キアヌ主演『ジョン・ウィック』大ヒットに貢献⁉ 愛犬デイジー&作品名の秘話を脚本家が明かす!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
キアヌ主演『ジョン・ウィック』大ヒットに貢献⁉ 愛犬デイジー&作品名の秘話を脚本家が明かす!
Instagram

キアヌ・リーヴス主演の『ジョン・ウィック』(2014年)についての知られざるエピソードを、脚本家のデレク・コルスタッドが米ComicBook誌のインタビューで明かした。

同インタビューでは、ジョン・ウィックの愛犬デイジーが殺されるシーンに製作陣から反対の声が上がっていたことや、意外なタイトルの由来などが明らかになっている。

かつて裏社会にその名を轟かせた凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは、最愛の女性ヘレンと出会ったことをきっかけに殺し屋稼業から足を洗い、平穏な結婚生活を送っていた。だがヘレンが病で亡くなり生きる希望を失うも、彼女が形見として残してくれた仔犬の存在がジョンの新たな希望となりつつあった。その矢先、家に忍び込んだ強盗に愛車を奪われ、愛犬デイジーも殺されてしまう。大事なものを二度も失ったジョンは、復讐のために裏社会へ戻ることを決意する……。

ジョンが復讐の道を歩むきっかけになった、愛犬デイジーの死。この演出は、監督のチャド・スタエルスキと共同監督であるデヴィッド・リーチのアイデア。凄腕の殺し屋ジョン・ウィックというキャラクターは“容赦のない殺人マシン”といっても過言ではなく、観客の共感が得られないかもしれないとの考えから、観客がジョンに共感し、物語に没入できる役割を担っている。

しかしこの愛犬デイジーが殺されるシーン、製作陣は、観客がどう反応するかがわからないとして反対していたそう。デレクは「製作陣は安全策をとりたいという気持ちがあり、犬の演出はやめようと言っていた。引退後の暗殺者を描く部分に集中しよう、ってね。」と当時について語る。

しかし、愛犬デイジーの死がジョンの心理的変化の鍵となっているため、監督たちは“このシーンをカットする”というスタジオの提案に苦戦することになった。デレクは「犬とのつながりや、その根底にあるジョンの魂や心臓の鼓動なしに、キャラクターやユーモアを際立たせることはできない。チャド(監督)とデヴィッド(共同監督)はそのアイデアを通すために頑張って戦って、結果としてそれは正しかったんだ。彼らはよくやってくれたし、本当に才能があると思うよ。」と、監督たちの思いについて振り返り、テスト上映での観客の反応を見て、自分たちの判断は正しかったと感じたそうだ。

ジョン・ウィックに魂を与えたこの演出は素晴らしいアイデアであったことを証明するように、1作目はヒットし『ジョン・ウィック チャプター2』(2017年)『ジョン・ウィック パラベラム』(2019年)と続編が公開されている。

そんな『ジョン・ウィック』シリーズ。元々タイトルには主人公の名前が含まれていなかったことも明かしている。映画のタイトルは当初、引退した暗殺者が復讐に燃える姿を表す『Scorn(=軽蔑)』というものであった。しかしキアヌ・リーヴスはこの映画を『Scorn』ではなく『ジョン・ウィック』と呼び続け、製作会社はそれを取り入れて、正式に映画のタイトルを『ジョン・ウィック』に変更したそうだ。それが功を奏したのは、同作がヒットし、多くの人の印象に残ったことから知ることができるだろう。

そんな同シリーズの最新作『ジョン・ウィック チャプター4(原題)』は2022年5月27日の米国公開に向けて準備が進められている。続報に期待しよう!

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ジョン・ウィック』

裏社会に語り継がれる一騎当千・伝説の殺し屋ジョン・ウィック。愛を知り、表の世界へと足を洗い平穏な日々を送っていた彼は、ある日、不運にも彼の愛するもの全てをマフィアに奪われてしまう。怒りに震え、心の奥底に封じ込めた"殺し屋の魂"を解き放ち、復讐のために独り立ち上がる。

制作年: 2014
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • キアヌ主演『ジョン・ウィック』大ヒットに貢献⁉ 愛犬デイジー&作品名の秘話を脚本家が明かす!