「007」最新作公開記念ドキュメンタリーを放送! ダニエル・クレイグのボンドとしての姿や製作・撮影秘話を追う内容は絶対に見逃せない!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
「007」最新作公開記念ドキュメンタリーを放送! ダニエル・クレイグのボンドとしての姿や製作・撮影秘話を追う内容は絶対に見逃せない!!
NO TIME TO DIE © 2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

CS映画専門チャンネル「ムービープラス」は、2021年10月1日(金)に決定した「007」シリーズ25作目となる最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念し、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念 ダニエル・クレイグ ドキュメンタリー「ジェームズ・ボンドとして」を、2021年9月26日(日)にテレビ初放送することを決定した。

本作は、ダニエル・クレイグ本人と製作陣の話を軸に、撮影秘話や当時のニュース、バラエティ出演シーンなど、他では見られない貴重な映像をたっぷり使用して「007」ダニエル・クレイグ演じる“ジェームズ・ボンド”の軌跡を追った、ファン垂涎の内容となっている。なかでも、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』をもってボンド役を引退するとされるダニエルが、「僕はこのシリーズの現場が大好きだった」と語った最後の撮影現場でのエピソードは涙なしには見られない。

「完成すべきストーリーがあった」クレイグが最新作までボンド役を続投した理由

前作『007 スペクター』(2015年)では、半年間に及ぶ過酷な撮影中に大怪我を負い、膝の手術をする事態に見舞われていたクレイグ。「体力的にもう次回作には出れないだろう」とその当時語っていたクレイグが、最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』までジェームズ・ボンドを演じ切ろうと思った理由は何だったのだろうか? クレイグはその理由をGamesRadarのインタビューで明かしている。

「『007 カジノ・ロワイヤル』で始めたことを本作で完成させる必要があるのではないかと感じたんだ。ヴェスパーやスペクターとつながっている何かが形になっていって、“これだ”と思えた。物語を終わらせるという点では、これで全てがつながり完成したよ。とても満足している。」とクレイグは語った。

6代目ジェームズ・ボンドに抜擢されたダニエルは、これまでのボンドとは全く違うスタイルでいかにキャラクターを一新させ、シリーズの人気を再燃させたのか。“ジェームズ・ボンド”を演じるだけではなく、クリエイティブ面でも積極的に作品に向き合い、「007」の世界に新たな興奮と感動を与えた彼の情熱、そして挑戦に迫るドキュメンタリーをどうぞお見逃しなく。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開記念 ダニエル・クレイグ ドキュメンタリー「ジェームズ・ボンドとして」は、ムービープラスで2021年9月26日(日)16:00~及び、2021年10月5日(火)<ジェームズ・ボンドの日>にも放送を予定している。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」公開記念 ダニエル・クレイグ ドキュメンタリー「ジェームズ・ボンドとして」』

最新作「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」が自身最後のジェームズ・ボンド役と言われる英国俳優ダニエル・クレイグの軌跡を綴る特別ドキュメンタリー。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 「007」最新作公開記念ドキュメンタリーを放送! ダニエル・クレイグのボンドとしての姿や製作・撮影秘話を追う内容は絶対に見逃せない!!