ジェジュン「グンちゃんが出てきてびっくり!」カメラの前で“裸の自分”をさらけ出した『ジェジュン:オン・ザ・ロード』【第2回】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
ジェジュン「グンちゃんが出てきてびっくり!」カメラの前で“裸の自分”をさらけ出した『ジェジュン:オン・ザ・ロード』【第2回】
ジェジュン

アジアを中心に圧倒的な人気を誇るアーティスト、ジェジュン。カメラの前でカリスマを放つポップスターとしての姿から、一人の青年に戻った貴重な姿を捉えた赤裸々ドキュメンタリー『ジェジュン:オン・ザ・ロード』が2021年7月2日(金)から公開となる。監督を務めたのは、日本でも大ヒットを記録した映画『私の頭の中の消しゴム』(2004年)で知られるイ・ジェハン監督だ。

韓国からオンラインでインタビューに参加してくれたジェジュンに、撮影のために訪れた故郷の町やひさしぶりに再会した旧友たち、そして日本のファンへの想いを聞くことができた。全3回にわたってお届けするインタビュー企画の第2回目をどうぞ!

「グンちゃんのインタビューを見た瞬間、びっくりしました!」

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』©STORY WORKS

―本作にはイ・ジェハン監督のほかにも、学校時代の友達や恩師が登場してらっしゃいますね。ひさしぶりにお会いしていかがでしたか?

印象深かったのは先生ですね。中学生の時の担任の先生なんですけど、すごくひさしぶりにお会いしたので、先生の顔を見た瞬間に胸が熱くなってきちゃって、とても興奮しました。ちょっとびっくりしたのが、グンちゃん(チャン・グンソク)が出てきたことですね。出演することを本当に知らなかったので、グンちゃんのインタビューを見た瞬間、びっくりしました!

―お食事のシーンなども公開されてましたね。

食事するシーンは2回ほど出てくると思います。兵役時代の仲間たちとか、最近仲良くしている芸能界の後輩たちとか。こうやって食事する姿を映像として皆さんに観てもらったことは今まで一度もなかったので、仲の良い友達を紹介できたことはすごく良いなと思いました。しかも映画撮影なので、カメラの前での仲間の姿が見られて、すごく楽しかったです(笑)。

どこまで素直な姿を見せてくれるのか? っていうところも面白かったですし、みんな意外と緊張しないで、僕と個人的にご飯会をする時よりも言っちゃいけない話をしたりして、困った場面もありました。すごく楽しかったですね。

―ご飯会の一つは、ジェジュンさんのご自宅ですよね?

そうですね。最近はお店でご飯を食べることよりも、おうちでのご飯会が多くなってきたので、あまり撮影っていう感じはしなかったかもしれないですね。ただ、後輩の2人が最初はカメラをすごく意識していて、「どうすればいいんだろう?」って思ってたんですけど、意外とすぐに自然な会話になってきて安心しました。

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』©STORY WORKS

―地元の公州市での撮影がとてもリラックスされていて、笑顔もたくさんあって印象的でした。ひさしぶりの地元はいかがでしたか?

子どもの頃でも、歩いて数時間くらいしかかからない大きさの町だったので、ひさしぶりに車を運転して市内を1周してみたら、10分ぐらいでした! こんなに狭かったんだなぁと思って。あの頃、こんな小さい町の中で、これだけ大きな夢を求めたっていうことだけで、子どもの頃の僕を褒めてあげたかったですね(笑)。「よくやったね!」って。

―ジェジュンさんが白い車を運転しながら大きな橋を渡るシーンが予告映像で公開されていますが、あの場所はジェジュンさんにとって、どんな場所なんでしょう?

作られてから100年くらい経った古くて小さい橋なんですが、僕にとっては子どもの頃からの思い出の橋なんです。小さな町だったので本当にやることがなくて、あの橋の下の川や湿原の中を歩いて遊んだりした、思い出深い場所です。その頃は橋や川をすごく大きく感じていたんですが、大人になってひさしぶりに行ってみたら「こんなに小さかったんだ!」と思いましたね。自分で車を運転してその橋の上を走るのが不思議でした。

昔、小学生の頃に自転車に乗ってその橋を渡っていると、五十歳ぐらいのおじちゃんに「お前らは若くて本当にいいな、羨ましいよ」って言われたんです。今回、車で渡りながら橋を歩いていた子どもたちを見て、まったく同じ気持ちになりました。「もうこれ以上、大人になりたくないな」って、あの時のおじさんの気持ちが少し分かりましたね(笑)。

―ポスターにも使われている、ジェジュンさんが大きなカメラを抱えたイ・ジェハン監督を笑顔で呼ぶ姿を撮影した草原も、素敵な場所ですね。

あそこは本当に“裸の自分”で、周りの環境を気にせず、自分の魂を開放できるような、一番自由を感じられる場所でしたね。あの場所で自由を感じさせたいというイメージ、自分だけが知っている自分の場所を、早く仲のいい友達に自慢したい! という気持ちでした。仕上がりもすごく綺麗な映像で、行ってよかったなと思いましたね。

あの場所の近くに恐竜博物館があるんです。正直に言うと恐竜にそこまで興味はないんですが、トイレがその博物館にしかないんですよ。トイレのために必ず行く場所なので、その博物館も印象深いですね(笑)。

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』©STORY WORKS

「ちゃんと自己管理して、いい笑顔で皆さんに向き合うことが一番大事」

―5月にファンクラブ限定で開催したオンラインライブは、1日で2公演合わせて4時間以上のライブとなったそうですが、久しぶりのライブはいかがでしたか?

もともと1月に行う予定のイベントだったんですが、ファンの皆さんを4ヶ月以上もお待たせしてしまったことが、すごく申し訳ない気持ちでした。そのぶん、ひさしぶりに皆さんとお会いできたイベントだったので、すごくうれしい気持ちもありました。でも、まだこうやってリモートでしか会うことができないのが、すごく悲しくて複雑で……。うれしさと悲しさを同時に感じる、複雑な気持ちでしたね。このようにリモートでもインタビューしていただけるのはありがたいことだと思うんですが、やっぱり皆さんと直接目を合わせて、日本のスタジオで撮影したり、お話したいです。当たり前だと思っていたことができなくなってしまって、残念です。

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』©STORY WORKS

―リモートでのイベント開催などには慣れましたか?

リモートでイベントやライブを開催したり、例えばこういった撮影とかインタビューもリモートでやっていただいているので、多少慣れたかもしれません。これ以上(この状況が)長くならないといいなと思いながらも、1年以上もこうやってお仕事をさせていただいていたので、そうなると見た目に関しては「リモートだったら衣装とかヘアメイクとか、もうちょっと適当でもいいんじゃないかな?」っていう気持ちも出てきちゃうんです。でも、そんな自分に負けず、逆にもっとちゃんと自己管理して、いい笑顔で皆さんに向き合うことが一番大事なんじゃないかなという気持ちで、一生懸命がんばりました。

<急遽開催決定>映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』生配信トークイベント付き上映

出演:ジェジュン、MC 古家正亨(予定・敬称略)

開催日時:2021年7月3日(土)9:20回(上映後トーク) 、12:20回(上映前トーク)

料金:2,800円均一(税込)※各種前売券使用不可

実施劇場:全国30劇場 実施劇場はこちら

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』は2021年7月2日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ジェジュン:オン・ザ・ロード』

日韓で活躍するアーティスト、ジェジュン。これまでの彼の人生を辿りながら、その真髄に迫る感動的なドキュメンタリー映画。ステージで見せるアーティストの姿ではなく、まっさらな一人の青年としての悩みや価値観、夢、そして音楽活動における思いなど、飾らずに語る姿をイ・ジェハン監督が密着して映し出した。

制作年: 2021
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • ジェジュン「グンちゃんが出てきてびっくり!」カメラの前で“裸の自分”をさらけ出した『ジェジュン:オン・ザ・ロード』【第2回】