米映画メディアの反応は!? 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』各誌の作品レビューでは、多数の好意的な声に期待が高まる!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
米映画メディアの反応は!? 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』各誌の作品レビューでは、多数の好意的な声に期待が高まる!!
YouTube

2021年10月1日(金)に公開がせまる『007』シリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。劇場公開を前に、アメリカでは関係者向けに上映会が開催され、「最高のアクション」「クレイグ版ジェームズ・ボンドの完璧なエンディング」といった称賛の声が続々と寄せられている!

ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドの一時代が終わりを迎えようとしている。『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)から15年にわたりボンドを演じてきたクレイグは、本作でボンド引退を発表した。本作は、『007』シリーズ史上最凶の敵と称されるサフィンが登場し、宿敵エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドとも対峙するというボンド史上最大の危機に直面する。クレイグのほか、ベン・ウィショーナオミ・ハリスレア・セドゥのメインキャストに加え、『ブレードランナー 2049』(2017年)のアナ・デ・アルマス『キャプテン・マーベル』(2019年)のラシャーナ・リンチ『アラジン』(2019年)のビリー・マグヌッセン、そして、敵サフィンを演じるオスカー俳優ラミ・マレックらが出演。

「大成功」と称賛の一方で…ボンド最新作は「賛否両論」⁉︎ そのワケとは‼︎

米Cinemablend誌のボンド映画専門家マイク・レイエス「本作は大成功だ。ダニエル・クレイグ時代の完璧なエンディングであり、彼は、ボンド作品ではなかなか許されなかったところまで行き着くことができた。」と称賛した。

同誌のエリック・アイゼンバーグ「堅実なボンド映画だ。『007 カジノ・ロワイヤル』や『007 スカイフォール』ほどではないが、『007 慰めの報酬』や『007 スペクター』よりもはるかに優れている。物語は混乱しているが、アクションは最高で、印象的なサプライズも盛り込まれており、クレイグの一時代に満足のいく終わりをもたらしていた。」と語る。

本作を賞賛する一方で、ボンドガールであり謎の美女パロマを演じるアナ・デ・アルマスの登場シーンが少なかったと嘆く声が目立った。

ある記者は「アナ・デ・アルマスにすべての役を与えて! 彼女が本作にもっと出演してくれればよかったのに。彼女は面白くて、悪女で完璧だった。彼女を愛している。フィービー・ウォーラー=ブリッジは重く感じられたが、それは素晴らしい点だった。ダニエル・クレイグは素晴らしかった。ブラーボ!」と語っている。

米The Hollywood Reporter誌の記者は「本作は非常に楽しかった。スタントやカーチェイス、楽しい会話が素晴らしかった。しかし、間違いなくアナ・デ・アルマスのシーンがもっと必要だった。彼女とラシャーナ・リンチはどちらも素晴らしいが、アルマスの出演時間は短すぎた。」と綴った。

本作を称賛する声が多く綴られており、相次ぐ延期でも「待った甲斐があった!」と言える内容であることが期待できそうだ! クレイグ版ボンドが有終の美を飾る本作をぜひ劇場でチェックしたい。
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、2021年10月1日(金)より全国公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

ボンドは00エージェントを退き、ジャマイカで静かに暮らしていた。しかし、CIAの旧友フィリックスが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者の救出という任務は、想像を遥かに超えた危険なものとなり、やがて、凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うことになる。

制作年: 2020
監督:
脚本:
音楽:
出演:
吹替:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 米映画メディアの反応は!? 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』各誌の作品レビューでは、多数の好意的な声に期待が高まる!!