『恋はDeepに』ツンデレ綾野剛が恋に振り回される姿に胸キュン! 新感覚“考察系”恋愛ドラマ

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:菜本かな
『恋はDeepに』ツンデレ綾野剛が恋に振り回される姿に胸キュン! 新感覚“考察系”恋愛ドラマ
「恋はDeepに」Huluで配信中
©NTV

SNSで考察を楽しめる点にヒットの要因あり?

「私、人間じゃないの」――『恋はDeepに』(日本テレビ系)第4話、ヒロイン・渚海音(石原さとみ)の口から驚きの事実が明かされた。

本作は、海を愛する海洋学者・海音と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野剛)が、巨大マリンリゾートの開発をめぐって出会い、運命的な恋に落ちるラブコメディ。……しかし、どうやらただのラブコメではないようだ。

放送開始前から「ヒロインには誰もがあっと驚くあるヒミツがある」と明かされており、「人魚姫なのでは?」「もしかして魚なのかな?」など、さまざまな考察が飛び交った。

考察といえば近年、『あなたの番です』(2019年)や『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年)など、SNSで話題に挙がる“考察系ドラマ”がヒットを飛ばしている。『恋はDeepに』も、「海音の正体は?」と視聴者に考察をさせる点では“考察系ドラマ”だ。本作はそこにラブ要素を組み合わせた、新ジャンルの “考察系恋愛ドラマ”と言えるだろう。

「キュンキュンするラブストーリーを観たい」という視聴者層と、SNSで考察を楽しみながら視聴する層。双方からの支持を集めたからか、初回放送の見逃し配信が日本テレビ歴代1位を記録するなど大きな反響を集めている。

「恋はDeepに」Huluで配信中
©NTV

“魔性のモテキャラ”じゃない! 振り回される綾野剛にキュン

本作の見どころとして外せないのが、綾野剛の胸キュン演技。2020年9月に放送されたラジオ「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で「ラブコメとかやりたい」と明かしていた綾野にとって、本作はまさに念願の“王道ラブコメ”だったのかもしれない。

寒そうにしている海音の手をそっと握ったり、着ていたコートをかけてあげたり……。第2話、エレベーターに閉じ込められるシーンなどはラブストーリーのお約束とも言えるが、クールな印象の綾野が演じることでベタになりすぎない。じわじわと心の距離を縮めていく様を、繊細に演じきっている。

綾野×恋愛といえば、『空飛ぶ広報室』(2013年)など純朴で恋に一途な好青年を演じた作品もあったが、『最高の離婚』(2013年)や、映画『ピース オブ ケイク』(2015年)のように、周囲の女性たちを振り回してしまう“魔性のモテキャラ” の印象が強い。そのため、『恋はDeepに』で「(海音に)騙されてんのかな?」と戸惑い悩むシーンなどは、彼の新たな表情を見られたような気がした。

back numberが歌う主題歌「怪盗」を聴いた綾野は、こんなコメントを寄せている。

誰かが誰かを愛おしいと思う気持ちは人種を遥かに超えて世界を変えることができる。

「どんな事情を抱えていようが、絶対に守る」と誓った倫太郎。海音が地上にいることができるリミットが迫るにつれ、2人の恋はさらに加速していくはずだ。どんなに切ないラストになったとしても、しっかり見届けたいと思う。

文:菜本かな

『恋はDeepに』はHuluで配信中、日本テレビ系で毎週水曜よる10時放送

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『恋はDeepに』

海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎。巨大マリンリゾートの開発をめぐり出会った2人。海を守りたい女と、その計画に人生をかける男。住む世界がまるで違う2人が、やがて運命的な恋に落ちる。しかし、その恋はかつてないほど禁断だった! ……なぜなら彼女には、誰もが驚くあるヒミツがあった!! 彼女は何者? そして、2人の恋の行方は!?

制作年: 2021
出演:
声の出演:
  • BANGER!!!
  • ドラマ
  • 『恋はDeepに』ツンデレ綾野剛が恋に振り回される姿に胸キュン! 新感覚“考察系”恋愛ドラマ