スペインの映画賞を席巻! 修道院少女たちの90’s思春期物語『スクールガールズ』背景にはバルセロナ五輪

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:野中モモ
スペインの映画賞を席巻! 修道院少女たちの90’s思春期物語『スクールガールズ』背景にはバルセロナ五輪
『スクールガールズ』©2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

スペイン中心に各地で26もの映画賞を受賞!

スペインの新人女性監督による、10代の少女の「大事件は起こらないけれど当人にとっては大問題の連続」である日常を描いた静かな映画だ。

『スクールガールズ』という英語の邦題、そして白いシャツとグレーのスカートの制服姿に赤い口紅があざやかな少女たちが並ぶポスターは、この作品を最大限にポップな娯楽作に寄せて切り取った見せ方だな、と思う。つまり、見せ方しだいでは「ヨーロッパの芸術映画です」という顔もできそうで、どちらの方向にも接続可能なところが、この映画の個性であり魅力だと言えるかもしれない。

『スクールガールズ』©2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

原題は『Las niñas(女の子たち)』。ピラール・パロメロ監督の長編デビュー作にして、ベルリン映画祭の新人監督賞にあたるクリスタルベア賞に、よくスペイン版アカデミー賞と呼ばれるゴヤ賞の作品賞・脚本賞など26もの映画賞を受賞。2020年のスペイン映画を代表する作品となったそうだ。

『スクールガールズ』©2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

長閑な地方都市・サラゴサが舞台の瑞々しい青春物語

主人公のセリア(アンドレア・ファンドス)は、スペイン北東部アラゴン州の州都サラゴサで母親とふたりで暮らすミドルティーンの少女。修道院付属の学校に通っている。灰色の修道服を着たシスターと制服の少女たちが集う教室の風景は時代の特定が難しいが、流れるニュースでバルセロナオリンピック開催に沸く1992年だとわかる。

無邪気な遊びに興するセリアの友達の輪に、ある日、バルセロナからの転校生ブリサが加わる。大人っぽいブリサと親しくなって新しい音楽を知り、ディスコに繰り出し、少しずつ経験を重ねて自分の世界を広げていくセリア。そのうち「素行不良」と咎められ、母親と衝突してしまう。

『スクールガールズ』©2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

当時のカトリックの修道院の教育は非常に保守的で、「伝統的な家族」の形成こそが尊く、結婚前に異性と親しくつきあうのは言語道断だと少女たちに教え込んでいる。その一方、夜のテレビでは俗っぽくてちょっとエッチな番組が平気で放映されている。そこにある矛盾と欺瞞をはっきり認識して告発するには至らないけれど、なんとなく戸惑い、寄る辺なく佇むばかりのあの感じ。この映画の舞台であるサラゴサに比べるとだいぶギラギラした東京に育った自分としても、10代の時間の記憶が生々しく蘇ってきた。

自分にも身に覚えのある感覚の描写から遠く離れた国に生きる少女や女性たちが近くに感じられてうれしいのと同時に、調度や街並みなど日本とは違う日常の風景も、往年の雑誌「Olive」的な雰囲気で好きな人にはたまらないだろう。友達の祖父母が経営する鄙びたカフェや雑木林のある通学路には、古い少女小説の愛読者もときめくこと間違いなしだ。

『スクールガールズ』©2020 Inicia Films, Bteam Prods, Las Niñas Majicas AIE

パロメロ監督は「しかし私たち――1992年に思春期を迎えた女性たちこそが、“勉強をし、独立して、なりたいものになれる” とはっきり感じることができた初めての世代だったのではないかと思います」と語っている。こぼれそうな大きな瞳が懐かしい少女漫画のような主演のアンドレア・ファンドスをはじめ、少女たちの愛くるしさだけでも十分に見応えがあるが、スペインの波乱の歴史を知れば知るほどたくさんのことが読み取れるようになるのだろう。さまざまな角度から吟味できそうな青春映画だ。

文:野中モモ

『スクールガールズ』は2021年9月17日(金)より新宿シネマカリテほか公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スクールガールズ』

1992年、バルセロナオリンピック開催に湧くスペイン。サラゴサの修道院に通う、母親と2人暮らしのセリア。バルセロナからやってきた大人びた転入生のブリサの影響で、新しい音楽、新しい遊びを知り、友人の姉たちともつるむようになる。しかしいつもの仲間とのゲーム中、ブリサに掛けられたある言葉をきっかけに、セリアは母親が決して話そうとしない真実に向き合うことになる。

制作年: 2020
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • スペインの映画賞を席巻! 修道院少女たちの90’s思春期物語『スクールガールズ』背景にはバルセロナ五輪