『かげきしょうじょ!!』はヅカファンも認める歌劇アニメ! エモすぎる“神回”を非ヅカなアニメファンが振り返る

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:男成公平
『かげきしょうじょ!!』はヅカファンも認める歌劇アニメ! エモすぎる“神回”を非ヅカなアニメファンが振り返る
『かげきしょうじょ!!』©斉木久美子・白泉社/「かげきしょうじょ!!」製作委員会

非ヅカ者でも無問題! な傑作歌劇アニメ

『かげきしょうじょ!!』は、いわゆる“ヅカファン”の皆さんからも太鼓判を押されているアニメです。宝塚歌劇団といえば、長い伝統や格式の高さ、暗黙のルールに気圧されて、なかなか初めの一歩を踏み出せないという人も少なくないのでは? しかし、歌劇の世界をモチーフとした『かげきしょうじょ!!』は、そういった固定概念を簡単に変えてくれるはずです。退団されたトップ女優の方々がTVドラマに主演したりしている、程度のヅカ知識しかない僕でもどハマりしてしまいました。

自己肯定感ブチ上げ! 本編のターニングポイント回

東大に匹敵するほどの超難関である紅華歌劇音楽学校に入学した第100期生を中心に、各々の歌劇にかける情熱や友情を丁寧に描いたTVアニメ『かげきしょうじょ!!』。その中でも個人的なお気に入りエピソードが2つあります。まずは第五幕「選ばれし乙女」。

この第五幕は、100期生の中では地味キャラである“山田彩子”にスポットを当てたエピソードです。彩子は自分の容姿や才能に自信を持てずにいたのですが、歌唱指導の小野寺先生は彼女の秘めた歌声に気づき、歴代屈指のエトワール(花形シンガー)になれると激励。他人には吐露できない苦悩を理解する小野寺先生が男子禁制の寮に押しかけて、ドア越しに彩子を鼓舞するシーンはなかなかグッときました。

そんな小野寺先生の声を担当しているのは、ベテラン声優/舞台俳優の飛田展男。本作は声優チョイスも素晴らしく、メインキャストの100期生(予科生)たちの脇を固める講師や上級生の存在感が随所で光ります。また、このエピソードには授業の一環で「ロミオとジュリエット」を鑑賞しに行くシーンがあるのですが、これが本作のダブルヒロイン“渡辺さらさ”と“奈良田愛”の関係性のターニングポイントになる、という神回でした。

男役だって女の子! 不器用なサラブレッド同士の儚い恋

そして、もう一つの神回が第八幕「薫の夏」。祖母と母も紅華歌劇音楽学校の卒業生で、歌劇一家のサラブレッドである“星野薫”がメインとなるエピソードです。薫はその出自もあってプロ意識が人一倍強いのですが、実は受験資格ギリギリの年齢で合格した苦労人でもあります。

そんな、常に祖母や母と比較されている薫が、高校最後の夏にバス停で出会った高校球児・辻陸斗と交流する様子が描かれます。メジャーリーガーの兄を持つ陸斗も、薫と同じく家族と比較されがちな似た者同士。2人はひと夏を通して少しずつ惹かれ合いますが、夏の終わりの花火大会で決別します。でも、それはお互いに夢を叶えるため。やがて陸斗は甲子園出場を決め、薫は紅華に合格します。

そして迎えるラスト。薫は、かつて二人が出会った小さなバス停が“ある張り紙”によってSNSで話題になっていることを知ります。それは、陸斗が今も薫のおかげで夢を追い続けていることを伝えるために貼ったメッセージでした。そして、薫自身も陸斗へのひと夏の想いを再確認して……というエモすぎるラストは本当に必見です。

というわけで、予科生のバックボーンを中心に描かれた『かげきしょうじょ!!』。最終回は、ここで終わらないで! と思わずにはいられない締めくくりでした。その後の展開が気になりすぎるので、早く第2期の製作が決まることを心より願っています。

『かげきしょうじょ!!』 Blu-ray 第1巻発売中
価格:¥9,350(税抜価格¥8,500)

文:男成公平

『かげきしょうじょ!』はBlu-ray/DVD発売中、Huluほか配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『かげきしょうじょ!!』

大正時代に創設され、未婚の女性だけで作り上げる美しく華やかな舞台で世代を超えて人々の心を魅了する「紅華歌劇団」。その人材を育成する「紅華歌劇音楽学校」に、高い倍率をくぐり抜け入学してきた第100期生たち。
“オスカル様”に憧れる、178cmの長身を持った天真爛漫な少女、渡辺さらさ。夢も友達も、すべてに無関心な元・国民的アイドル、奈良田 愛。何もかもがバラバラな彼女たちの、希望と葛藤に満ちた音楽学校生活が今、幕を開ける──!!

制作年: 2021
監督:
声の出演:
  • BANGER!!!
  • アニメ
  • 『かげきしょうじょ!!』はヅカファンも認める歌劇アニメ! エモすぎる“神回”を非ヅカなアニメファンが振り返る