『トップガン』再び公開延期!『ミッション:インポッシブル』最新作など話題作が続々と延期を発表―― 新型コロナウイルス感染拡大の影響で

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『トップガン』再び公開延期!『ミッション:インポッシブル』最新作など話題作が続々と延期を発表―― 新型コロナウイルス感染拡大の影響で
YouTube

米パラマウント・ピクチャーズは、『トップガン マーヴェリック』『ミッション:インポッシブル7(仮題)』の全米公開延期が決定した。

『トップガン』(1986年)の続編最新作『トップガン マーヴェリック』は、2021年11月全米公開から2022年5月へと延期が決定。『ミッション:インポッシブル7』も、2022年5月全米公開から2022年9月に延期が決まった。新型コロナウイルスのデルタ株のまん延による影響で、全米の劇場動員が激減していることが延期の理由だとしている。度重なる公開延期に、ファンの間では配信での公開に関する憶測が流れているが、製作をつとめるトム・クルーズによる劇場でのみ公開する方針に変わりはないという。

今回の発表を受け、『トップガン マーヴェリック』の新たな日本公開日は、後日改めて発表される旨の声明が発表された。同作は、前作『トップガン』から30年ぶりに製作された続編。クルーズのほか、ヴァル・キルマーマイルズ・テラージェニファー・コネリーエド・ハリスら出演。キャストたちが果敢に挑んだスタントによる圧巻のスカイ・アクションに注目が集まる。

シリーズ累計3000億円以上の興行収入を記録している『ミッション:インポッシブル』シリーズ最新作となる『ミッション:インポッシブル7』は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で7度にわたって撮影が延期されており、現在も英国で撮影が続いている。

また、同社は『ジャッカス・フォーエバー(原題)』の公開延期も発表しており、2021年中に公開される映画が2022年公開となったことで、同社が配給する映画が2021年の残りの期間に公開される予定はなくなった。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の全米公開も延期

同社の発表に続き、米ソニー・ピクチャーズは『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の全米公開日を2021年11月19日に変更した。
続々と公開延期が決定していく中で、2021年10月には、トム・ハーディ主演最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』と、その一週間後にはドゥニ・ヴィルヌーヴ監督SF超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』の全米公開を控えている。

新型コロナウイルスの一日も早い収束を願うばかりだ。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『トップガン』再び公開延期!『ミッション:インポッシブル』最新作など話題作が続々と延期を発表―― 新型コロナウイルス感染拡大の影響で