ブラピの最狂乱闘シーンに効いた小道具とは?タランティーノが柳楽優弥に語る『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
ブラピの最狂乱闘シーンに効いた小道具とは?タランティーノが柳楽優弥に語る『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
クエンティン・タランティーノ監督、柳楽優弥

 

2004年に是枝裕和監督の『誰も知らない』で親に置き去りにされた4人兄妹の長男・明を演じ、カンヌ映画祭で最優秀男優賞に輝いた俳優・柳楽優弥。その時の審査委員長がクエンティン・タランティーノ。柳楽は中学校の中間試験のため、授賞式前に帰国し、カンヌ映画祭では直接会うことがなかった。このたび、タランティーノ監督が最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を引っ提げ来日したことにより、15年の時を経て日本での対談が実現した。映画トークに始まり、カンヌ映画祭の裏話まで飛び出した前半戦。後半の本記事では、タランティーノ監督と柳楽が『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の魅力を語る。そして対談の最後に柳楽から監督へサプライズ・プレゼントも!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

ブラピが吸う“〇〇漬けタバコ”のアイデアは撮影直前に思いついたネタだった!?

柳楽:本作にもマスタングが登場しますね。僕はマスタングがとても好きなんです。監督はマスタングに乗っていますか? どの年代のマスタングが好きですか?

タランティーノ:俺は8年前にリリースされたマスタングに乗っているよ。『キル・ビル』(2003年)カラーにペイントされていて、全体は黄色で、黒いストライプが入っているんだ。

―柳楽さんが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で、いちばん印象に残ったシーンは?

柳楽:レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという大スター2人の共演、そしてマーゴット・ロビーの可愛い笑顔、これだけでも贅沢で、ドーーーン!と衝撃を感じる作品でした。特に、最後の13分は笑いが止まらなかったし、本当に面白かったです。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの2人なら、実際に起きた凄惨な事件を、映画を通して奇跡を起こしてしまう。映画だからとは言え、ここで起こるミラクルな奇跡は本当に魅力的でした。

特に印象に残っているのは、ブラッド・ピットがLSDのタバコを吸って覚醒しているシーンですね。最高でした(笑)。

タランティーノ:ブラッドは最高だったね! LSDタバコのシーンは台本にも入れたよ。このシーンがどう生まれたかというと、本作の参考になるかと思って、フラワーチルドレンをテーマにしたドキュメンタリーを観たんだ。そしたらフラワーチルドレンが車に乗っている人たちに“LSDタバコ”を売っているシーンがあって、「ワオ! マジでそんなことしてたの!?」って驚いてさ。そこで閃いて、ブラッドに「例えばマンソン・ファミリーに会う前に、LSDタバコを吸うのはどう?」と提案してみたんだ。ブラットと僕は「マジかよ。本当にやるの?」「やってみようぜ! 最高じゃないか」なんて話をしたよ。それで、LSDタバコのシーンを台本に入れたんだ。

そしたらスタジオの上層部が、完成した映画を観て「ブラッドがLSDタバコでフラフラになるなんて、もともと脚本に書いてあったか?」と尋ねてきた。だから「最後に急に思いついてさ!」と答えたんだ(笑)。

タランティーノ監督へ柳楽からオリジナル法被を贈呈

タランティーノと柳楽自身を『レザボア・ドッグス』風イラストが入ったオリジナルデザイン。

柳楽:タランティーノ監督にプレゼントを持ってきました!

タランティーノ:嬉しいね! 開けてみてもいいかい?

柳楽:もちろん! タランティーノ監督のために法被を作ってきたんです。

タランティーノ:おお、めちゃくちゃカッコいい!

柳楽:背面にはタランティーノ監督と僕の似顔絵で、サングラスは『レザボア・ドッグス』をイメージしています。そして僕が今度、映画で演じる葛飾北斎(※柳楽優弥×田中泯W主演『HOKUSAI』2020年初夏に公開予定)の代表作「冨嶽三十六景」をデザインに入れました。両衿に僕の名前「柳楽優弥」と「九縁手韻多乱帝野(クエンティン・タランティーノ)」の名前を漢字で書いています。いちばん縁起のいい画数にしました。

タランティーノ:マジかよ~! 最高じゃないか。デザインも美しいし、よく出来ているね。ありがとう!

激レア対談の興奮冷めやらぬ柳楽にクールダウンも兼ねて単独インタビュー

―実際にタランティーノ監督に会ってみて、いかがでしたか?

柳楽:迫力ありましたね(笑)。陽気な性格で、とても話しやすい方でした。ずっとご本人に聞きたかったことを直接聞けましたし、とてもいい時間でした。

―タランティーノ監督に売り込みはできましたか?

柳楽:残念ながら、できませんでした(笑)。ただ、いつかタランティーノ監督に選んでもらいたいですね。最後に、僕からタランティーノ監督に手紙を渡したんです。また会えるといいなと思い、メールアドレスを書いておきました。

―柳楽さんがデザインした法被をタランティーノ監督に直接渡すことができましたね。

柳楽:そうですね、法被を渡せて良かったです。漢字で“クエンティン・タランティーノ”と入れたのですが、画数もちゃんと調べて、大吉になるようにしました。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』も大ヒットすることを願っています!

タランティーノが15年前の柳楽優弥(『誰も知らない』)にカンヌ映画祭男優賞を授与したワケ

【スペシャル・プレゼント】

BANGER!!!の公式Twitter(@BANGER_JP)フォロー&リツイートで、柳楽優弥&クエンティン・タランティーノ監督の直筆サイン入りポスターを1名様にプレゼント!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日(金)より公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

レオナルド・ディカプリオ × ブラッド・ピット初共演!
1969年8月9日、事件は起こった。この二人にも ─ ラスト13分、映画史が変わる。

制作年: 2019
監督:
出演:
  • BANGER!!!
  • 映画
  • ブラピの最狂乱闘シーンに効いた小道具とは?タランティーノが柳楽優弥に語る『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』