Netflix、故チャドウィック・ボーズマン追悼特別番組を配信! ヴィオラ・デイヴィス、スパイク・リーらがその功績を語る!!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
Netflix、故チャドウィック・ボーズマン追悼特別番組を配信! ヴィオラ・デイヴィス、スパイク・リーらがその功績を語る!!
YouTube

2020年に43歳という若さで急逝した『ブラックパンサー』(2018年)の俳優チャドウィック・ボーズマン。生前に俳優として活躍した彼の人生を称えるNetflix特別番組『チャドウィック・ボーズマン:ポートレート・オブ・アン・アーティスト(原題)』の海外予告編が公開された。同番組は、現地時間2021年4月17日(土)より30日間限定でNetflixにて世界で配信開始される。

この度公開された海外予告編では、「私はチャドウィック・ボーズマンです。私はアーティストです」とボーズマン本人のナレーションによる自己紹介から始まる。「みなさんは私を俳優と呼びますが、私自身は俳優とは呼ばず、アーティストと呼びます。」とボーズマンは話す。『マ・レイニーのブラックボトム』(2020年)で共演したヴィオラ・デイヴィスや、『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)のダナイ・グリラ『ザ・ファイブ・ブラッズ』(2020年)の監督スパイク・リーら、ボーズマンと関わりの深かった人物が登場する。

同番組は、今は亡きボーズマンのキャリアと人生を称えるスペシャルドキュメンタリー。マーベルヒーローのブラックパンサーを演じたことで知られるボーズマンは、スパイク・リー監督作品『ザ・ファイブ・ブラッズ』ジョージ・C・ウルフ監督作品『マ・レイニーのブラックボトム』などの作品を撮影後、2020年8月に急逝。ボーズマンは、約4年に渡り結腸がんを患っていたものの全くそのような素振りを見せず、最後まで仕事に熱心に打ち込んでいたと共演者たちは話し、突然の訃報に世界中が衝撃を受けた。最期まで“真のヒーロー”だったとも語られるボーズマンは、『マ・レイニーのブラックボトム』で第93回アカデミー主演男優賞にノミネートされている。

『チャドウィック・ボーズマン:ポートレート・オブ・アン・アーティスト』は、現地時間2021年4月17日(土)より30日間限定でNetflixにて世界配信開始。現在のところ、日本での配信については明らかになっていない。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『チャドウィック・ボーズマン:ポートレート・オブ・アン・アーティスト』

制作年: 2021
音楽:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • Netflix、故チャドウィック・ボーズマン追悼特別番組を配信! ヴィオラ・デイヴィス、スパイク・リーらがその功績を語る!!