3つの注目ポイント!『THE BATMAN ザ・バットマン』 実際の未解決連続殺人をベースにした探偵ヒーロー劇

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:杉山すぴ豊
3つの注目ポイント!『THE BATMAN ザ・バットマン』 実際の未解決連続殺人をベースにした探偵ヒーロー劇
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

“ヒーロー未満”のバットマン映画

なるほど、こう来るか! 1989年のティム・バートン×マイケル・キートンの『バットマン』、2005年からのクリストファー・ノーラン×クリスチャン・ベイルの『バットマン・ビギンズ』に始まるダークナイト3部作、そして2016年からのザック・スナイダー×ベン・アフレックによる『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』――。大河ドラマの織田信長ぐらい、何度も新たなクリエーター&解釈でリブートされてきたバットマン。

いわゆるスーパーヒーロー的なバットマンだったベン・アフレック版に対し、最新作『THE BATMAN-ザ・バットマン-』はスーパーヒーローどころか、ヒーローとしても認められていないバットマンの物語です。ゴッサムの人々は突然現れた、このマント姿の自警団員(ヴィジランテ)をどう受け入れていいかわからない。そういう意味で、ブルースがバットマンになるまでをじっくり描いた『バットマン・ビギンズ』に似ていますが、それとの差別化を狙ったであろう3つの大きなポイントがあります。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

『ザバ』は“探偵”バットマン映画! 3つの注目ポイント

まずは“バットマンになるまで”、つまりデビュー年を描いた『バットマン・ビギンズ』に対し、本作は“バットマンになって2年目”の物語です。社会人でも学生でもそうですが、デビューまではなんとかなるけれど、自分がこれで&このままでいいのか? 的な迷いというのが2年目から始まります。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

乱暴な言い方をすれば、デビューは勢いでなんとかなるけれど、それを続けられるか? 的な不安と言いますか。今回のブルースはなんとかバットマンになったけれど、まだまだ素人みたいな戦い方をするし、街の人からも信頼されていない。そういう状況です。したがってクリスチャン・ベイルのブルースよりも、ロバート・パティンソンは精神的に不安定。それが伝わってきます。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

そしてバットマンとしての“準備”がまだできていなんですね。『ビギンズ』の時はルーシャス・フォックスがいてくれたので(笑)、バットスーツやバットモービル(バットタンブラー)等のガジェットも充実していたのですが、本作にはまだそういう物が出てこない。バットスーツは防弾仕様でケープ(マント)にも滑空機能等はあるのですが、そう、トム・ホランド版『スパイダーマン』シリーズ(2017年~)でピーターが、トニー・スタークの作ったスーツではなく手作りのコスチュームで活躍していましたよね。あんな感じです。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

なのでバットマンがそんなに強くない、というかヒーロー無双ではない。メンタル的にもグラついていて(だから相手をたたきのめす時に力の加減も知らない)、しかも装備が不十分。バットマンの本来持っていた強い意志、ハイテク・ガジェットといったヒーロー要素がなくて大丈夫なのか? しかし、ここに今までのバットマン映画で描かれてこなかった武器、“知性”が描かれます。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

実はバットマンの仇名には、ダークナイトの他に「ケープド・クルセーダー(マントをつけた救世主)」、そして「ワールズ・グレイテスト・ディテクティブ(世界最高の探偵)」というものがあります。今回のバットマンの武器はこの“探偵力”で、リドラーの謎解き犯罪を追っていくバットマン、というアプローチを取っています。リアル脱出ゲーム的なリドラーの挑発に翻弄されるバットマンなのです。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

新たなリドラー&キャットウーマンにも要注目!

今回のヴィランはリドラー。“リドル=なぞなぞ”に由来するキャラです(60年代のTVドラマ版が日本で放送された時は“ナゾラー”という名前で翻訳されていました)。ジョーカーにとって犯罪がジョークなら、リドラーにとって犯罪はゲームなのです。しかし、今回はコミックにはない設定を加えています。リドラーを連続殺人鬼にしたのです。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

監督のマット・リーヴスは、実際にアメリカで起こった連続殺人事件の容疑者ゾディアックを参考にしたといいます。したがって、本作はブラッド・ピット出演の『セブン』(1995年)っぽいです。正直に言うとヒーロー映画としてのケレン味は少ないですが、え! この先どうなるの? と、約3時間の上映時間を飽きさせない濃厚な映画になっています。

また、ゾーイ・クラヴィッツ演じるセリーナ(後のキャットウーマン)が想像以上に良かった。野良猫感が出ていて、ゴッサムの暗部でたくましく生き抜いてきた女性をうまく演じています。全体を通して見応え十分だし、このバットマンたちで続きを観たい! と思わせてくれました。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

なお、本作で描かれるゴッサムの治安は過去の映画シリーズにおけるゴッサムの中でもトップクラスの最悪さです(笑)。というわけで“悪徳の街”ツアーをたっぷりお楽しみください。

文:杉山すぴ豊

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は2022年3月11日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』

優しくもミステリアスな青年ブルースは、両親を殺害された社会への復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する存在の“バットマン”になろうとしている。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。彼は犯行の際、必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。いったい何のために犯行を繰り返すのか?そして暴かれる、政府の陰謀とブルースにまつわる過去の悪事や父親の罪…。追い詰められたその時、彼の心の中で、何かが音を立てて壊れ始めた―。あなたは世界の嘘を暴き、人間の本性を見抜けるか―。

監督:マット・リーヴス
脚本:マット・リーヴス マットソン・トムリン

出演:ロバート・パティンソン
   ポール・ダノ ゾーイ・クラヴィッツ
   ジョン・タトゥーロ アンディ・サーキス
   ジェフリー・ライト コリン・ファレル

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 3つの注目ポイント!『THE BATMAN ザ・バットマン』 実際の未解決連続殺人をベースにした探偵ヒーロー劇