全力で、山田康雄さんと小林清志さんにぶつかっていく 『LUPIN ZERO』声優 畠中祐×武内駿輔インタビュー【後編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:BANGER!!! 編集部
全力で、山田康雄さんと小林清志さんにぶつかっていく 『LUPIN ZERO』声優 畠中祐×武内駿輔インタビュー【後編】
『LUPIN ZERO』原作︓モンキー・パンチ ©TMS

ルパン三世の“少年時代”を描いたスピンオフアニメ『LUPIN ZERO』(ルパン ゼロ)が、2022年12月16日(金)よりDMM TVにて独占配信中だ。

まだ何者でもない少年ルパンが高度経済成長期の日本を駆け回り、世紀の大泥棒になるまでのビギニングを描く『LUPIN ZERO』。主人公・ルパンを演じる畠中祐と、のちの相棒・次元を演じる武内駿輔のインタビュー後編をお届けする。

畠中祐 武内駿輔

お互いの「尊敬しているところ」は?

―お話を伺っていると、おふたりからも“相棒感”を強く感じます。ルパンにかけまして、お互いから「盗みたいこと」はありますか?

武内:役者から始まった大先輩たちが作り上げた文化という工程も含めて、僕は“声優”が好きなんです。そして、祐はやっぱり役者だと思います。アウトプット先としてたまたま声優という仕事が多いけれど、根っこの部分はすごく泥くさい。誰も見ていなくても、たぶん芝居をやると思うんですよ。いっさい食えなかったとしても、たぶん芝居から逃れられない。その根底の熱量というか、生き様をすごく盗みたいなと思います。歌もうまいしダンスもうまいし、もちろんエンタメ力もある。そういうところを僕はすごくリスペクトしていますし、見習っていかなくちゃいけないところですね。

畠中:本人が言っているとおり、声優という職業を愛しているから探求心がものすごい。好きだからこそ付けてきた知識なんだなって。吹き替えの話でも、「この人のこの芝居がすごいよかったんだ」って聞かせてもらったら「すごい。たしかにこれは素晴らしい」と感じるんです。耳の聴こえ方も尋常じゃないですね。

武内:だって、すごいんだもん(笑)。

畠中:ちゃんと、“良いものは良いもの”として捉えている。それを自分のものにしようとするところもすごいんですよ。“好き”というものが根源にないと決してできない努力を積み重ねている。恐ろしいなと思いますよ。

畠中祐

武内:今回の作品にも言えることですが、やっぱり先輩たちのやっていることに対して「すごい」で終わっちゃダメなんですよね。先輩を超えていくっていうのが、僕ら後輩の仕事なんじゃないかなって思う。そうでないと文化が衰退していってしまうと思うし。

それは『LUPIN ZERO』においても大事にしていきたいところだと思ったから、全力で、どんなに下手くそでも山田康雄さんと小林清志さんにぶつかっていく、みたいな。「後ろで何て言われるかな」と想像しながら、自分自身で作っていきました。「俺はこういう風にしたいんだよ」ということに乗っかってくれる祐の懐の広さとかも尊敬する。タメ口で喋っていますけど、たまに「お兄ちゃんだな」と思うところもありますよ。

畠中:圧倒的に、お前が今“お兄ちゃん感”あるけどね(笑)。

武内:(笑)。

畠中:お互いに尊敬し合うところがあるからこそタッグが組めるんだと思うし、見ていてものすごく身が引き締まりますね。「(特別なことは)何もやってないよ」って感じの風貌だけど、彼も照れ屋なので。

武内:いいよ、そういうの!(笑)

畠中:誰よりも真面目だと思いますね。

武内駿輔

「少年ルパンと少年次元を演じ続けたい」

―作中では、ルパンの印象的なアドリブシーンが数多くありましたね。

畠中:「ぐ~るぐるぐるぐる」「どっか~ん!」「ほわ~!」みたいなのを、ずっと入れていました。監督から言われたアドリブもありますし、(アドリブを付けていくのは)大変だなと思いましたね(笑)。

―収録では、そのときそのときでアドリブを入れることを意識されたのでしょうか?

畠中:そうですね。もしくは武内くんがアドリブしたところに乗っかって、みたいな感じです。

『LUPIN ZERO』原作︓モンキー・パンチ ©TMS

―物語の舞台が学園ですが、武内さんがルパンと次元のクラスメイトだったとしたら、どんな絡み方をしたいですか?

武内:どうですかねえ(笑)。ルパンとはうまくやれそうな感じがありますけど、次元には基本的に近付けないと思います。ルパンみたいにずけずけ来る人がいないと、次元もしっかり対面しないと思うんですよね。屋上でルパンと一緒に「チンチロ」(サイコロを用いたゲーム)をするかもしれないです。

―すごくイメージできました(笑)。

武内:「また負けたよ~。あ~あ。お前がパンおごりな」とか言ってね(笑)。

『LUPIN ZERO』原作︓モンキー・パンチ ©TMS

―『LUPIN ZERO』ではルパンと次元の新たな旅立ちが描かれていますが、作品のさらなる展開を期待する部分はありますか?

武内:6話で終わる美学もあるし、僕らも少年ルパンと少年次元を演じる機会は欲しいなって思うよね。

畠中:(今後の展開は)求めてくれたときなんじゃないかなと思います。「この続きが観たい!」と思ったら、素直に言ってもらいたいかもしれない(笑)。

武内:たしかに言ってほしい!(笑)

畠中:頑張った甲斐があるしね。僕らもこうやってルパンに出会えて、ルパンのことが大好きになったので、これからも関わっていきたいという気持ちはあります。

畠中祐 武内駿輔

取材・文:BANGER!!!編集部
撮影:落合由夏

『LUPIN ZERO』はDMM TVで2022年12月16日(金)より独占配信中

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

『LUPIN ZERO』

少年は、如何にして“ルパン三世”となったのか?

1967年に連載を開始した、モンキー・パンチの人気漫画『ルパン三世』。
その後さまざまなメディアで、世界を股にかけて活躍してきた世紀の大泥棒にも、まだ青い「少年時代」があった……。

『LUPIN ZERO』は、ベールに包まれた彼のビギニングをついに描き出す。
舞台は、原作連載当初の昭和30年(1960年)代。まだ何者でもない「少年ルパン」が、高度経済成長期の日本を駆け巡る!
少年と悪党のスリルある対決。父親・ルパン二世や、祖父・ルパン一世との因縁。そして、のちの相棒・次元との出会い……。
原作でも描かれている「少年ルパン」編からヒントを得つつ、懐かしくも新しいオリジナルストーリーが展開される。

原作:モンキー・パンチ 
監督:酒向大輔

声の出演:畠中祐 武内駿輔
     早見沙織 行成とあ
     安原義人 古川登志夫

制作年: 2022
  • BANGER!!!
  • アニメ
  • 全力で、山田康雄さんと小林清志さんにぶつかっていく 『LUPIN ZERO』声優 畠中祐×武内駿輔インタビュー【後編】