トムホ厳選!歴代スパイダーマン映画のお気に入りシーンとは?再注目のトビー・マグワイア版とアンドリュー・ガーフィールド版を語る!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
トムホ厳選!歴代スパイダーマン映画のお気に入りシーンとは?再注目のトビー・マグワイア版とアンドリュー・ガーフィールド版を語る!
『スパイダーマン2』MOTION PICTURE © 2004 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. All RIGHTS RESERVED. SPIDER-MAN CHARACTER ® & © 2004 MARVEL CHARACTERS, INC. All RIGHTS RESERVED.

2022年1月7日(金)に公開されるトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。主演のトムホがトビー・マグワイアアンドリュー・ガーフィールドが演じた『スパイダーマン』シリーズのお気に入りシーンについて語った!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、ピーター・パーカーがスパイダーマンであることを世間に知られてしまうというスパイダーマン映画では初めての展開を迎える。社会の敵となってしまったピーターは、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に依頼をして人々の記憶からピーターがスパイダーマンだという記憶を消す呪文を唱えてもらう。しかし、時空が歪んでしまい、マルチバースが出現してしまう事態に! それぞれのユニバースから過去のヴィランたちを呼び寄せてしまい、ヴィランたちを元のユニバースに戻すべくピーター、彼女のMJ(ゼンデイヤ)、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)の3人が奮闘する!

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』US版ポスター©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

トビー版スパイダーマン映画でマネしたかったのは『ボロボロのスパイダースーツ!』

初代スパイダーマンを演じたトビー・マグワイアを主演に迎えたサム・ライミ監督の『スパイダーマン』シリーズ(2002年〜2007年)。YouTubeチャンネル「Jake’s Takes」のインタビューに答えたトムホは「僕たちの映画でもやってみたかったのは、ボロボロのスパイダースーツを着ているところ!」と明かした。

「2つのバージョンはそれぞれ本当に異なるけど、MCUの一部であってほしいと思うユニークなものがあったね。トビーが演じたスパイダーマンとゴブリンの最後の戦いが大好きだよ。僕たちの映画でもやってみたかったのは、ボロボロのスパイダースーツを着ているところだね。彼のコスチュームにはいつも破れてて、マスクも破れてるでしょ?あれは、スパイダーマンの怪我にリアリティーを与えてくれていたから、とても気に入っているよ」と明かした。

『アメージング・スパイダーマン』のお気に入りシーンは「スケボーの連続シーン」‼︎

また、トムホはアンドリュー・ガーフィールド主演の『アメージング・スパイダーマン』シリーズ(2012年〜2014年)でのお気に入りシーンは「スケートボードの連続シーン」だと明かした。

「スケートボードのシークエンスが大好きなんだ。ピーター・パーカーのイメージとはかけ離れていて、本当に楽しかったね。ピーター・パーカーの人生の側面を明かす方法として、とても興味深くてとても楽しいものだったと思う。僕にとっては、スパイダーマンが無敵ではないという考えや、そういった発想が好きだね。」と明かした。

最新作の前に、トムホお気に入りの過去の「スパイダーマン」シリーズをおさらいするのもきっと楽しいに違いない! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日(金)より全国公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • トムホ厳選!歴代スパイダーマン映画のお気に入りシーンとは?再注目のトビー・マグワイア版とアンドリュー・ガーフィールド版を語る!