『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 に登場を予感させるヒーローたちを紹介!! マルチバースで無限の可能性に!?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 に登場を予感させるヒーローたちを紹介!! マルチバースで無限の可能性に!?
『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

世界中で大ヒットしているトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が2022年1月7日(金)に公開される。

第一弾予告編では、ドクター・ストレンジの登場やマルチバースの出現、過去シリーズの《グリーンゴブリン》の武器パンプキンボムや《ドック・オク》の登場に世界中が沸き立ち、予告編の<公開後24時間の視聴数>が全世界で3億5550万回を記録。これは『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)が保持していた2億8900万回視聴を大きく更新するもので、これまでの映画作品の中で最も視聴された予告編となったことも話題となり、早くも世界中からの注目が集まっている!

世界中で熱狂を巻き起こした『アベンジャーズ/エンドゲーム』でアイアンマン亡き世界が描かれ、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)以降、ヒーローたちがそれぞれの場所で活躍する姿が描かれる“MCUフェーズ4”が展開中! 最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』には、ドクター・ストレンジの登場が明らかとなっているが、他のヒーローたちとのつながりが描かれるのもマーベル・スタジオ作品ならでは! そこで、本作にも登場を予感させるヒーローたちを一挙にご紹介したい!

※本記事には各作品のネタバレが含まれます。

ヴィジョンと別れ、新たな力を手に入れたワンダ・マキシモフ

(L-R): Scarlet Witch/Wanda Maximoff (Elizabeth Olsen), Tommy (Jett Klyne), Vision (Paul Bettany), Billy (Julian Hilliard) and Monica Rambeau (Teyonah Parris) in Marvel Studios’ WANDAVISION exclusively on Disney+. Photo courtesy of Marvel Studios. ©Marvel Studios 2021. All Rights Reserved.

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で愛するヴィジョンを失い、自分で作りだした架空の現実でヴィジョンと幸せな生活を送っていたものの、最終的には戦いを経て密かに森の奥でその力を蓄えているワンダ。しかし、自分の力で別の世界を作り出し、その世界を閉じた後も架空の存在であるはずの子供たちの声が聞こえるなど、ここにもマルチバースの予感が。さらに、ワンダとは別の道を歩む白いヴィジョンや、超人的な能力を得たモニカ、魔女アガサなど、今後のMCUに関わってきそうな人物たちの動きにも注目が集まる。

偉大なる意思を受け継ぐ“新キャプテン・アメリカ”ファルコン

『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』© 2021 Marvel

一度はキャプテン・アメリカから受け継いだ盾を博物館に寄贈し、その意思を受け継ぐことをあきらめていたファルコン。しかし、フラッグ・スマッシャーズとの戦いを経て、自らがキャプテン・アメリカとして立ち上がることを決意し、その姿は国民に多くの勇気を与えた。相棒となったウィンター・ソルジャーだけでなく、一度は敵対したもののUSエージェントとして復帰したジョン・ ウォーカーも今後は頼もしい仲間となるようだ。かつてアイアンマンがスパイダーマンを導いたように、今後新アベンジャーズを率いていく可能性のあるファルコンがスパイダーマンとも交錯する可能性もある!

“姉”の意志を受け継ぐのか?ブラック・ウィドウの“妹”エレーナ

『ブラック・ウィドウ』©Marvel Studios 2021

かつてはブラック・ウィドウ(ナターシャ)を姉として偽の家族ぐるみでスパイとして生活を送っていたものの、家族が離散した後はロシアのスパイ機関レッドルームの暗殺者として暗躍していたエレーナ。ナターシャとの再会、そして偽物だったはずの家族との絆を感じた彼女はナターシャと共に歩む道を選ぶ。しかし『ブラック・ウィドウ』(2021年)の最後では“姉”を失っており、ジョン・ウォーカーにUSエージェントとしての道を与えたヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンテーヌ伯爵夫人(ヴァル)の下で働いている模様。ナターシャと同じような高い戦闘能力を持ち、世界中で暗躍する彼女も人知れずどこかでスパイダーマンと……!?

新たにヒーローの仲間入り!カンフーの達人シャン・チー

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』©Marvel Studios 2021

犯罪組織テン・リングスの後継者として育てられながらも、正体を隠し平凡なホテルマンとして暮らしていたシャン・チー。しかし父の野望を阻止するために立ち上がった彼は、戦いの中で父から伝説の武器<テン・リングス>を受け継ぎ、世界の平和を守り抜いた。再びホテルマンとして戻ったものの、『ドクター・ストレンジ』などにも登場したウォンに呼び出されてほかのヒーローとも対面するシーンも。さらに、密かに組織のトップとして君臨する妹シャーリンの存在も気になる。長年暗躍してきたにもかかわらず、これまで一切表舞台に現れなかった組織テン・リングスの存在は、“親愛なる隣人”として街を守ってきたスパイダーマンとも実はつながっていた可能性を感じさせる。

圧倒的な力で地球を脅威から守るエターナルズ

『エターナルズ』©Marvel Studios 2021

人知を超えた力で7000年にもわたり宇宙規模の脅威から人類を守ってきたエターナルズ。人間と地球を見守り続けて来たセルシをはじめとした戦士たちだが、それぞれ違う種類ながらも彼らの圧倒的過ぎる能力は今後の地球にとって必要不可欠。ドクター・ストレンジによってマルチバースが開いたことで、前代未聞の危機に陥ったスパイダーマンだが、これまで苦戦を強いられてきた強敵が次々と登場する展開にはさすがに彼らも密かに手助けをする可能性が…!?

フェーズ4で新たなキャラクターも生まれ、アベンジャーズのオリジナルメンバーの意思を受け継ぐ存在も多数登場しているマーベル・シネマティック・ユニバース。すでにシリーズ最終章と言われている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でスパイダーマンにもはたしてその遺志を受け継ぐ存在が現れるのか、それとも…?

さらにマルチバースの出現によって紹介したような頼もしいヒーローたちだけでなく、あの作品の強敵も登場…なんてこともありえるぞ!
早くも憶測の止まらない『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は、2022年1月7日(金)より全国ロードショー!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』 に登場を予感させるヒーローたちを紹介!! マルチバースで無限の可能性に!?