篠原涼子×岩田剛典が語るNetflix『金魚妻』“地上波では難しい”体当たりラブストーリーに挑戦!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:SYO
篠原涼子×岩田剛典が語るNetflix『金魚妻』“地上波では難しい”体当たりラブストーリーに挑戦!
『金魚妻』(左から)岩田剛典、篠原涼子

篠原涼子と岩田剛典、体当たりのラブストーリー

黒澤Rによる漫画シリーズを実写ドラマ化したNetflixオリジナルシリーズ『金魚妻』が、2022年2月14日より世界独占配信中。タワーマンションに暮らす人妻たちが、様々な事情から一線を越えていくさまをセンセーショナルに描く。

Netflixシリーズ「金魚妻」は、2022年2月14日(月)Netflixにて全世界同時配信予定

本作でNetflix作品に初出演した篠原涼子と岩田剛典は、夫(安藤政信)に暴力を振るわれてしまう妻・さくらと、彼女に惹かれていく青年・春斗を熱演。繊細な心情表現や、濃密なラブシーンにも果敢に挑戦した。

今回は、篠原と岩田にインタビュー。作品の舞台裏を紐解きつつ、Netflixのヘビーユーザーでもあるふたりに、表現者としてのNetflixの魅力も語っていただいた。

地上波では難しい挑戦が詰まった作品

『金魚妻』(左から)岩田剛典、篠原涼子

―『金魚妻』のオファーを受けた際の第一印象はいかがでしたか?

篠原:私はすごく興味津々で、「やりたい」と即答しました。地上波では難しい表現に挑戦できるチャンスでしたし、内容も刺激的な部分だけではなくしっかりしたドラマが描かれているため、安心して臨めると感じました。

岩田:僕も「挑戦したい」と感じて、お受けしました。俗にいう「体当たり」といった表現がぴったりな作品だと思いますが、そういった部分にも惹かれました。

Netflixシリーズ『金魚妻』全世界独占配信中

―いま岩田さんがおっしゃったとおり、内面・肉体ともに体当たりの演技が求められたかと思います。おふたりはどんな準備をして臨んだのでしょう?

篠原:今回は肌の露出があるので、ドラマのストーリーをぶち壊さないようにしなければ! と思い、身体作りは多少行いました。内面に関しては、さくらは弱い部分はあれど、芯の強さがちゃんとある人物だと感じています。そのため、そうした“強さ”を挟めるように心がけていました。

岩田:準備をたくさんしたということはないのですが、心の持ちようとして独りよがりにならないように、篠原さんと芝居の“呼吸”を合わせることは心がけていました。ちゃんと目の前の相手を観て、その場の空気をつかんで本番でよいものを出せるように。

とはいえ、ずっと意識してその場にいたというよりは、自然と良い雰囲気になっていった印象です。身体に関しては、ツアー中だったら正直もっとすごいですよ(笑)。

篠原:ええっ! そうなんだ(笑)。

『金魚妻』篠原涼子

―撮影前にはリスペクト・トレーニング(ハラスメント防止のための研修)も受講されたと伺いました。

篠原:リスペクト・トレーニングは初めてだったので、最初は「どう受けたらいいんだろう」とも思っていたのですが、やってみて良かったです。自分自身もスタッフの皆さんもそうかと思いますが、みんなで一度話すことで、しっかりと線を作る大切さを学びました。そうした共通認識を持ったうえで現場に入ったからこそ、阿吽の呼吸で挑戦できたと感じます。

岩田:そうですね。僕自身、リスペクト・トレーニングという言葉自体を知らなかったですし、センシティブなシーンの撮影も初めてでした。そういったなかで丁寧に進めてくださるので、演者はすごく安心できたんじゃないでしょうか。

想像以上の演技が引き出された第8話

『金魚妻』岩田剛典

―先ほど“呼吸”のお話がありましたが、撮影中におふたりの化学反応・相乗効果が起こったシーンで印象的なものはありましたか?

篠原:今回はすごくたくさんあった印象です。

岩田:そうですね。

篠原:セリフで伝える単純な動きも良いのですが、今回はもっと奥が深い大人のラブストーリーにしたいと思っていました。人物の考え方も表層的なものではなく、より人間らしく見せたかったんです。「心情の芝居をがっつり表現したい」という想いを持って現場に臨むと、相手によって表現の仕方がどんどん変わっていくんですよね。

現場に立っているシチュエーションやカメラのアングル、監督の想いを受けてセッションの中で作っていくものですから、自分自身の芯は持ったうえで臨んでいましたね。

岩田:僕がすごく覚えているのは、第8話でお互いが思いのたけをさらけ出すシーンです。撮影も終盤で、長回しで一発撮りのような感じで撮影しました。自分自身も台本を読んで想像していた以上に気持ちが高まって、演技が引き出されましたね。

―配信が始まった直後ですが、何か反響は届いていますか?

篠原:先ほどスタッフさんから「良い反響が来ている」とお聞きして、ほっとしたところです(笑)。

岩田:最初のリアクションが良かったと聞いて、うれしかったですね。まだ配信された直後ですから、ここからどんどん反響を感じていくのかなと思っています。

『金魚妻』篠原涼子

―ここまでお話しいただいたように、おふたりにとっても“挑戦”がたくさん詰まった作品だったかと思います。得たものの自己消化であったり、今現在の心境はいかがでしょうか。

篠原:私はこれまで、「この作品でこれを得た。じゃあ次」と結びつけるタイプではなかったのですが、「この作品をどのように作って、主人公をどんな女性にしていこうか」ということを、こんなにたくさん考えたのは初めてかもしれません。肌の露出のことも含めて緊張はありましたが、やっぱり緊張しすぎると固くなってしまう。「よし、やろう!」という気持ちに切り替えられた経験は、今後につながる大きな糧になったように感じています。

岩田:初めてのチャレンジが多くあった作品でしたが、初めてならではの緊張や集中、その際の気持ちは、もう二度と得られるものではないですよね。次に同じシチュエーションになったとしても、心持ちは絶対に変わっていると思うんです。そういった意味で、絶対に成長はしていると感じます。ただ、今はこの作品がより多くの方に届いて、しかもNetflix作品だから海外の方も観てくださって、どんな反響が出るかのほうが大きいですね。それこそ、そこから次のお仕事につながるきっかけがあるかもしれませんし。

Netflixシリーズ『金魚妻』全世界独占配信中

いま「出てみたい」と思う作品は……

―それこそ本年度の第94回アカデミー賞で最多ノミネートを果たした『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(2021年)はNetflixオリジナル作品です。国内でもどんどん存在感が増している印象ですが、おふたりはどう捉えていますか?

篠原:私自身、Netflixは頻繁に観ていてすごく面白い作品ばかりだと感じますし、例えば同じアジア圏の方々に「日本にはこういう作品がある」と認識していただきたいと思います。

今回も海外の方の目線や視点、作り方を遠くからではありますが見させていただき、すごく勉強になりました。様々な意見がぶつかりあうのはすり合わせに時間もかかるし、スムーズにいかないこともある。でも、多くの意見を取り入れるからこそいいものが生まれるなとも感じました。

岩田:僕もNetflixは本当によく利用していて、そういった枠組みに参加させていただけるのはうれしかったですね。会員登録していれば、新作が配信されたらボタン一つで観られますし、無限にチョイスできる。「この時間に合わせてリビングにいる」というわけでもないから、本当に手軽ですよね。

あとやっぱり、Netflix作品はとにかく脚本が面白い! 一度観たら止まらなくなりますし、優秀としか言いようがありません(笑)。

『金魚妻』岩田剛典

―Netflix作品のヘビーユーザーであるおふたりが、「こういった作品に出てみたい!」と思うものはありますか?

篠原:私は非現実的なものに惹かれますね。日常の“あるある”がいっぱい詰まった作品も面白いのですが、やっぱり私たちは夢を売る商売ですし、「こんなのありえない、でも面白い!」と思えるような作品にいまは興味を持っています。

岩田:僕もSFが好きなので、すごくわかります。『ブラック・ミラー』シリーズのような、フィクションと現実の狭間のような世界に憧れますね。パラレルワールドも面白そうですし。『ストレンジャー・シングス 未知の世界』も、結構ぶっ飛んだ設定じゃないですか。

篠原:うんうん。

岩田:そうした描きづらそうなところにリスクを冒してチャレンジして、かつそれでいて画がおしゃれな作品に参加してみたいです。

取材・文:SYO

撮影:川野結李歌

Netflixシリーズ『金魚妻』全世界独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『金魚妻』

風情ある風景が残る下町に隣接する高層タワーマンションの最上階。平賀さくら(篠原涼子)は、ある事故をきっかけに美容師としての夢を諦め、結婚。多数のサロンを手がける夫と、誰もが羨む華やかな人生を歩んでいるかと思われていたが、実は夫からのDV、そしてモラハラに苦しむ日々を送っていた。それでもサロンの共同経営者としての仕事を自分の居場所と信じ、夫から離れることが出来ないさくらは、偶然立ち寄った金魚屋で運命的な出会いを果たす。金魚鉢の中で泳ぐ“金魚”に自分を重ねるさくらと、彼女をまっすぐに見つめる春斗。やがて、夫の暴力が限界となって家から逃げ出したさくらは、春斗と一線を超えてしまう。それは刹那的な逃避なのか、それとも運命の恋なのかー。

制作年: 2022
出演:

ジャンル

  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 篠原涼子×岩田剛典が語るNetflix『金魚妻』“地上波では難しい”体当たりラブストーリーに挑戦!