MCU×ディズニープラス『ホークアイ』1&2話考察! あのキャラはどう絡む? 今後の展開は? 嬉しい驚き満載のクリスマスドラマ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:杉山すぴ豊
MCU×ディズニープラス『ホークアイ』1&2話考察! あのキャラはどう絡む? 今後の展開は? 嬉しい驚き満載のクリスマスドラマ
『ホークアイ』©2021 Marvel

ドラマ『ホークアイ』ついに始動!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)×ディズニープラスによる待望の新ドラマシリーズ『ホークアイ』がいよいよスタート。アベンジャーズの立ち上げメンバーであり、神技ともいうべき弓の使い手“ホークアイ”ことクリント・バートンの冒険を描きます。

『ホークアイ』©2021 Marvel

サノスとの戦いを経てヒーロー業を引退したクリント。クリスマス前の休暇を子どもたちと共にNYで過ごし、さあ我が家に帰ってクリスマスを祝おうという時にトラブルに巻き込まれます。しかも、その事件は自分の過去と関係がある。放っておくわけにはいかない。はたしてクリントは無事、問題を解決し家族とクリスマスを過ごせるのか? ……というタイムサスペンス(笑)になっています。

『ホークアイ』©2021 Marvel

ここにケイトという若き弓の名手が絡んでくる。彼女は原作コミックでは2代目ホークアイとなる女性です。ひょんなことからケイトとクリントはコンビを組むことになります。

とにかくこの2人のかけあいが楽しい。父と娘くらい年の離れた師弟コンビの運命はいかに、といった感じです。

『ホークアイ』©2021 Marvel

アベンジャーズ唯一の“普通の人間”ホークアイの悲喜こもごも

それにしても、連続ドラマというフォーマットでホークアイの物語を描くというのは、いい選択だったと思います。ホークアイことクリントはアベンジャーズの中でもスーパーパワーを持たない普通の人間であり、家族持ちであり、基本はいい人ですがロキに洗脳され人を殺してしまったり、ローニンとして凶行を繰り返したりと複雑な過去がある。さらに、現在はヒーローを引退した普通のおじさんという、とても“描きがいのある”ネタを持った人物です。ホークアイの素晴らしいアクションは映画で何度も観てきましたが、今度はそんなキャラクターならではのユニークな部分をじっくり堪能できそうです。

『ホークアイ』©2021 Marvel

そして、この時期に『ホークアイ』をリリースしたマーベルの戦略も見事です。というのも、いま映画館では『エターナルズ』を上映しています。『エターナルズ』では地球そのものの存亡をかけ、神のような能力を持つ超人たちが壮大な戦いを繰り広げます。それに対し『ホークアイ』は、NYの街でジャージを着たギャングたちと小競り合いをしているわけです(笑)。

『ホークアイ』©2021 Marvel

かたやエピック・バトル、かたやストリート・ファイト。話のスケールが全然違いますが、どっちも同じくらい面白い。しかも、この2つは同じ世界観の中のお話なのです。この幅の広さ、懐の深さがMCUの魅力でしょうか。

『ホークアイ』©2021 Marvel

フローレンス・ピュー演じる新ブラック・ウィドウはどう絡む?

本作は全体的に明るいバディ・アクションですが、この事件の発端は闇落ちしたクリントがローニンというダーク・ヒーローになって悪人どもを殺しまくっていた過去(このへんのくだりは『アベンジャーズ/エンドゲーム』[2019年]で描かれています)に由来するもの。また、ケイトが弓の技を身に付けヒーローになろうと決心したきっかけは『アベンジャーズ』(2012年)のクライマックス、NYでの戦いに巻き込まれ父親を失ったことでした。

『ホークアイ』©2021 Marvel

こうした過去が、この先の2人の運命にどういう影響を与えるのかが気になります。またクリントは、やはりブラック・ウィドウことナターシャの死をまだ引きずっています。実は、このドラマには新ブラック・ウィドウことエレーナが登場することが決まっています。

映画『ブラック・ウィドウ』(2020年)を観た方ならもうお分かりですが、エレーナは“姉”であるナターシャの死の責任はクリントにあると思っています。この2人がどういう気持ちで会うのか(もしくは戦うのか)……。というわけでドラマが進むにつれて、ちょっとシリアスな展開になっていくかもしれませんね。

『ホークアイ』©2021 Marvel

ソーズマン、エコー、もしかしてデアデビルも!?

さて、このドラマにはジャックという、ケイトの義理の父になるかもしれない怪しげな男が出てきますが、彼は原作コミックでは“ソーズマン”という剣使いのヴィランです。コミックではクリントの師匠でもありました。果たしてコミック同様、ジャックとクリントに因果関係があるのでしょうか? また第2話の最後に出てきた謎の女性は“エコー”というキャラクターです。彼女はもともと「デアデビル」のコミックでデビューし、デアデビルとの関係も深い。もしかすると『ホークアイ』にデアデビルが登場するきっかけになるかもしれません!

『ホークアイ』©2021 Marvel

ジェレミー・レナーがクリントを演じて10年くらい経っているので、『アベンジャーズ』の頃よりぐっと渋くなっていますが、それゆえに引退したヒーローが後継者としてケイトを育てる、という設定が活きてきます。そしてそして、ケイト役のヘイリー・スタインフェルドが最高に素敵! 僕は『エターナルズ』のセルシ役のジェンマ・チャンに心を奪われましたが、ヘイリーも好きになっちゃいそう。これからのMCUでの活躍も楽しみです!

『ホークアイ』©2021 Marvel

文:杉山すぴ豊

『ホークアイ』はディズニープラスで独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『ホークアイ』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後のニューヨークが舞台。アベンジャーズを辞めたい男・ホークアイのただ一つの願いは、家族と平穏なクリスマスを過ごすこと。けれども、彼の過去に関わる事件が起こり、トラブルに巻き込まれていくことに…。アベンジャーズになりたい若き弓の使い手、ケイト・ビショップがホークアイの戦いに加わるが、果たして彼はニューヨークを舞台にした壮大な戦いを切り抜け、クリスマスを無事迎えることができるのか。

制作年: 2021
出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • MCU×ディズニープラス『ホークアイ』1&2話考察! あのキャラはどう絡む? 今後の展開は? 嬉しい驚き満載のクリスマスドラマ