見世物小屋の愛と野心、そして悲劇! ギレルモ・デル・トロ『ナイトメア・アリー』アカデミー賞4部門ノミネート

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
見世物小屋の愛と野心、そして悲劇! ギレルモ・デル・トロ『ナイトメア・アリー』アカデミー賞4部門ノミネート
『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

暗い。暗いからこそ目が離せない。これはいったいどこまで暗いのか、と。

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2016年)でアカデミー賞作品賞、監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロの新作『ナイトメア・アリー』。原作小説には「悪夢小路」の邦題がついている。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

鉄壁のチームでアカデミー賞4部門ノミネート

物語が始まるのは1930年代の終わり。誰にも言えない過去を持つ流れ者のスタンは、カーニバルのサイドショー(見世物小屋)に潜り込み、仕事を得る。“獣人(ギーク)”が檻に閉じ込められ、怪力男や読心術が観客の目を奪う。一座を率いるクレムが語る“獣人の作り方”は、想像を絶する残酷さだ。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

読心術(のトリック)を身につけたスタンは、恋仲になったモリーとともに一座を抜け出し、都会に出て上流階級の人々を相手に成功を収める。サイドショーは怪しげだが、はぐれものたちが一種の家族を形成していた。しかし、都会にあるのは食うか食われるかの関係だけだ。リッター博士はカウンセリングを通してスタンと共犯関係となり、同時にお互いを操ろうとする。世渡りのうまさとカリスマ性でのし上がったスタンだが、最大の敵は自分の野心そのものだった。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

これまでSF、ファンタジーを得意としてきたデル・トロ。今回はリアルな30~40年代を舞台にしており、その点で新境地と言える。ただ、冒頭から一気に作品の世界観に引き込む力量は変わらず。それを支えるのは『シェイプ・オブ・ウォーター』から続投となるダン・ローストセンの撮影、タマラ・デヴェレルの美術だ。2人は衣装のルイス・セケイラとともに第94回アカデミー賞にノミネート。本作は作品賞のほか計4部門ノミネートとなった(撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞)。

『ナイトメア・アリー』メイキング©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

ブラッドリー・クーパーやケイト・ブランシェットら豪華共演

妖しく、しかし艶のある世界で蠢く登場人物たち。俳優陣の演技も素晴らしい。スタン役のブラッドリー・クーパーとリッター博士に扮したケイト・ブランシェットの“対決”を、デル・トロは「本作の最大の見もの」だと言う。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

ルーニー・マーラ演じるモリーの悲劇性、デル・トロ作品には欠かせないロン・パールマン。出てくるだけで画面をかっさらうウィレム・デフォー。スタッフ、キャストそれぞれがハイレベルで、そのマリアージュとして仕上がった『ナイトメア・アリー』は“映画を見る愉しみ”に満ちている。その意味では、方向性は違うけれどもスティーヴン・スピルバーグの『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より公開中)と双璧ではないか。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

暴走のようにも見える地獄めぐりの果て、スタンはそうなるしかない結末を迎える。あまりにも皮肉で、しかしそれは闇の中の救いのようにも思える。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

本作の撮影、画面作りに関して、デル・トロは「もっと暗く!」と言い続けたそうだ。納得、としか言いようがない。そして見終わった後、あらためて予告編も確認してほしい。

『ナイトメア・アリー』©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

文:橋本宗洋

『ナイトメア・アリー』は2022年3月25日より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ナイトメア・アリー』

成功への野心溢れる青年スタンがたどり着いたのは、人間か獣か正体不明な生き物を出し物にする怪しげなカーニバルの一座。そこで出会った読心術の達人から技を伝授されたスタンは、“感電ショー”で人気者だったモリーを誘ってショービジネスの世界での成功を目指して大都会へと旅立つ。やがてスタンは人を惹きつける才能と天性のカリスマ性を武器にトップのショーマンとなり、豪華なホテルのステージで上流階級の人々から拍手喝さいを浴びる日々を送る。だが、心理学博士のリリス・リッターとの出会いが、スタンの運命を大きく変えていく。さらなる野望のその先に待ち受けていた、想像もつかない闇とは──?

監督:ギレルモ・デル・トロ
脚本:ギレルモ・デル・トロ キム・モーガン
原作:ウィリアム・リンゼイ・グレシャム

出演:ブラッドリー・クーパー ケイト・ブランシェット
   トニ・コレット ウィレム・デフォー リチャード・ジェンキンス
   ルーニー・マーラ ロン・パールマン
   メアリー・スティーンバージェン デヴィッド・ストラザーン

制作年: 2021
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 見世物小屋の愛と野心、そして悲劇! ギレルモ・デル・トロ『ナイトメア・アリー』アカデミー賞4部門ノミネート