驚愕の実話を映画化! 北欧の人気女優は二重スパイだった!?『ソニア ナチスの女スパイ』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:野中モモ
驚愕の実話を映画化! 北欧の人気女優は二重スパイだった!?『ソニア ナチスの女スパイ』
『ソニア ナチスの女スパイ』Copyright © 2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark - All rights reserved

二重スパイとして暗躍した女優の実話に基づくWW2サスペンス!

第二次世界大戦の終結から75年。当時を知る世代はもはやどんどん鬼籍に入ってしまっているが、ヨーロッパでナチス・ドイツが力を振るった時代を描く映画は現在もなお次々に制作されている。

近年はドイツの政治の中枢で起こっていたことや戦場の最前線、苛烈なユダヤ人差別から戦争犯罪を追求するシリアスなドラマだけでなく、さまざまなアプローチでこの時代を掘り起こす作品が生まれているようだ。北欧でナチスの高官たちと交流し、二重スパイとして諜報活動に携わることになった実在の女優ソニア・ヴィーゲットの実話にもとづいた『ソニア ナチスの女スパイ』も、そのひとつと言えるだろう。

『ソニア ナチスの女スパイ』Copyright © 2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark – All rights reserved

女優ソニア・ヴィーゲット(イングリッド・ボルゾ・ベルダル)は、ナチス占領下のノルウェーで映画や舞台に出演していた。ナチスの国家弁務官 ヨーゼフ・テアボーフェン(アレクサンダー・シェーア)は彼女の人気に目をつけ、プロパガンダに利用しようと接触を図る。その一方、ソニアはスウェーデンの諜報部から、ナチスに潜入して情報収集をおこなうよう要請される。一旦は断ったソニアだが、反戦を訴えて逮捕された父親の釈放を求め、危険な任務を引き受けることを承諾するのだった。ソニアは首尾よくテアボーフェンに接近し、ナチスの高官たちからの信頼を得るのだが、今度はナチスのスパイとして北欧諸国の情報を探るよう求められてしまう。

『ソニア ナチスの女スパイ』Copyright © 2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark – All rights reserved

その美しさゆえ政治的な思惑に巻き込まれた「ナチスに協力的な女優」の真の姿とは……?

美しく人目を引く存在だったゆえに、さまざまな思惑が渦巻き力と力が衝突する場から逃れることを許されなかった女性の物語だ。タイトルロールを演じるイングリッド・ボルゾ・ベルダルは、ちょっとニコール・キッドマンに似た雰囲気のこってりした美女。ノルウェー出身で、ドウェイン・ジョンソン主演の『ヘラクレス』(2014年)やHBOのドラマ『ウエストワールド』(2016年~)など、国際的に活躍中のアクターだ。30~40年代の女優らしいドラマチックな衣装を着こなし、歌声も披露してくれる。

『ソニア ナチスの女スパイ』Copyright © 2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark – All rights reserved

ソニアと恋に落ちるハンガリーの外交官を演じるのは、ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップの共演で注目を集めた『プラネタリウム』(2016年)のダミアン・シャペル。ジャズに憧れ、アメリカに渡ることを夢みる優しげな眼鏡のインテリ男性というキャラクターは、一部の人々のハートに刺さるだろう。

『ソニア ナチスの女スパイ』Copyright © 2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark – All rights reserved

ソニア・ヴィーケットは晩年をスペインで過ごし、1980年に亡くなった。戦後も女優として活動していたが、一般には「ナチスに協力的な女優」というイメージが付いてしまい、おおかた忘れられた存在となっていたそうだ。彼女が実はスウェーデン側に協力していたことは、2005年に関連文書が公開されてから明らかになった。なので、「ナチスの女スパイ」という邦題は、ちょっと誤った期待を生んでしまうかもしれない。

『ソニア ナチスの女スパイ』Copyright © 2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark – All rights reserved

“人気者”が手にする特権とリスク、その社会的影響力は、今もなお私たちを悩ませてやまない問題だ。たとえば、好きなアイドルが倫理的に正しいとは言えない企業の宣伝に起用されたり、「桜を見る会」で疑惑の人物と一緒に写真に収まっていたりするのを見て苦々しい思いをしてきたような人は、生き残りをかけて難しい判断を迫られ続けるソニアの葛藤がひときわ身につまされるのではないだろうか。

文:野中モモ

『ソニア ナチスの女スパイ』は2020年9月11日(金)より公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ソニア ナチスの女スパイ』

第二次世界大戦中のナチス占領下のノルウェーで、ソニア・ヴィーゲットは女優として活躍していた。その人気に目を付けたナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェンは、彼女をプロパガンダに利用しようと画策する。

その一方でソニアはノルウェーの隣国スウェーデンの諜報部から、スパイとしてナチスに潜入することを要請される。戦線を拡大させて諸国に侵攻していくナチ・ドイツをスウェーデンは警戒し、情報収集に躍起になっていた。

一度はその要請を拒否するソニアであったが、逮捕された父親を解放させるため、テアボーフェンに接近して彼の邸宅に潜入することに成功。次第にテアボーフェンの寵愛を受け、信頼も得るようになったソニアは、ある日、彼からあることを依頼される。それは、ナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集することであった……。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • 驚愕の実話を映画化! 北欧の人気女優は二重スパイだった!?『ソニア ナチスの女スパイ』