『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式ポッドキャスト公開!キャスト&スタッフが作品の魅力を語り尽くす

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式ポッドキャスト公開!キャスト&スタッフが作品の魅力を語り尽くす
YouTube

2020年11月20日(金)に公開がせまるシリーズ最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。公開に先がけ、公式ポッドキャスト「No Time To Die: The Official James Bond Podcast」が配信中だ。ダニエル・クレイグラミ・マレックといったキャスト&スタッフが本作にまつわる秘話を語っている。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は感情を揺さぶる作品に‼︎

本作は、前作『007 スペクター』(2015年)に比べて、より心に訴えかける感情的な作品になっていると製作のバーバラ・ブロッコリーは語る。「本作は昔ながらのボンド映画でありながら、現代的なひねりを加えたものだと考えている。アクションアドベンチャーであると同時に、感情を揺さぶるものでもあり、それがこの映画の素晴らしさだと思う。」

そして、本作がダニエル・クレイグが演じる最後のジェームズ・ボンド映画となるが、マドレーヌ・スワンを演じるレア・セドゥはダニエルの演技について、「ダニエルは、ジェームズ・ボンドが傷つきやすく、欠点を持っているキャラクターであることを表現しているわ。それが観客の求めているものだと思う。ジェームズ・ボンドは現実の世界では存在しないけれど、私たちが好きなのは、現実ではないこの世界で、キャラクターに共感できるという点だと思う。」と語っている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Blofeld (Christoph Waltz) returns in #NoTimeToDie

James Bond 007(@007)がシェアした投稿 –

悪役ブロフェルドの再登場について

最新の予告映像でも明らかになったが、クリストフ・ヴァルツが演じたボンド映画の象徴的な悪役であるエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドが再登場する。本作の監督を務めるキャリー・フクナガは、ブロフェルドの再登場は必要不可欠だったと語る。

「彼がボンド映画の象徴的なキャラクターであることは明らかだ。ブロフェルドは小説の頃からボンドを悩ませてきた悪役で、前作『007 スペクター』で戻ってきた時には刑務所に入れられていた。でも、それでは“ブロフェルドの物語”は終わらないように思えた。他を凌駕する知性の持ち主である彼を、止めることはできないだろう」

史上最強の悪役サフィン、そしてブロフェルドと対峙しなくてはならないボンド。最新作では、その新たな一面を見ることができるに違いない。

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年11月20日(金)に全国公開。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。誘拐された科学者を救出するという任務は、想像を遥かに超えた危険なものとなり、やがて、凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うことになる。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公式ポッドキャスト公開!キャスト&スタッフが作品の魅力を語り尽くす