“最強の盲目老人”が少女を育てる!?『ドント・ブリーズ2』の予想を遥かに超える恐怖と狂気、そして贖罪

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:橋本宗洋
“最強の盲目老人”が少女を育てる!?『ドント・ブリーズ2』の予想を遥かに超える恐怖と狂気、そして贖罪

そうきたか……!

凄まじい緊張感と意外性で見る者を圧倒した『ドント・ブリーズ』(2016年)が帰ってきた。主役はもちろん“盲目の老人”。演じるはスティーヴン・ラングだ。

1作目同様、今回も彼の家に忍び込んだ不届き者がとてつもない“罰”を受けるのかと思いきや、『ドント・ブリーズ2』は意外なスタートを切る。老人が少女を育てているのだ。前作を見ている人間にとっては「そうきたか」という展開。

しかも老人が少女に向ける愛情は、どこか歪なようにも見える。少女は数ヶ月おきにしか外出が許されていないようだ。学校にも行かせてもらえない。いったいこの家で何が起きているのか。少女はどんな存在なのか。

謎が宙吊りにされたまま、映画はどんどん進んで観客を振り回す。老人の家に乗り込む謎の武装集団。そのリーダーは、老人の秘密を知っているようだ。

前作の魅力を踏襲しつつ、新たな地平に踏み込む

今回も、老人は盲目ゆえ“音”を頼りに闘う。元軍人で抜群の戦闘能力。ただし老人に襲われる恐怖ではなく、老人の孤独な闘いにポイントが置かれる。しかも少女を守りながら敵を倒さなくてはいけない。

前作の魅力を踏まえながらも、新しい見せ方になっているからまったく飽きないし、「えっ、これどうなるんだ?」が続く。意外な展開は最後まで途切れない。そしてストーリーが進むごとに映画は狂気の度を増し、壮絶なラストを迎える。その中で老人の“贖罪”も浮かび上がってくる。だか、考えてみればそれもまた異常なものかもしれないという複雑さ。

どこまでも一筋縄ではいかない内容が、98分という上映時間でタイトに描かれる。監督は前作で共同脚本を手がけたロド・サヤゲス。今回も(前作の脚本・監督である)フェデ・アルバレスと脚本を書いている。

恐怖、残酷描写たっぷりのバトル、そして何より「うわ、こんなんありかよ!」という展開。この続編も我々の予想を裏切り、かつ期待を大きく超えてくる。

文:橋本宗洋

『ドント・ブリーズ2』は2021年8月13日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ドント・ブリーズ2』

人気のない郊外の古びた屋敷に住む、ある盲目の老人。彼はその屋敷で一人の少女を大切に育て、二人だけで静かに暮らしていた――。その男こそ、8年前、強盗に押し入られた被害者として生きているが、実は強盗団を惨殺した過去をもつ、あの盲目の老人だった……。

ある日、謎の武装集団が老人の屋敷に静かに忍び込む。その目的は少女――。暗闇の中、全てを知り尽くした屋敷内で全員の抹殺を試みるも、訓練されていた集団は老人を襲い、火を放つ。命からがら炎の中から逃げ出したが、そこに少女の姿はない。目覚める狂気の怒り。老人は己の手で大切に育てた少女を取り戻すため、武装集団の後を追う……。

その集団はなぜ少女を狙うのか、少女はいったい何者なのか、老人はなぜ少女に固執するのか。全ての真実を知ったとき、前作を超える衝撃に息が止まる――。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • “最強の盲目老人”が少女を育てる!?『ドント・ブリーズ2』の予想を遥かに超える恐怖と狂気、そして贖罪