マ・ドンソク史上屈指の張り手が炸裂!?『スタートアップ!』は人生の“始動”を描いたほろ苦い群像コメディ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
マ・ドンソク史上屈指の張り手が炸裂!?『スタートアップ!』は人生の“始動”を描いたほろ苦い群像コメディ
『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

「梨泰院クラス」(2020年)や『神と共に』シリーズ(2017~2018年)、『ヒットマン エージェント:ジュン』(2020年)などWEBマンガ原作のドラマ/映画が社会現象を巻き起こしている昨今。あのマ・ドンソク&期待の若手俳優たちが集結し、ダークな青春映画『グローリーデイ』(2015年)の新鋭チェ・ジョンヨル監督が正反対の方向性で青年たちの成長を描いた話題作『スタートアップ!』も、大ヒットWEBマンガを原作とするコメディ映画だ。

『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

とにかくマブリーのクセが強すぎ! 対する他キャストも若手実力派が集結

まず一見して、主人公の一人コソク兄さんを演じるマブリーことマ・ドンソクの強烈なキャラクターが頭から離れないだろう。本作におけるマブリーは「自分がどう喋り、どう動けば面白いのか」ということをとことん理解していて、またそれが観客の求めるマブリー像とマッチしているものだから、終始ニヤニヤが止まらない。

おなじみのガチムチ・ボディになぜかワンレンボブという素っ頓狂なビジュアルながら出オチというわけではなく、じわじわツボを突いてくる緩急のあるギャグ描写が秀逸。もはやトレードマークとなっている“張り手”も惜しみなく連発しまくるので、マブリー・スラップ不足の方は本作で急ぎ補給されたし。

メイン主人公のケンカ最弱不良少年テギルを演じるのは、『それだけが、僕の世界』(2018年)でサヴァン症候群を抱える青年を見事に演じ、年老いた母とイ・ビョンホン演じる兄との不器用な愛情で涙を搾り取ったパク・ジョンミン。ムーブ的には菅田将暉っぽいセンスを感じるキレの良さで、その面白さは日本の観客にも受け入れやすいはず。なお悪友サンピルを演じるチョン・ヘインは、人気恋愛ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」(2018年)で年下スマイリー癒やし系男子を演じ日本でも人気が爆発中のイケメンなので、もはや説明の必要はないだろう。

『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

女手ひとつでテギルを育ててきた激烈ビンタ母ジョンへを演じるのは、『スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班』(2019年)で冷徹な警察課長を演じたヨム・ジョンア。そして赤い髪が印象的なアウトロー少女ギョンジュを、本作が映画デビュー作となる新星チェ・ソンウンが演じているのだが、彼女は『アトミック・ブロンド』(2017年)ばりの“女性によるリアルなアクション”で物語をピリリと引き締め、第25回春史映画祭で新人女優賞を獲得している要注目株。その確かな演技力と存在感に誰もが目を奪われることうけあいだ。

期待の新人チェ・ソンウンがアツい! 同調圧力や性差別に抗うクールな格闘少女を好演

高校を中退し無ケーカクな日々を送るテギルは、いつもどおりバカをやらかし警察に補導され、母にぶん殴られて衝動的に家出。流れ着いた街でフラリと寄った食堂でクセの強すぎる料理長コソクと出会ったことにより、住み込みで働くうちにさまざまなトラブルに見舞われながらも、労働で給料を得る喜びなどを知り少しずつ成長していく。

『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

同じく家出少女らしいギョンジュは、不条理な性差別や上下関係にストレスを感じている女性の代弁者的キャラクター。社会に拠り所のない若い女性であり、その険しさに対抗するためのスキルとしての格闘術を操るという女性であり、気丈な精神力と鋭い視線が観る者にも突き刺さる。正直言ってギョンジュが一番きつい重荷を背負っているような気もするが、ともあれ期待の新人ソンウンが実力を証明した、彼女の出演シーンのためだけに観ても損はないくらいのインパクトを放っている。

いっぽう痴呆気味の祖母と二人暮らしのサンピルは一足早く社会に出るのだが、勤め先は絵に描いたようなブラック企業(というかヤクザな闇金)。このあたりは同国で00年以降顕著になった深刻な消費者金融絡みの事件がベースになっていると思われ、その横暴さは壮絶なクライマックスへの布石にもなっているので要注目。そして放蕩息子の将来を案じる母の愛やひとり親の苦労も描き、ここぞというところで覚悟を決めた母親の強さを見せるなど、コメディであっても手を抜かない骨太な演出が見事だ。

『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

見どころはぶっ飛びマブリーだけにあらず! つらい現実を通してたどり着く爽やかな結論

そういった悲喜こもごもがTWICEを聴いて踊りまくるマブリーの強烈さで全部ふっ飛びそうになるのだが、終盤、どうにも掴みどころのないコソクと優しすぎる食堂オーナー(演じるのは『1987、ある闘いの真実』[2017年]など名作に出まくりの静かなる名優キム・ジョンス)の秘められた過去が明かされる展開は号泣&燃え不可避で、静かにガッツポーズ! ……という、マブリー使いがいちいち完璧な本作。韓国裏社会の描写も気が利いていて、韓国映画ファンならば思わずオッ! と声が出そうな配役も嬉しい(ここは観てのお楽しみ)。

『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

また、『パラサイト 半地下の家族』(2019年)のチャパグリ並みにチャジャンミョン(ジャージャー麺)が印象的にフィーチャーされていて、口内がすっかり辛味噌ダレの味になってしまうこと必至。WEBマンガ原作ものならではのヤンマガ/ヤンサン感もあって、ダメ不良がズタボロになりながらも“本当に大切なこと”に気づいていくという王道ストーリーには、誰もがすんなり入り込めるはずだ。数世代にわたる個性的なキャラクターたちが人生を“始動”し生き方にケジメをつける、ほろ苦くもほっこりのラストをぜひ劇場で味わってほしい。

『スタートアップ!』© 2019 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & FILMMAKERS R&K. All Rights Reserved.

『スタートアップ!』は2020年10月23日(金)より公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『スタートアップ!』

学校も嫌いで家も嫌い、ましてや勉強なんか大っ嫌いだと反抗し、母親に1日1発強烈ビンタを食らう少年テギル。親友サンピルが早くお金を稼ぎたい一心で社会に飛び込んだ時、あてもなく家を飛び出したテギルは偶然入ったチャンプン飯店でただならぬオーラを放つ厨房長コソクに出会う。激しすぎる挨拶を交わし、その直後から人生最大の敵となったコソクとテギル。怖いもの知らずだったテギルはチャンプン飯店で奇想天外な人間たちと出会い、世の中を学んでいくのだが……。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • マ・ドンソク史上屈指の張り手が炸裂!?『スタートアップ!』は人生の“始動”を描いたほろ苦い群像コメディ