「人の皮を被ったハルクバスター」マ・ドンソク最新作『犯罪都市 THE ROUNDUP』を徹底予習

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ギンティ小林
「人の皮を被ったハルクバスター」マ・ドンソク最新作『犯罪都市 THE ROUNDUP』を徹底予習
『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

MCU、といえばマーベル・シネマティック・ユニバースのことですが、韓国ではマ・ドンソク・シネマティック・ユニバースを意味するワードでもあります。

昨年は『エターナルズ』(2021年)で本家MCUに参戦、さらに日本のLDH JAPANとエージェント契約を締結。最近はめでたく結婚もされて、今後は主演作『悪人伝』(2019年)をシルヴェスター・スタローン製作、本人が再び主演するハリウッド・リメイクが控えているなど、自身のユニバースを拡大し続ける人の皮を被ったハルクバスター、マ・ドンソク

そんなマ・ドンソク・シネマティック・ユニバース作品の中でもトップクラスに彼の無敵ぶり&限度を超えた愛嬌を堪能できる『犯罪都市』(2017年)の続編、『犯罪都市 THE ROUNDUP』が遂に日本公開!

『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

鬼刑事マ・ソクト誕生

『犯罪都市』といえば、鬼刑事マ・ソクト(マ・ドンソク)が凶悪な韓国系中国人犯罪者たちと激闘を繰り広げる刑事ムービー。あまりの面白さに、インドでは『Radhe』(2021年)というタイトルでリメイクされている。

当然、インド映画なのでミュージカル・シーンをトッピングしただけでなく、本家にはないカーチェイスやヘリコプターのアクションなどを追加してゴージャスな映画に仕上げている。が、気になる評判はインドでも微妙……。

その理由はハッキリしてますよ。マ・ドンソクが主演していないからですよ!

『犯罪都市』DVD&Blu-ray発売・レンタル中
価格:Blu-ray 4,800円+税/DVD 3,900円+税
発売元:ファインフィルムズ 販売元:ハピネット・メディアマーケティング
©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

って、元も子もない言い分ですが、そもそも『犯罪都市』は企画&製作も兼ねたドンソクのこんな想いから作られているんです。

ジャッキー・チェンの映画は、どれもジャッキー・チェンがいないと成立しない物語。ジャッキー・チェンにしかできないアクションがある。それが、いつも羨ましかった。自分もマ・ドンソクにしかできないアクション映画を作りたい。

そして、ドンソクの魅力がパンパンに詰まった映画『犯罪都市』が誕生したんです。つまり、ジャッキー・チェンの『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(1985年)やブルース・リーの『燃えよドラゴン』(1973年)を、他の俳優主演でリメイクしようとするのと同等のことをインド映画はしてしまったんですよ。

「『犯罪都市』は、自分が俳優としてやりたいことが最も込められている作品で、キャラクターもこれまで演じてきた役の中で最も自分に近い」

そうドンソクが語る『犯罪都市』のマ・ソクト刑事の魅力とは? まずは着ているスーツが破れそうな、キン肉マン消しゴムのごとき屈強なボディ。そんなワガママ・ボディから繰り出される、少年時代から学んでいるボクシングをベースにした格闘アクションでは規格外のパワフルさを披露!

見た目や強さだけではありません。マ刑事には、ドンソクならではのペーソスあふれる魅力も満載。度量が狭い上司から後輩刑事を鮮やかにかばう器の大きさ&弱った後輩刑事を慰める際に見せる細やかな優しさは、ザ・理想の先輩・オブ・ザ・イヤー受賞間違いなしな頼もしさ! ちなみにマ刑事は連日、デカ部屋に泊まり込みで犯罪と戦っているから、独身生活がかなり長い。そのため、女性に囲まれると童貞中学生のように照れてしまうチャーミングさも素敵。

『犯罪都市』©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

さらに、市民たちとのコミュニケーションの際には、誠実だがいまひとつ身についていない礼儀正しさで必死に応対するスキのある部分も見逃せません。が、凶悪犯罪に対しては、1ミリも揺らぐことのないジャスティス魂でアピール! つまりマ・ソクト刑事は、この世でドンソクにしか演じることのできないマブリー極まりない魅力を搭載したキャラなんです。

このようにドンソク濃度が高い『犯罪都市』ですが、完成するまでには熱い逸話があるので、しばしの間、解説させてください。

マブリーと監督の友情が生んだ過激アクション『犯罪都市』

マ・ドンソクとシリーズ1作目『犯罪都市』の監督カン・ユンソンは共に1971年生れ。2人が知り合ったのは、30半ばになった頃。当時のドンソクは、高校3年生から家族で移住したアメリカでボディビルダーとフィットネストレーナーをしていたが、昔から憧れていた俳優になるため、30歳を過ぎて夢に向かって人生を豪快にシフトチェンジしていた頃。あらゆるバイトを渡り歩きながら、34歳で遂に韓国映画『天軍』の(2005年)オーディションに合格。そこからは数々の映画で脇役を演じていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Don Lee 마동석(@donlee)がシェアした投稿

いっぽうカン・ユンソンは、30歳の時に自分で脚本を書いたホラー映画で監督デビューが決まっていた。そして、1年間準備しキャストも決まり、あとは撮影するだけ! となった時に製作会社が倒産してしまう……。

そんな時に、2人は共通の知人の紹介で知り合うことになる。彼らは同い年で、共に映画に対して熱い想いを抱いていることから意気投合。ちなみにユンソンはドンソクがあまりに貫禄があるため、最初のうちは先輩だと思っていたという。

その後、ドンソクは数々の映画に出演しキャリアを積んでいく。ユンソンは2007年にはドキュメンタリー映画『シン・ジュンヒョンのラストコンサート』を監督して、高い評価を得た。しかし、肝心の長編映画を監督するチャンスには恵まれない……。企業や大学のPR映像を制作をしながらチャンスを待ち続けていた。その間、監督作の企画が2回動いたが、いずれも撮影直前に中止に……。そんな彼をドンソクは励まし続けた。

2012年、40歳をすぎたユンソンは「もう監督になるのは諦めようかな……」と心が折れはじめていた。そんな時である。ドンソクがこんなことを言い出した。

監督になるチャンスが来ないなら、お前が監督、俺が主演で刑事映画を作らないか?

刑事は、ドンソクが少年時代から憧れていた職業だった。俳優になってからも刑事の友人たちがいた彼は、韓国映画の警察の描き方に不満を抱いていた。

映画の警察はいつも無能に描かれている。俺の知っている刑事たちは市民の安全のため、いつも命がけで頑張っているのに……!

だったら自分たちでリアルな刑事映画を作るしかない。この考えにユンソンも賛同した。それなら実話を基にしよう! 実際に起きた事件を刑事たちがどう解決したか、俺たちの映画で徹底的に描こう!

『犯罪都市』©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

かくして『犯罪都市』の企画が動き出した。彼らが題材に選んだのは2004年、ソウル南部警察署強力班刑事たちが一晩に加里峰の韓国系中国人の組織暴力団14人を一斉検挙した事件などの韓国系中国人による事件。2人は事件に関わった刑事を徹底的に取材した。そしてドンソクの家で脚本を練り続けた。

映画のプランが固まると、彼らは出資してくれる映画会社を探した。しかし、ブレイク前のドンソクが主演、実績のない無名監督という企画に賛同する映画会社はなかなか現れなかった……。事態は動かないまま4年が経ち、2016年になっていた。

もう映画監督になろうなんて夢を見るのはやめよう……。ユンソンは夢を断ち切るため、長年支えてくれた妻と共にスペイン旅行に向かった。その直後だった。彼のもとにドンソクから『犯罪都市』映画化決定の報せが届いたのは。

『犯罪都市』©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

ユンソンにとっては30歳の時の幻の監督デビューから17年、遂に夢が叶う時が来た。映画はドンソク演じる強力班の刑事マ・ソクトの規格外な魅力を描きながらも、警察の描写はリアルさを追求した。劇中、強力班は工事現場の仮設事務所チックなコンテナをデカ部屋にしている。あの設定には、こんなドンソクたちの願いが込められている。

取材に協力してくれた強力班の刑事たちは、経費の問題で夏は暑く、冬は寒いコンテナで働いていた。この事を自分たちの映画でありのまま描くことで、刑事たちの劣悪な環境が改善されて欲しい。

格闘シーンでもリアルさを追求した。劇中のマ・ソクト刑事はグローブのような掌から繰り出すビンタ一発で犯罪者をノックダウンする。これはドンソクの無双ぶりをアピールしながらも、「実際の刑事は掌を下から上に打つ技術を使う。骨折のリスクのために拳は使わない」というリアルな考証のもとに生まれた。他にも武術的な派手なアクションではなく、ボクシング、柔道、護身術、逮捕術を取り入れた。

『犯罪都市』©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

そして映画は完成した。『犯罪都市』は韓国で公開されると、18歳未満は鑑賞できないにも関わらず異例の大ヒットを記録! 劇中でドンソクが披露した一撃必殺の戦闘スタイルは“ワンパンチ・アクション”と呼ばれ、後に『エターナルズ』のアクションにも取り入れられるほどの好評ぶりだった。

どうです? イイ話ですよね。しかも凄いことに、彼らは『犯罪都市』1作目の脚本を考えていた時に、映画を全8作のシリーズにする構想も練っていたんです。

マ刑事と愉快な同僚たちが再結集!『犯罪都市 THE ROUNDUP』

そしてこのたび、シリーズ第2弾『犯罪都市 THE ROUNDUP』が日本公開されます。今回、監督するのは『犯罪都市』とユンソンの監督作2作目『英雄都市』(2019年)の助監督を務めたイ・サンヨン。親友の監督作を支えたスタッフに監督デビューのチャンスをプレゼントする、ドンソクの心意気が泣かせてくれます!

『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

舞台は前作から4年後の2008年。マ刑事は合コン会場から駆けつけた立て籠もり事件現場で、犯人をパンチ一発でノックアウト。全治12週間の怪我を負わせてしまう。するとこの様子が報道され、問題になってしまい……。

警察は、マ刑事をマスコミから遠ざけるため、ベトナム行きを命じる。ベトナムの韓国領事館に韓国人犯罪者が自首をしたので、身柄を引き取りに行かなければならない、という。その話を知ったマの上司で強力班の班長チョン・イルマン( チェ・グィファ)は、「そんな簡単な仕事でベトナムに行けるのなら、俺も行く!」と浮かれ気分で旅のお供となる。が、2人が訪れたベトナムではシリーズ最大の凶悪事件&前作を超えるハードコアな犯罪者が待ち受けているのだった……。

『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

『犯罪都市』の魅力といえば、マ・ドンソクだけでなく彼と列を組む強力班の刑事たちのキャラクターも大事ですよね。前作でお猪口並みの器の小ささを晒していた班長チョンですが、本作では出演シーンで確実に笑いを取っていくコメディリリーフにアップデート。完全にバカンス気分でベトナムに来た班長と、異国でも犯罪をサーチ&デストロイしたいマ刑事は、熟練漫才コンビ級の掛け合いを見せてくれます。

『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

強力班の刑事たちも、前作でドンソクの懐刀的存在だった丸坊主のオ刑事(ホン・ギジュン)以外は続投。前作で凶悪犯罪にプルプル震えていた新人刑事カン(ハジュン)は、本作では熱血刑事に成長し、ドンソク先輩を必死にサポート。班長をはじめとする強力班のチームワークも磨きがかかっています!

他にも、中国語が堪能だった情報屋のガソリン(ユン・ビョンヒ)も思わぬ場面で登場。さらに前作でチャン・チェに殺されたはずのスキンヘッドの組長イス(パク・ジファン)が奇跡のカムバック! 前作では恐ろしい極道だったのに、本作ではマ刑事のパシリに転落。でも、映画的には観客にホットな笑いを提供してくれる重要キャラに進化しているので期待していてください!

体重10キロ増! ソン・ソック演じる極悪ヴィランに戦慄

そして、『犯罪都市』を面白くしている要素として大事なのがヴィラン像。前作では韓国系中国人犯罪者チャン・チェン(ユン・ゲサン)と、その舎弟ウェイ・ソンラク(チン・ソンギュ)の存在感が強烈すぎました。

『犯罪都市』©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

会話が1ミリでもこじれた瞬間にビール瓶で相手の頭を叩き割ったり、常備している手斧やナイフで相手をクイックかつ獰猛にぶち殺したり、対立組織のメンバーを殺害&解体して、バラバラになったボディをズタ袋にアバウトに詰め込んで路上にポイ捨てする、という観客の脳裏にこびりつくようなダーティワークを披露。2人とも「極悪非道」「弱肉強食」「男尊女卑」「武力行使」という負のキーワードが不気味なほどよく似合う、悪役としては合格すぎるキャラクターでした。

『犯罪都市』©2017 KIWI MEDIA GROUP & VANTAGE E&M. ALL RIGHTS RESERVED

今回、ドンソクたちは前作を超えるヴィランを生み出すため、2007年から2010年の間に起きた様々な事件をリサーチ。その結果、東南アジアに潜伏している韓国人犯罪者をモデルにしています。韓国では、年に300人を超える犯罪者が海外に逃亡し、その多くは東南アジアに潜伏して、韓国人渡航者を狙った犯罪を行っているそうです……。

そんな事件をベースにして誕生した本作のヴィランは、ベトナムに潜伏し、韓国人旅行者をさらって惨殺するだけでなく、その家族には「お前の子供を誘拐した」と嘘をついて多額の身代金を奪う非道を繰り返している極悪人、カン・ヘサン。

演じるのは、日本のドラマ『最高の離婚』(2013年)で綾野剛が演じたプレイボーイを、韓国版リメイク『最高の離婚~Sweet Love~』(2018年)で演じたソン・ソック。彼はマ・ドンソクを殺しかねない悪役を演じるため、徹底的に鍛え上げて体重を10キロ増量。その結果、「BreakingDown」のリングに上がっても不思議ではないダーティかつアグレッシブなルックスのアウトローに変貌。

『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

「前作のチャン・チェンが虎だとしたら、今作のカン・ヘサンはライオンで、まったく異なる猛獣のような面を持っている」とドンソクが語るように、その性格も獰猛かつ残忍。前作のチャン・チェン以上に無口で何を考えているか分からない……と思った次の瞬間、いきなり人を殺しだす、という理性のブレーキが完全にぶっ壊れている、まさに人の皮を被った獣。それでいて金への執着心だけは異常にある……。

そんな新たな悪役の戦闘スタイルですが、メインウェポンはゴツいナイフ。これで、幼児が太鼓の玩具を叩くぐらいのカジュアルさでバンバン人を殺します……。しかも劇中、敵対する犯罪者5人を相手に戦って皆殺しにするアクションをワンカットで披露する、という驚異的な戦闘スキルのオーナーでもあります。

こんなシリーズ最狂のヴィランと対峙することになったマ刑事。刑事としての務めを果たすことができない異国にいるにも関わらず、「韓国の警察が韓国人を守るのは当然だろ。違うか?」という巨大空母のごとき揺るぎないジャスティス魂を胸に、勝手にベトナムで捜査を開始!

『犯罪都市 THE ROUNDUP』©ABO Entertainment Co.,Ltd. & BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A.ENTERTAINMENT CORPORATION

クライマックスに展開される、人の皮を被ったハルクバスターVS人の皮を被った狂悪猛獣戦はアクション映画史に残る名カードなので、ぜひ劇場で観戦してください! そうしないと来年公開予定のシリーズ3作目が楽しめませんから!

すでに3作目はクランクインして、出演者も発表されているんですよ。マ刑事は、これまで治安を守っていた加里峰から仁川広域市に移動し、新たなチームと共に捕物帖を繰り広げる物語になるようです。気になる悪役は『野球少女』(2019年)に出演したイ・ジュニョクと、なんと日本の俳優・青木崇高さん! 彼はリキという日本人ヤクザを演じるそうです。実にセンスの良いキャスティングだと思います。青木さんって『犯罪都市』の世界観にフィットする面構えとタッパのオーナーですよね。

そんなわけで皆さん、今後も拡大し続けるマ・ドンソク・シネマティック・ユニバースを見守り続けようじゃないですか!

文:ギンティ小林

『犯罪都市 THE ROUNDUP』は2022年11月3日(木・祝)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『犯罪都市 THE ROUNDUP』

韓国・衿川(クムチョン)署強力班に犯罪者の引き渡しのためにベトナム行きの任務が命じられる。向かったのは、強引な捜査で世間の目を集めがちな型破り刑事マ・ソクトと頼りない班長チョン・イルマン。そこで明らかになったのは、冷酷な凶悪犯罪者カン・ヘサンの存在とカンが起こした誘拐事件だった。マ・ソクトは持ち前の正義感から現地警察の制止を振り切って強引に捜査を開始するが……その先に想像を絶する死闘が待っていた。

監督:イ・サンヨン
脚本:キム・ミンソン

出演:マ・ドンソク ソン・ソック
   チェ・グィファ パク・ジファン
   ホ・ドンウォン ハジュン チョン・ジェグァン

制作年: 2022

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 映画
  • 「人の皮を被ったハルクバスター」マ・ドンソク最新作『犯罪都市 THE ROUNDUP』を徹底予習