出す千明。

東京のアウトドア店で働く各務原なでしこ、地元・山梨の小学校教師となった犬山あおい、横浜のトリミングサロンで働く斉藤恵那。
かつてのキャンプ仲間が集まり、キャンプ場開発計画が始動する。

キャンプでつながった五人が、今だからできることに挑む、
アウトドア系ガールズストーリーの幕が上がる。

原作:あfろ(芳文社「COMIC FUZ」掲載)
監督:京極義昭
脚本:田中 仁 伊藤睦美
声の出演:花守ゆみり 東山奈央 原 紗友里 豊崎愛生 高橋李依 黒沢ともよ 井上麻里奈 伊藤 静 松田利冴 大塚明夫

制作年: 2022

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 大ヒット上映中の映画『ゆるキャン△』は今回も「飯テロ注意!?」 あらすじや見どころ、入場者プレゼントなど気になる情報を一挙ご紹介!!