現実の「トップガン」を 戦闘機目線で徹底解説!『トップガン マーヴェリック』 Gがキツくて寿命が縮む⁉

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:大久保義信
現実の「トップガン」を 戦闘機目線で徹底解説!『トップガン マーヴェリック』 Gがキツくて寿命が縮む⁉
『トップガン マーヴェリック』 © 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

「トップガン」とは

カタパルトから漏れるスチームの幻想的映像のオープニング、コックピットに鳴り響く警告音、身をよじって敵機を見るパイロット……。1986年に映画『トップガン』を観た時の衝撃は忘れられません。

「トップガン」とは、戦闘機の能力を100%引き出し、ミサイル主体の空対空戦闘を実戦的に訓練するためにアメリカ海軍が1969年に創設した「NFWS/海軍戦闘機兵器学校」のこと。ちなみに映画タイトルは「TOP GUN」と表記されますが、正式には「P」と「G」の間に隙間のない「TOPGUN」で、現在の正式名称は「NAWDC/海軍航空戦闘開発センター」となっています。もうひとつちなみに、アメリカ海軍では操縦士を「アビエイター」と呼んでいます。

ここで大事なことをひとつ。「トップ1%のエリート・パイロットのための……云々」は映画用のフィクションです。飛行隊から送られてきたパイロットの技術を座学と飛行訓練で引き上げるのが、トップガンの目的。そして部隊に戻ったパイロットは自分の技能を周囲に伝え、部隊全体の戦力を向上させるわけです。50機を撃墜できる1人のパイロットがいるより、1機を撃墜できる100人のパイロットを揃えたほうが戦力的に有効だからです。

ですから、「壁に飾られた成績優秀者のネームプレート」も「トップガン・トロフィー」も、ナンバーワンを目指せ! というハリウッドならではの演出であって、現実には存在しません。

今度はF/A-18E/Fスーパーホーネット

前作のF-14トムキャットに代わって本作では、F/A-18E/Fスーパーホーネットがスクリーンを飛び回ります。

「/」が多い名前ですが、「F/A」は「戦闘/攻撃」を、「E/F」は「単座型のE型」と「複座型のF型」をまとめた呼称で、例えば単座型のみを指す時は「F/A-18E」です。

E型とF型に機体自体の能力差はありませんが、F型の後席ではWSO/兵装システム士官が各種センサーや照準システム操作に専念することで、スーパーホーネットの能力を最大限に発揮できるのです。また一部のF型の後席には操縦機能があるので、訓練にも使えます。俳優を乗せて映画撮影に協力することも、ね。

レガシーホーネットはエアインテイクが楕円形(写真:U.S.Navy)

ところでホーネットには「E型」の前の「A、B、C、D型」もありますが、ややこしいことに、これらは同じ「F/A-18」であっても、機体規模もメカニズムも能力もまったく別の戦闘機です。それでA~D型は「(現在に繋がる)遺産」という意味で「レガシーホーネット」と呼ばれます。

レガシーのエアインテイク(空気取り入れ口)は楕円形なのに対し、スーパーは長方形、というのが見分け所のひとつです。

スーパーホーネットのエアインテイクは長方形(写真:U.S.Navy)

パイロットを襲う「G」

『トップガン マーヴェリック』の話題のひとつが、トム・クルーズはじめとする俳優たちが飛行する本物のF/A-18Fのコックピットで演技したこと。劇中の高機動飛行で、あるいは空母からのカタパルト発艦で、高Gに顔が歪み体が捩れる様はすべて本物なのです。

『トップガン マーヴェリック』 © 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

「G」とは重力加速度のことで、ジェットコースターやエレベーターでも体感できますが、戦闘機パイロットの場合、4Gや6Gにもなります。

4Gというのは自分の体重が4倍になることですが、これは単純に3人分の重量を背負うのとは違います。全身の全部位が、手足はもちろん骨や内蔵(脳や心臓や眼球までも)がそれぞれ4倍の重さになるということです。

もちろん、健康には良くありません。アメリカ空軍の調査では、戦闘機パイロットを規定年数勤めた人たちの平均寿命は、一般的なアメリカ人の平均寿命より10年以上も短いとか。

また超高高度を飛ぶ特殊機のパイロットは、飛行前に純酸素を吸って血中脱窒素する必要があります。これも頻繁にやると健康に良くありません。

ド迫力のエア・アクション

現実的問題はさておき、『トップガン マーヴェリック』ではスーパーホーネットがベイパーを引き、コブラ機動、フレア(熱囮弾)連射などなど、一瞬たりとも目を離せない超絶的な高機動運動を見せてくれます。

それは、観ていて体が浮いてスクリーンに引き込まれるような迫力で、またS-125「ネヴァー」(NATO名称SA-3「ゴア」)地対空ミサイルがマーヴェリックらを追い詰めるシークエンスは思わず手に汗を握ります。

『トップガン マーヴェリック』 © 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ここではS-125地対空ミサイルが、旋回して躱そうとするF/A-18E/Fの前方にまわり込むように飛んでくるのに注目してください。ミサイルは目標機の後を追い掛けるように飛ぶのではなく、目標機の未来位置を目掛けて飛んでくるものなのです。

とにかく、飛行機ファンやミリタリーファンならば「F-35Cが!」「※※※も!」「###かよ!」と鑑賞後に盛り上がっちゃうこと間違いなしです。前作『トップガン』(そしてOAV『マクロスプラス』[1994年])で予習のうえ、ぜひ劇場に足を運んでいただければと思います。

『トップガン マーヴェリック』 © 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

文:大久保義信

『トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日(金)より全国公開中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『トップガン マーヴェリック』

アメリカのエリート・パイロットチーム“トップガン”。かつてない世界の危機を回避する、絶対不可能な【極秘ミッション】に直面していた。ミッション達成のため、チームに加わったのは、トップガン史上最高のパイロットでありながら、常識破りな性格で組織から追いやられた“マーヴェリック”だった。なぜ彼は、新世代トップガンとともにこのミッションに命を懸けるのか? タイムリミットは、すぐそこに迫っていた——。

監督:ジョセフ・コシンスキー
脚本:アーレン・クルーガー エリック・ウォーレン・シンガー クリストファー・マッカリー
製作:ジェリー・ブラッカイマー
音楽:ハロルド・フォルターメイヤー ハンス・ジマー

出演:トム・クルーズ マイルズ・テラー
   ジェニファー・コネリー エド・ハリス
   ヴァル・キルマー ジーン・ルイザ・ケリー
   ジョン・ハム グレン・パウエル ルイス・プルマン

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 現実の「トップガン」を 戦闘機目線で徹底解説!『トップガン マーヴェリック』 Gがキツくて寿命が縮む⁉