観る者の神経をズタズタにする邪悪なホラー『ダーク・アンド・ウィケッド』スクリーンに映るのは“不幸”のみ!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
観る者の神経をズタズタにする邪悪なホラー『ダーク・アンド・ウィケッド』スクリーンに映るのは“不幸”のみ!
『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

心を奈落の底に突き堕とす“邪悪”な映画

世の中には“邪悪”なものが存在する。悪魔でも悪霊でも悪意でもいい。人を虐げ、追い詰め、狂わせ、死に至らしめる何かだ。『ダーク・アンド・ウィケッド』は、そんな“邪悪な存在”の餌食となった一家の悲惨な末路を描いた作品だ。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

ルイーズとマイケルの姉弟は疎遠になっていた両親の農場を訪れる。母ヴァージニアは長年、病気で寝たきりの夫の介護をしていた。姉弟は父の病状が悪化したと聞き、ようやく重い腰を上げたのだ。しかし、母は「来るなと言ったのに」と冷たい態度。介護疲れですっかりやつれた母。何かに怯えているようにも見え、もはや精神状態も普通ではなさそうだ。その様子を見た2人は「もっと早く来るべきだった」と後悔する。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

その夜、母はキッチンで自分の指を包丁でズタズタに切断し、羊小屋で首吊り自殺してしまう。一体、母はなぜこんなことをしたのか? 寝たきりの父をどうすればいいのか? 頭を抱えるルイーズとマイケルは、母の日記を発見。彼女にまとわりついていた“邪悪な存在”に気がつくのだが……。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

ホラー映画のトレンドには2つの波がある。一つは体をズタズタに切り裂く残酷描写で観客を興奮させる娯楽の波。もう一つは、救いようない厭な物語で精神をボロボロにする苦痛の波だ。そして、今は後者の波の出番。この波は根強いファンに長年崇められることが多い。近年ではアリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』(2018年)、『ミッドサマー』(2019年)、古くは日本未公開作にもかかわらず知名度の高い『The House With Laughing Windows(笑む窓のある家)』(1976年)、そして胸糞映画のレジェンド、未だ“ダンボール”が語り草の『セブン』(1995年)等、生きるのが辛くなる素晴らしい作品群だ。

もし、貴方がそんな精神を蝕む作品が好きなら、『ダーク・アンド・ウィケッド』は死ぬまで記憶に残る作品になるだろう。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

母の死、介護を要する父、幽霊、あり得ない現象の数々……

『ダーク・アンド・ウィケッド』で描かれるのは、月曜日から始まるたった1週間の出来事。7日間に厭なことをぎっしり詰め込んでいる。母ヴァージニアの疲れきった面構えから始まり、姉弟の焦燥しきった顔。片田舎にポツンとある寂れた農場。唐突な指切断に首吊り自殺。月曜からこのあり様である。映画が始まって20分で気が滅入り、劇場から逃げ出したくなる。

この映画を観ている我々同様、ルイーズとマイケルも逃げ出したいのだが、寝たきりの父を1人にするわけにはいかない。さらに父の介護を母1人に背負わせていた負い目が足枷となり、身動きがとれないのだ。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

母の日記を読むと、なにか“邪悪な存在”が彼女を苛んでいたようだ。しかし、2人は母が介護の苦労により鬱状態に陥ったと思い込むことで、それを否定する。しかし、水曜に母親の幽霊が現れ、木曜には何かが家の中を動き回り、あり得ない現象を見る。そして、週末には……。

連日連夜、ここに書き切れないほど暗く、忌まわしい現象を目の当たりにすることで、ようやく彼らは“邪悪の存在”を認めざるを得なくなる。何よりも恐ろしいのは、この現象が何を意味しているのか、サッパリ分からないことだ。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

この映画を見た貴方も確実に“邪悪な存在”の餌食になる

「悪魔なんて信じない。そもそも母は無神論者だった」という2人に、彼らを訪ねてきた神父が言う。

「信じるか否かは問題じゃない。人からの認識をオオカミが気にするか? 人間は獲物に過ぎない」

お分かりになるだろうか?「悪魔、悪霊、悪意などの“邪悪な存在”は、人間の認識など気にしない。人間はただの“獲物”」ということなのだ。まるで我々が豚や牛や鳥を食す時、ただ“肉”としか認識しないように。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

さらにこの存在は、恐ろしいことに“獲物”が虐げられれば虐げられるほど美味しくなると考えているフシがある。必要以上に父親を生かしつづけ、母親を追い込み、それを餌に姉弟を誘う。まんまとおびき寄せられた姉弟は、母親が自殺した罪悪感に苛まれる。そして厄災は2人だけに留まらず、周りの人々にまで影響していく。なんと卑劣な悪意であることか。

『ダーク・アンド・ウィケッド』は、巧妙かつ狡猾に“邪悪”が生活の中に入り込む様を表現している。それは背後に立つ人影、悪夢、幻覚、不条理な現象など様々な形で発現する。我々はルイーズとマイケルが翻弄され、魂を穢され、徹底的に虐げられた果てに屠られる様を、為す術なく見ているしかない。これがとても歯がゆい。彼らは彼らなりの理性を持って正常心を保とうとする。だが、“邪悪”の前に理性など無意味なのだ。そして一番恐ろしいのは、本作を見た貴方も確実に“邪悪な存在”の餌食になるということだ。

『ダーク・アンド・ウィケッド』© 2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved

信仰を飛び越えて“邪悪な存在”の恐怖を描いた、非常に意欲的なホラー映画『ダーク・アンド・ウィケッド』。貴方の信仰や信念とは関係なく、それは存在し、いつも我々につけいる隙をうかがっているのだ。ゆめゆめ注意されたし。

文:氏家譲寿(ナマニク)

『ダーク・アンド・ウィケッド』は2021年11月26日(金)より新宿シネマカリテほか全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ダーク・アンド・ウィケッド』

両親から離れてそれぞれ暮らすルイーズとマイケルの姉弟は、父の病状が悪化したとの報せを聞き、久方ぶりに生家であるテキサスの人里離れた農場を訪れる。父はそこで母に見守られ、ひっそりと最期を迎えようとしていた。ところが母は「来るなと言ったのに――」と彼らを突き放す。やがて彼らは両親の様子がおかしいことに気づく。そしてその夜、母が首を吊って亡くなった。それは彼らを待ち受ける想像を絶する恐怖の幕開けにすぎなかった。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 観る者の神経をズタズタにする邪悪なホラー『ダーク・アンド・ウィケッド』スクリーンに映るのは“不幸”のみ!