“『ダークナイト』以来の最高のバットマン映画”『THE BATMAN-ザ・バットマン-』海外批評家・批評サイトで絶賛の嵐!?【読者プレゼントあり】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
“『ダークナイト』以来の最高のバットマン映画”『THE BATMAN-ザ・バットマン-』海外批評家・批評サイトで絶賛の嵐!?【読者プレゼントあり】
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

ロバート・パティンソン主演のバットマン映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』が2022年3月11日(金)に全国公開する。全米での公開を前に、海外の辛口映画評論家から「『ダークナイト』以来の最高のバットマン映画」と絶賛の嵐が巻き起こっているぞ!!

全世界が待ちわびたバットマン単独映画の本作は、クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト』トリロジー(2005年〜2012年)や『ジョーカー』(2019年)を彷彿とさせるような世界観のなかで、知能犯リドラーが社会に蔓延した<嘘>を暴いていく。最後の標的は、若き日の青年ブルース・ウェイン。彼の<嘘>が暴かれ、狂気に変貌していく姿が描かれる。葛藤しながらも“バットマン”になろうとする様子がミステリアスかつエモーショナルに展開されていく。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

本作のブルース・ウェイン役に抜擢されたのは、『ハリー・ポッター』(2001年〜2011年)『トワイライト』シリーズ(2008年〜2012年)で一躍人気俳優の仲間入りし、社会現象を巻き起こした『TENET テネット』(2020年)で主人公のバディ“ニール”を好演するなど、演技派俳優として再び注目を集めているロバート・パティンソン。キャットウーマン/セリーナ・カイルを『ファンタスティック・ビースト』シリーズ(2016年〜)のゾーイ・クラヴィッツが演じ、ペンギンをコリン・ファレル、ゴッサム市警察のジェームズ・ゴードンをジェフリー・ライトが演じる。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

ロッテントマトで96%の高評価!!『ダークナイト』以来の最高のバットマン映画との声

ヒース・レジャーによるジョーカーの好演が話題になった『ダークナイト』(2008年)は、アカデミー賞2部門で受賞。映画史に名を残す大作映画だったこともあり、『ダークナイト』と最新作『THE BATMAN-ザ・バットマン-』が比較されるのは必至だ。期待した評論家による酷評が噴出してもおかしくない中で、試写会で一足早く本作を鑑賞した海外の映画評論家から「『ダークナイト』以来の最高のバットマン映画」と非常に高い評価を得ていることがわかった。辛辣な批評で有名な米映画レビューサイトのロッテントマトでは96%の高評価を記録している。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

米The Hollywood Reporter誌のデヴィッド・ルーニーは、「ブルース・ウェインを演じるパティンソンは“引きつけられるような強さ”を持っていた。本作は、腐敗と混沌の魂の夜想曲であり、もう少しユーモアが欲しいと思ったが、3時間の長丁場の間、私の注意が逸れたことはなかった」と語る。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

米映画評論家のグレイス・ランドルフは、本作を「完璧な映画ではないが、それに近い作品だ」と評した。さらに、「ロバート・パティンソンはこの役を演じるために生まれてきた。これまでで最高のバットマン映画だと主張したい。」と語った。

バットマンとキャットウーマンの“ホット”な相性が明らかに!!

パティンソンの演技に称賛の声が集まるなかで、パティンソン演じるブルースとクラヴィッツ演じるキャットウーマンの相性の良さを高く評価する声もあがっている。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

米IGNのアレックス・ステッドマン「本作では、キャットウーマンを重厚に表現しており、私の高い期待値をも上回るものだった。しかし、パティンソンのブルースと同じように、彼女は信じられないほど弱く、復讐への飽くなき欲求を売りにしている。パティンソンは “俺が報復するんだ!”と叫んでいるかもしれないが、クラヴィッツの方が復讐の必要性を煮詰めている。さらに、2人の俳優の相性の良さは否定できない。バトルを繰り広げようが何しようが、そのすべてがとてもホットだ。ダノが演じるリドラーは、ヒース・レジャーが演じたジョーカー以来、実写版バットマンの悪役として最高の出来栄えだ。」と称賛した。

【プレゼント】『THE BATMAN-ザ・バットマン-』 オリジナルキーチェーン 3名様

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の公開を記念し、豪華なオリジナルグッズをプレゼント! 本作のオリジナルキーチェーンが3名様に抽選で当たる。参加方法は、BANGER!!!公式ツイッターをフォロー&本キャンペーンの投稿をリツイートするだけ。詳しくはBANGER!!!公式ツイッターをチェックしてほしい!!

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』は、2022年3月11日(金)より全国公開。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』© 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』

優しくもミステリアスな青年ブルースは、両親を殺害された社会への復讐を誓い、夜は黒いマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せ、悪と敵対する存在の“バットマン”になろうとしている。ある日、権力者が標的になった連続殺人事件が発生。その犯人を名乗るのは、史上最狂の知能犯リドラー。彼は犯行の際、必ず“なぞなぞ”を残し、警察や世界一優秀な探偵のブルースを挑発する。いったい何のために犯行を繰り返すのか?そして暴かれる、政府の陰謀とブルースにまつわる過去の悪事や父親の罪…。追い詰められたその時、彼の心の中で、何かが音を立てて壊れ始めた―。あなたは世界の嘘を暴き、人間の本性を見抜けるか―。

制作年: 2022
監督:
脚本:
出演:

PR

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • “『ダークナイト』以来の最高のバットマン映画”『THE BATMAN-ザ・バットマン-』海外批評家・批評サイトで絶賛の嵐!?【読者プレゼントあり】