『ブルース・ブラザース』ジョン・ベルーシの破天荒人生! 栄光と苦悩、衝撃の死を辿るドキュメンタリー『BELUSHI ベルーシ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
『ブルース・ブラザース』ジョン・ベルーシの破天荒人生! 栄光と苦悩、衝撃の死を辿るドキュメンタリー『BELUSHI ベルーシ』
『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

ジョン・ベルーシがいた時代

コメディ映画、あるいは音楽映画のオールタイム・ベスト1として『ブルース・ブラザース』(1980年)を挙げる人は多いんじゃないか。いや、「じゃないか」も何も筆者がそうなんだけれども。

相棒エルウッド(ダン・エイクロイド)と共に歌って踊ってカーチェイスと、大暴れするジェイク。演じるジョン・ベルーシは、クールであり愛嬌たっぷりでもあり可笑しくて狂っていて、その破天荒ぶりは他の映画やコメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ(SNL)』(1975年~)のスケッチ(コント)でも見られる。

本人と役のイメージが限りなく近いタイプ。だからこそなのか、その人生は全力疾走だった。コメディに命をかけて、その代償は麻薬の過剰摂取による夭逝。1982年、彼はまだ33歳だった。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

そんなベルーシの人生をドキュメンタリー映画にしたのは『ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている』(2021年)のR・J・カトラー。もちろん本人に取材するわけにはいかないが、ベルーシの妻ジュディスは自宅の地下室に音声テープや映像、写真、それに手紙を保管していた。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

加えて出演した映画、『SNL』などの映像、関係者たちのインタビューも。アニメパートもあるが、そこもインタビュー音声がベースで抑制が効いており、作品全体の中によくなじんでいる。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

レジェンド級の同期コメディアンたちが総出演

ベルーシはアルバニア移民の子として生まれた。父はダイナーを経営、後を継ぐことを期待されていたが、学生時代から演劇に夢中になる(と同時にアメフト選手でもあった)。映画は豊富な映像(写真)資料とインタビュー、ベルーシ本人の肉声から出世物語を描き出す。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

シカゴのコメディ劇団「セカンド・シティ」での活躍。ニューヨークではコメディ雑誌「ナショナル・ランプーン」のラジオショー。そして伝説の番組、数々のコメディアンを輩出し、映画スターも生み出した『SNL』第1期メンバーへ。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

映画はベルーシの軌跡をたどり、それは70年代から80年代にかけてのアメリカン・コメディ史にもつながってくる。インタビューで登場するのもエイクロイドにハロルド・ライミス、チェビー・チェイスといった同時代のコメディアンたちだ。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

『SNL』のオーディションでベルーシが披露したネタ。有名な「チーズバーガー」スケッチの裏話。チェイスへのライバル心。そして常に変わらない、エイクロイドの献身と2人の友情。それは本当にジェイクとエルウッドのようだ。

一方でジュディスへの手紙からは繊細さも伝わり、またネガティブな面も遠慮なく映し出される。あらゆる要素がベルーシなのだということだろう。そのショッキングな死まで、映画は丁寧に追っていく。ハリウッドで闘い、疲弊するベルーシにエイクロイドがかけた電話の内容も明らかになる。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

とても切ない。が、ベルーシがどれだけ激しく生きたか、それを周囲がどう支えたかもよく伝わってくる。よくある“ドラッグ残酷物語”ではなく、安易なトラウマ探しでもなく、そして何より、見終わった誰もがベルーシをそれまで以上に好きになっていることだろう。エンド・クレジットで流れる曲まで、たまらなく愛おしい。

『BELUSHI ベルーシ』Belushi © Passion Pictures (Films) Limited 2020. All Rights Reserved.

文:橋本宗洋

『BELUSHI ベルーシ』は2021年12月17日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『BELUSHI ベルーシ』

アルバニア移民の家庭に生まれ、よそ者と見られることに対しての処世術と成功への願望からか、幼少期から自然とユーモアを身につけたベルーシ。彼は、学生時代にはバンド活動や寸劇をするグループの中心人物として周りを笑わせる存在になる。その後、シカゴの即興コメディ劇団からキャリアをスタートし、その成功を機にニューヨークへ拠点を移す。舞台、ラジオ、TVや映画の他、ライブアルバムを発売すると大ヒット。話題が話題を呼び、あらゆるジャンルで大成功をおさめる。しかし、あまりにも早くアメリカン・コメディの象徴的存在になったことは、彼に大きなプレッシャーとなってのしかかっていき……。

制作年: 2020
監督:
出演:

ジャンル

  • BANGER!!!
  • 映画
  • 『ブルース・ブラザース』ジョン・ベルーシの破天荒人生! 栄光と苦悩、衝撃の死を辿るドキュメンタリー『BELUSHI ベルーシ』