キアヌ主演『ジョン・ウィック』の壮絶な世界感をローラーコースターで体感! 2021年にドバイに誕生

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
キアヌ主演『ジョン・ウィック』の壮絶な世界感をローラーコースターで体感! 2021年にドバイに誕生
YouTube

米製作会社ライオンズゲートが製作したキアヌ・リーヴス主演映画『ジョン・ウィック』(2014年〜)と『グランド・イリュージョン』(2013年〜)を題材にしたジェットコースターが、2021年にテーマパーク「モーションゲート・ドバイ」に誕生することが明らかになった。

『ジョン・ウィック』シリーズは、愛車と恋人の形見である愛犬の命を奪われた伝説の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇を描く人気映画シリーズ。「ジョン・ウィック:オープン・コントラクト」と名付けられたジェットコースターでは、乗客はジョン・ウィックの味方か敵になることを選択し、ウィックとともにマフィアを倒すか、暗殺者ウィックを倒すことができるという。アトラクションのデザインには、映画シリーズの美術監督も携わり、殺し屋が集まるコンチネンタル・ホテルが舞台となっている。

同社のジェネファー・ブラウン「コンチネンタル・ホテルのロビーを歩いて、映画の中で起こったさまざまな重要な瞬間を体験できることは、ファンにとって素晴らしいことだと思います。特にこのアトラクションは、乗客を没入感のある環境に置くことで、ストーリーを体感し、コースターに乗っている間に乗客がアクションを起こすことができます。このアトラクションは10階建てで、『ジョン・ウィック』シリーズの強烈さを乗客が体験できるのは間違いありません。」とコメントしている。

また、ジェシー・アイゼンバーグ主演映画『グランド・イリュージョン』のジェットコースター「ハイ・ローラー」では、乗客はカジノでフォー・ホースメンとともに強盗に挑むという体験ができる。

「モーションゲート・ドバイ」には、同社が手がけた『ハンガー・ゲーム』(2012年〜2014年)を題材にしたジェットコースターがあり、『ステップ・アップ』(2006年〜2014年)を題材にしたダンス・ショーも行われている。ほかにも、ドリームワークスやコロンビア・ピクチャーズの作品を題材にした乗り物もある。

『ジョン・ウィック』シリーズ最新作は2022年公開予定。『グランド・イリュージョン』も、最新作の製作が決定している。

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • キアヌ主演『ジョン・ウィック』の壮絶な世界感をローラーコースターで体感! 2021年にドバイに誕生