• Facebook
  • Twitter
  • LINE

第72回カンヌ映画祭特集 2019年5月14日(火)から2019年5月25日(土)第72回カンヌ映画祭特集 2019年5月14日(火)から2019年5月25日(土)

© Photo : La Pointe courte / 1994 Agnès Varda and her children – Montage & design : Flore Maquin

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

5/25(土) 授賞式 ムービープラスで日本独占生中継!

今年の審査員長は、『バベル』で監督賞受賞のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。いま最も勢いのあるメキシコ人監督だ。
BANGER!!!では関連作品紹介はもちろん、現地からの最新情報をTwitterでお届け!
最高賞パルム・ドールの行方は、CS映画専門チャンネル ムービープラスの授賞式生中継でチェックしよう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

第72回カンヌ映画祭の記事一覧

現地からの最新情報はバンガーのTwitterをチェック!現地からの最新情報はバンガーのTwitterをチェック!
映画専門チャンネル ムービープラス カンヌ映画祭 日本オフィシャル・ブロードキャスター カンヌ映画祭授賞式 日本独占生中継!5月25日(土)翌01:15から映画専門チャンネル ムービープラス カンヌ映画祭 日本オフィシャル・ブロードキャスター カンヌ映画祭授賞式 日本独占生中継!5月25日(土)翌01:15から

出品作一覧

コンペティション部門

  • 『死者は死なない(原題)』[原題:THE DEAD DON’T DIE]  監督:ジム・ジャームッシュ / 出演:アダム・ドライヴァー、クロエ・セヴィニー、ビル・マーレイ、セレーナ・ゴメス、ティルダ・スウィントン、スティーヴ・ブシェミ

    死者は死なないO-
    Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

    ジャームッシュ は53年オハイオ州アクロン生まれ。出世作『ストレンジャー・ザン・パラダイス』で第37回カンヌ映画祭カメラ・ドール受賞。これまで7度コンペティションにエントリーし、『ミステリー・トレイン』で芸術貢献賞、『ブロークン・フラワーズ』でグランプリ受賞。8度目のエントリーとなる『死者は死なない(原題)』はゾンビ映画のパロディで、アダム・ドライヴァー、クロエ・セヴィニー、ビル・マーレイの警官トリオが、墓から蘇ったゾンビと対決する。
    (配給:ロングライド)

    死者は死なないO-
    Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.
  • 【男優賞】アントニオ・バンデラス
    『苦悩と栄光(原題)』
    [原題:DOLOR Y GLORIA(PAIN AND GLORY)] 監督:ペドロ・アルモドバル / 出演:アントニオ・バンデラス、ペネロペ・クルス

    アルモドバルは49年スペインのカルサーダ・デ・カラトラーバ生まれ。スペインを代表する名監督。99年『オール・アバウト・マイマザー』でカンヌ映画祭コンペティションに初登場し、監督賞、06年『ボルベール<帰郷>』で脚本賞を受賞。6度目のパルム・ドール挑戦となる『苦悩と栄光(原題)』は、映画監督が自分の過去でしてきた数々の決断を回顧するというストーリーで、主演はアントニオ・バンデラス、ペネロペ・クルス。

  • 『裏切り者(原題)』[原題:IL TRADITORE(THE TRAITOR)]  監督:マルコ・ベロッキオ / 出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ルイジ・ロ・カーショ

    ベロッキオは39年イタリアのピアチェンツァ生まれ。今まで6度コンペティションにエントリーし、一度も受賞がないのが不思議なイタリアを代表する名匠。『裏切り者(原題)』は実在のシチリア・マフィアのボスで警察の内通者となった男を描いた実録物。主演は『天使と悪魔』でオリヴェッティ刑事を演じたピエルフランチェスコ・ファヴィーノ。

  • 【パルム・ドール】
    『Parasite(英題)』
    [原題:GISAENGCHUNG(PARASITE)]  監督:ポン・ジュノ / 出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・ヘジン

    ポン・ジュノは69年韓国大邱生まれ。前作『オクジャ/okja』がネット配信作品としてクローズアップされたことは彼にとって本意ではないだろう。『母なる証明』以来、10年ぶりに韓国で製作した『Parasite(英題)』は、似ているようで似ていない家族と似ていないようで似ている家族の心理サスペンスで、寄生虫は出てこない。主演はソン・ガンホ。
    (配給:ビターズ・エンド)

  • 【監督賞】ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ監督
    『アフメド少年(原題)』
    [原題:YOUNG AHMED]  監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ

    ジャン=ピエールは51年、リュックは54年ベルギー、リエージュ生まれ。99年『ロゼッタ』、05年『ある子供』で2度パルム・ドールを受賞、08年『ロルナの祈り』で脚本賞、11年『少年と自転車』でグランプリ受賞の名匠。緊張感溢れるドキュメンタリータッチの作風が特徴。『アフメド少年(原題)』は、8度目のコンペティション・エントリー作で、イスラム系ベルギー人の少年が、イスラム過激思想に染まって教師を殺そうとする。

  • 『お慈悲を!(原題)』[原題:OH MERCY!]  監督:アルノー・デプレシャン / 出演:レア・セドゥ、ロシュディ・ゼム、サラ・フォレスティエ、アントワーヌ・レナルツ

    デプレシャンは60年フランス、ルーベ生まれ。92年『魂を救え!』でコンペティションに初登場。以来、フランスで最もパルム・ドールに近い若手と言われ続けたが、未だに無冠。『お慈悲を!(原題)』は6本目のコンペティション作で、仏題は[ルーベ、ある光]といい、故郷ルーベを舞台に、老女の惨殺事件を解決しようとする警察署長を描く。

  • 『野鴨の湖(原題)』[原題:NAN FANG CHE ZHAN DE JU HUI(THE WILD GOOSE LAKE)]  監督:ディアオ・イーナン / 出演:リャオ・ファン、フー・ゴー、グイ・ルンメイ

    ディアオ・イーナンは69年中国西安生まれ。『スパイシー・ラブスープ』、『こころの湯』などの脚本を務め、03年『制服』で監督デビュー、ロッテルダム映画祭、バンクーバー映画祭で受賞。07年ある視点に『夜行列車』出品。14年、3作目の『薄氷の殺人』でベルリン映画祭金熊賞と男優賞受賞。『野鴨の湖(原題)』は初のコンペティション作品。出演は『薄氷の殺人』のリャオ・ファン、フー・ゴー、グイ・ルンメイ。

  • 【審査員特別グランプリ】
    『アトランティック(原題)』
    [原題:ATLANTICS]  監督:マティ・ディオップ

    マティ・ディオップは82年生まれ。セネガルの映画監督ジブリル・ジオップ・マンベティの姪で、父は作曲家ワシス・ディオップ。13年に初の長編ドキュメンタリー『千の太陽』が各国の映画祭で上映され、注目を集める。『アトランティック(原題)』は長編劇映画デビュー作で、コンペティション初登場。女優としても活躍中。

  • 『マティアスとマクシム(原題)』[原題:MATTHIAS AND MAXIME]  監督:グザヴィエ・ドラン / 出演:ハリス・ディキンソン、グザヴィエ・ドラン、アンヌ・ドルヴァル

    ドランは89年カナダ、モントリオール生まれ。09年、監督デビュー作『マイ・マザー』を第62回カンヌ映画祭監督週間に出品し、3賞を独占。10年『胸騒ぎの恋人』、12年『私はロランス』をある視点部門に出品、14年『Mommy/マミー』 で初コンペティション、審査員賞、16年『たかが世界の終わり』でグランプリ受賞。今年いよいよ念願のパルム・ドール獲りに挑む。『マティアスとマクシム(原題)』はケベック州を舞台にした20代後半の若者達を描くもの。タイトルロールのマクシムをドラン自身が演じる。

  • 【女優賞】エミリー・ビーチャム
    『リトル・ジョー(原題)』
    [原題:LITTLE JOE]  監督:ジェシカ・ハウスナー / 出演:エミリー・ビーチャム、ベン・ウィショー、ケリー・フォックス、リアン・ベスト

    ハウスナーは72年オーストリア、ウィーン生まれ。99年の中編『インター・ヴュー』をシネフォンダシオンに、01年『Lovely Rita ラブリー・リタ』、04年『Hotel ホテル』、14年『狂った愛』をある視点部門に出品。『Lovely Rita ラブリー・リタ』と09年ヴェネツィア映画祭のコンペティションに出品した『ルルドの泉で』は日本公開されている。『リトル・ジョー(原題)』は、遺伝子操作で誕生した、人間を幸せにするはずの新種の花をめぐる物語。主演はTVシリーズ<バッドランド ~最後の戦士~>のエミリー・ビーチャム、他にベン・ウィショー、ケリー・フォックス。

  • 『メクトゥブ、我が愛 間奏曲(原題)』[原題:MEKTOUB, MY LOVE: INTERMEZZO]  監督:アブデラティフ・ケシシュ

    ケシシュは60年チュニジアのチュニス生まれ。07年『クスクス粒の秘密』でヴェネツィア映画祭審査員特別賞受賞。13年『アデル、ブルーは熱い色』でパルム・ドール受賞。『メクトゥブ、我が愛 間奏曲(原題)』は、パリから南仏の港町に戻ってきた青年の恋愛遍歴を描いた17年『メクトゥブ、我が愛 第1の歌(原題)』の続編。メクトゥブとはアラビア語で運命のこと。

  • 『君達に会えなくてごめん(原題)』[原題:SORRY WE MISSED YOU]  監督:ケン・ローチ / 出演:Kris Hitchen、Debbie Honeywood

    ローチは36年イギリス、ノニートン生まれでコンペティション最年長の82歳。コンペティションに13回エントリー、06年『麦の穂を揺らす風』、16年『わたしは、ダニエル・ブレイク』で2度パルム・ドール受賞。常に弱者の側に立つ社会派。『君達に会えなくてごめん(原題)』は、借金で破産の危機に瀕し、自営で宅配業を始めるために新しいバンを買おうと奔走する夫と、介護士の妻、二人の子供がイギリスの現実に直面する。

  • 【審査員賞】
    『レ・ミゼラブル(原題)』
    [原題:LES MISÉRABLES]  監督:ラディ・リ / 出演:Damien Bonnard、Alexis Manenti

    ラディ・リは80年パリ生まれ。俳優から監督に転身し、一貫して“バンリュー”と呼ばれるパリ郊外の犯罪多発地区の問題を取り上げてきた。『レ・ミゼラブル(原題)』は17年にセザール賞にノミネートした短編を長編映画化したもので、パリ郊外モンフェルメイユで犯罪を取り締まる機動隊の隊員たちを描く。モンフェルメイユは、ヴィクトル・ユゴーの名作<レ・ミゼラブル>の舞台でもある。

  • 『隠された人生(原題)』[原題:A HIDDEN LIFE]  監督:テレンス・マリック / 出演:アウグスト・ディール、マティアス・スーナールツ、ミカエル・ニクヴィスト

    マリックは43年イリノイ州オタワ生まれ。79年『天国の日々』で監督賞、11年『ツリー・オブ・ライフ』でパルム・ドール受賞。3度目のコンペティション登場となる『隠された人生(原題)』は、ナチスに反対して良心的兵役拒否者となったオーストリア人を描いたもの。主演はアウグスト・ディール、ミカエル・ニクヴィスト、マティアス・スーナールツ他。ブルーノ・ガンツの遺作でもある。

  • 【審査員賞】
    『夜鷹(原題)』
    [原題:BACURAU]  監督:クレベル・メンドンサ・フィロ&フリアノ・ドルネレス / 出演:ウド・キア、ソニア・ブラガ

    クレベル・メンドンサ・フィロは68年ブラジル生まれ。16年『アクエリアス』でカンヌのコンペティション初登場。フリアノ・ドルネレスはプロデューサーで『アクエリアス』では美術を担当。『夜鷹(原題)』は、ブラジル奥地の村にドキュメンタリーを撮影しに行った監督が、村人達が危険な秘密を隠していることに気づく。

  • 『口笛を吹く人々(原題)』[原題:LA GOMERA(THE WHISTLERS)]  監督:コルネリュ・ポルンボイュ / 出演:ヴラド・イヴァノフ、カトリネル・マーロン

    ポルンボイユは75年ルーマニア生まれ。06年『ブカレストの東、12時08分』でカメラ・ドール受賞。09年『ポリス、形容詞(原題)』である視点部門審査員賞、15年『トレジャー オトナタチの贈り物』である視点部門ある才能賞受賞。『口笛を吹く人々(原題)』は、犯罪に手を染めたブカレストの刑事を主人公にした犯罪スリラーで、題名の意味は、口笛で会話するスペインのゴメラ島の島民のこと。

  • 『フランキー(原題)』[原題:FRANKIE]  監督:アイラ・サックス / 出演:イザベル・ユペール、マリサ・トメイ、グレッグ・キニア

    サックスは65年テネシー州メンフィス生まれ。ジョン・リスゴーとアルフレッド・モリナが熟年ゲイ・カップルを演じた『人生は小説よりも奇なり』で知られる。『フランキー(原題)』はポルトガルのシントラを訪れた3世代の家族の一日を描く。タイトルロールのフランキーにイザベル・ユペール、他にマリッサ・トメイ、グレッグ・キニアら。

  • 【脚本賞】
    『火の娘の肖像(原題)』
    [原題:PORTRAIT OF A LADY ON FIRE]  監督:セリーヌ・シアマ / 出演:アデル・エネル、ヴァレリア・ゴリノ、ノエミー・メルラン

    シアマは80年フランス、ポントワーズ生まれ。07年『水の中のつぼみ』、14年『ガールフッド』をある視点部門に出品。『火の娘の肖像(原題)』は、18世紀ブルターニュの孤島で花嫁の肖像を描くことになった女性画家を描いたもの。ちなみに、シアマは16年アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートした『ぼくの名前はズッキーニ』の脚本を担当している。

  • 【特別賞】エリア・スレイマン
    『天国かもしれない(原題)』
    [原題:IT MUST BE HEAVEN]  監督:エリア・スレイマン / 出演:アリ・スリマン

    スレイマンは69年イスラエルのナザレ生まれ。イスラエルに住むパレスチナ人の問題をユーモアに包んで描いた『D.I,』で02年審査員賞受賞。12年の『名残の時(原題)』を経て、今回が3度目のコンペティション。『天国かもしれない(原題)』は、各地を旅する映画監督(スレイマン本人)が、訪れた町で、祖国パレスチナとの思いがけない類似点を発見するというもの。

  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』[原題:ONCE UPON A TIME… IN HOLLYWOOD]  監督:クエンティン・タランティーノ / 出演:レオナルド・ディカプリオ 、ブラッド・ピット 、マーゴット・ロビー

    タランティーノは63年テネシー州ノックスヴィル生まれ。監督デビュー作『レザボア・ドッグス』が92年にコンペティション外で上映された。94年、2作目の長編『パルプ・フィクション』でパルム・ドール受賞。07年『デス・プルーフ in グラインドハウス』、09年『イングロリアス・バスターズ』に続き、4度目のコンペティション出品となる『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、ハリウッド黄金時代が終わりかけた69年、落ちぶれたテレビ俳優と彼のスタントマンが、もう一花咲かせようとする。

  • 『シビル(原題)』[原題:SIBYL]  監督:ジュスティーヌ・トリエ / 出演:ヴィルジニー・エフィラ、アデル・エグザルコプロス、ギャスパー・ウリエル

    トリエは78年南仏フェカン生まれ。『シビル(原題)』は3本目の長編で、初のコンペティション作。心理療法士のシビルは、作家になる夢を叶えようと、新しく患者になった女優マルゴをモデルに小説を書こうとするが、次第にマルゴの問題多い私生活に巻き込まれていく。

オープニング作品

  • 『死者は死なない(原題)』[原題:THE DEAD DON’T DIE]  監督:ジム・ジャームッシュ / 出演:アダム・ドライヴァー、クロエ・セヴィニー、セレーナ・ゴメス、ビル・マーレイ、ティルダ・スウィントン、スティーヴ・ブシェミ

ラストスクリーニング作品

  • 『HORS NORMES(原題)』[英題:THE SPECIALS]  監督:Eric TOLEDANO Olivier NAKACHE

ある視点部門

  • 【ある視点賞】
    『A VIDA INVISÍVEL DE EURÍDICE GUSMÃO』
    [英題:THE INVISIBLE LIFE OF EURÍDICE GUSMÃO]  監督:カリン・アイヌー / 出演:フェルナンダ・モンテネグロ

  • 『EVGE』[英題:HOMEWARD]  監督:Nariman ALIEV / 出演:アルテム・セイタブラエフ

  • 【監督賞】Kantemir BALAGOV
    『BEANPOLE』
      監督:Kantemir BALAGOV

  • 『THE SWALLOWS OF KABUL』  監督:Zabou BREITMAN、Eléa GOBÉ MÉVELLEC

  • 『A BROTHER’S LOVE』  監督:モニア・ショクリ

  • 『THE CLIMB』  監督:マイケル・コヴィーノ / 出演:ゲイル・ランキン、タリア・バルサム

  • 『JOAN OF ARC』  監督:ブリュノ・デュモン / 出演:Lise Leplat Prudhomme

  • 【演技賞】キアラ・マストロヤンニ
    『CHAMBRE 212』
      監督:クリストフ・オノレ / 出演:キャロル・ブーケ、キアラ・マストロヤンニ、カミーユ・コッタン

  • 【審査員賞】
    『O QUE ARDE』
    [英題:FIRE WILL COME]  監督:Oliver LAXE

  • 『PORT AUTHORITY』  監督:Danielle LESSOVITZ / 出演:フィオン・ホワイトヘッド、Leyna Bloom、マコール・ロンバルディ

  • 『LA FAMOSA INVASIONE DEGLI ORSI IN SICILIA』  監督:Lorenzo MATTOTTI

  • 『PAPICHA』  監督:Mounia MEDDOUR / 出演:Marwan Zeghbib

  • 『NINA WU』  監督:ミディ・Z / 出演:ウー・カーシー、ビビアン・ソン

  • 『ODNAZHDY V TRUBCHEVSKE』[英題:ONCE IN TRUBCHEVSK]  監督:Larissa SADILOVA

  • 『LIBERTÉ』  監督:アルベルト・セラ

  • 『BULL』  監督:Annie SILVERSTEIN

  • 『ADAM』  監督:Maryam TOUZANI

  • 『LIU YU TIAN』[英題:SUMMER OF CHANGSHA]  監督:ズー・フォン

特別上映(非コンペ)

  • 『LA BELLE ÉPOQUE』  監督:ニコラ・ブドス / 出演:ダニエル・オートゥイユ、ギヨーム・カネ

  • 『ロケットマン(原題)』[英題:ROCKETMAN]  監督:デクスター・フレッチャー / 出演:タロン・エガートン、ジェイミー・ベル、ブライス・ダラス・ハワード 、リチャード・マッデン

  • 『DIEGO MARADONA』  監督:アシフ・カパディア / 出演:ディエゴ・マラドーナ

  • 『LES PLUS BELLES ANNÉES D’UNE VIE』  監督:クロード・ルルーシュ / 出演:モニカ・ベルッチ、ジャン=ルイ・トランティニャン、アヌーク・エーメ

  • 『TOO OLD TO DIE YOUNG – NORTH OF HOLLYWOOD, WEST OF HELL』  監督:ニコラス・ウィンディング・レフン / 出演:マイルズ・テラー

ミッドナイト・スクリーニング部門

  • 『THE GANGSTER, THE COP, THE DEVIL』  監督:イ・ウォンテ / 出演:マ・ドンソク、キム・ムヨル、キム・ソンギュ

  • 『LUX ÆTERNA』  監督:ギャスパー・ノエ

特別招待作品

  • 『FOR SAMA』  監督:Waad Al KATEAB、Edward WATTS

  • 『CHICUAROTES』  監督:ガエル・ガルシア・ベルナル

  • 『SHARE』  監督:ピッパ・ビヤンコ / 出演:Rhianne Barreto、チャーリー・プラマー

  • 『LIVING AND KNOWING YOU ARE ALIVE』  監督:アラン・カヴァリエ

  • 『ICE ON FIRE』  監督:Leila CONNERS

  • 『TOMMASO』  監督:アベル・フェラーラ / 出演:ウィレム・デフォー

  • 『LA CORDILLERA DE LOS SUEÑOS』  監督:Patricio GUZMÀN

  • 『FAMILY ROMANCE, LLC.』  監督:ヴェルナー・ヘルツォーク

  • 『5B』  監督:Dan KRAUSS

  • 『QUE SEA LEY』  監督:Juan SOLANAS

短編コンペティション部門

  • 『THE VAN』  監督:Erenik BEQIRI

  • 『ANNA』  監督:Dekel BERENSON

  • 『THE JUMP』  監督:Vanessa DUMONT、Nicolas DAVENEL

  • 【短編部門パルム・ドール】
    『THE DISTANCE BETWEEN US AND THE SKY』
      監督:Vasilis KEKATOS

  • 『ALL INCLUSIVE』  監督:Teemu NIKKI

  • 『INGEN LYSSNAR』[英題:WHO TALKS]  監督:Elin ÖVERGAARD

  • 『AND THEN THE BEAR』  監督:Agnès PATRON

  • 『PARPARIM』[英題:BUTTERFLIES]  監督:Yona ROZENKIER

  • 【審査員特別賞】
    『MONSTRUO DIOS』
    [英題:MONSTER GOD]  監督:Agustina SAN MARTIN

  • 『WHITE ECHO』  監督:クロエ・セヴィニー

  • 『LA SIESTA』[英題:THE NAP]  監督:Federico Luis TACHELLA

シネフォンダシヨン

  • 【THIRD PRIZE EX-ÆQUO】
    『AMBIENCE』
      監督:Wisam AL JAFARI

  • 【FIRST PRIZE】
    『MANO A MANO』
      監督:Louise COURVOISIER

  • 『STO DVACET OSM TISÍC』[英題:ONE HUNDRED AND TWENTY-EIGHT THOUSAND]  監督:Ondřej ERBAN

  • 『JEREMIAH』  監督:Kenya GILLESPIE

  • 『PURA VIDA』  監督:Martin GONDA

  • 『ADAM』  監督:Shoki LIN

  • 『NETEK』[英題:RIFT]  監督:Yarden LIPSHITZ LOUZ 

  • 『SOLAR PLEXUS』  監督:David MCSHANE

  • 『ROSSO: LA VERA STORIA FALSA DEL PESCATORE CLEMENTE』[英題:ROSSO: A TRUE LIE ABOUT A FISHERMAN]  監督:Antonio MESSANA

  • 『AHOGY EDDIG』[英題:AS UP TO NOW]  監督:Katalin MOLDOVAI

  • 『FAVORITEN』[英題:FAVOURITES]  監督:Martin MONK

  • 『ROADKILL』  監督:Leszek MOZGA

  • 【THIRD PRIZE EX-ÆQUO】
    『DUSZYCZKA』
    [英題:THE LITTLE SOUL]  監督:Barbara RUPIK

  • 【SECOND PRIZE】
    『HIẾU』
      監督:Richard VAN

  • 『BAMBOE』  監督:Flo VAN DEUREN

  • 『SLOZHNOPODCHINENNOE』[英題:COMPLEX SUBJECT]  監督:Olesya YAKOVLEVA

  • 『REONGHEE』[英題:ALIEN]  監督:YEON Jegwang

クラシック部門

  • 『A TANÙ』[英題:THE WITNESS]  監督:Péter BASCÓ

  • 『CAMÉRA D’AFRIQUE』[英題:20 YEARS OF AFRICAN CINEMA]  監督:Férid Boughedir

  • 『黄金時代』[原題:L’ÂGE D’OR(THE GOLDEN AGE)]  監督:ルイス・ブニュエル

  • 『忘れられた人々』[原題:LOS OLVIDADOS(The Young and the Damned)]  監督:ルイス・ブニュエル

  • 『ナサリン』[原題:NAZARIN]  監督:ルイス・ブニュエル

  • 『LA PASSIONE DI ANNA MAGNANI』[英題:THE PASSION OF ANNA MAGNANI]  監督:Enrico Cerasuolo

  • 『MAKING WAVES : THE ART OF CINEMATIC SOUND』  監督:Midge Costin

  • 『ミラノの奇蹟』[原題:MIRACOLO A MILANO(MIRACLE IN MILAN)]  監督:ヴィットリオ・デ・シーカ

  • 『ブロンドの恋』[原題:LÀSKY JEDNÉ PLAVOVLÀSKY(LOVES OF A BLONDE)]  監督:ミロス・フォアマン

  • 『LES SILENCES DE JOHNNY』  監督:Pierre-William Glenn

  • 『殺しの招待状』[原題:125 RUE MONTMARTRE]  監督:ジル・グランジェ

  • 『この空は君のもの』[原題:LE CIEL EST À VOUS(THE SKY IS YOURS)]  監督:ジャン・グレミヨン

  • 『イージー・ライダー』[原題:EASY RIDER]  監督:デニス・ホッパー / 出演:ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン

  • 『赤い風車』[原題:MOULIN ROUGE]  監督:ジョン・ヒューストン / 出演:ホセ・ファーラー

  • 『シャイニング』[原題:THE SHINING]  監督:スタンリー・キューブリック / 出演:ジャック・ニコルソン

  • 『PLOGOFF, DES PIERRES CONTRE DES FUSILS』  監督:Nicole Le Garrec

  • 『ジャン・ルノワールのトニ』[原題:TONI]  監督:ジャン・ルノワール

  • 『CINECITÀ – I MESTIERI DEL CINEMA, BERNARDO BERTOLU』  監督:Mario Sesti

  • 『TETRI KARAVANI』[英題:THE WHITE CARAVAN]  監督:エリダル・シェンゲラヤ、 Tamaz Meliava

  • 『白蛇伝』[英題:THE WHITE SNAKE ENCHANTRESS]  監督:藪下泰司 / 出演:森繁久彌、宮城まり子

  • 『HU SHI RI JI』[英題:DIARY OF A NURSE]  監督:Tao Jin

  • 『DAO MA ZEI』[英題:THE HORSE THIEF]  監督:Zhuangzhuang TIAN

  • 『FORMAN VS. FORMAN』  監督:Helena Trestikova、Jakub Hejna

  • 『地下水道』[原題:KANAL(THEY LOVED LIFE)]  監督:アンジェイ・ワイダ

  • 『セブン・ビューティーズ』[原題:PASQUALINO SETTEBELLEZZE(SEVEN BEAUTIES)]  監督:リナ・ウェルトミューラー / 出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、フェルナンド・レイ

第51回監督週間

オープニング作品
  • 『Le Daim』[英題:Deerskin]  監督:カンタン・デュピュー / 出演:ジャン・デュジャルダン、アデル・エネル

長編部門
初恋
『初恋』©2020「初恋」製作委員会
  • 『Alice et le Maire』[英題:Alice and the Mayor]  監督:Nicolas Pariser

  • 『And Then We Danced』  監督:Levan Akin

  • 『Ang Hupa』[英題:The Halt]  監督:Lav Diaz

  • 『Canción sin nombre』[英題:Song Without a Name]  監督:Melina León

  • 『Le Daim』[英題:Deerskin]  監督:カンタン・デュピュー / 出演:ジャン・デュジャルダン、アデル・エネル

  • 『Ghost Tropic』  監督:Bas Devos

  • 『Give Me Liberty』  監督:Kirill Mikhanovsky

  • 『初恋』[英題:First Love]  監督:三池崇史 / 出演:窪田正孝

  • 『Huo zhe chang zhe』[英題:To Live to Sing]  監督:Johnny Ma

  • 『Koirat eivät käytä housuja』[英題:Dogs Don’t Wear Pants]  監督:Jukka-Pekka Valkeapää

  • 『The Lighthouse』  監督:Robert Eggers

  • 『Lillian』  監督:Andreas Horwath

  • 『Oleg』  監督:Juris Kursietis

  • 『On va tout péter』[英題:Blow It to Bits]  監督:Lech Kowalski

  • 『Les Particules』  監督:Blaise Harrison

  • 『Parwareshgah』[英題:The Orphanage]  監督:Shahrbanoo Sadat

  • 『Perdrix』[英題:titre provisoire]  監督:Erwan Le Duc

  • 『Por el dinero』[英題:For the Money]  監督:Alejo Moguillansky

  • 『Sem seu sangue』[英題:Sick Sick Sick]  監督:Alice Furtado

  • 『Tlamess』  監督:Ala Eddine Slim

  • 『Une fille facile』[英題:An Easy Girl]  監督:Rebecca Zlotowski

  • 『Wounds』  監督:Babak Anvari

  • 『Yves』  監督:Benoît Forgeard

  • 『Zombi Child』  監督:ベルトラン・ボネロ

クロージング作品
  • 『Yves』  監督:Benoît Forgeard

スペシャルセッション
  • 『Red 11』  監督:ロバート・ロドリゲス

  • 『The Staggering Girl』  監督:ルカ・グァダニーノ

短編・中編部門
Grand Bouquet
『Grand Bouquet』©Grand Bouquet
  • 『Deux sœurs qui ne sont pas sœurs』[英題:Two Sisters Who Are Not Sisters]  監督:Beatrice Gibson

  • 『Les Extraordinaires Mésaventures de la jeune fille de pierre』[英題:The Marvelous Misadventures of the Stone Lady]  監督:Gabriel Abrantes

  • 『Grand Bouquet』  監督:吉開菜央

  • 『HãY TỉNH THứC Và SẵN SàNG』[英題:Stay Awake, Be Ready]  監督:An Pham Thien

  • 『Je te tiens』  監督:Sergio Caballero

  • 『Movements』  監督:Dahee Jeong

  • 『Olla』  監督:Ariane Labed

  • 『Piece of Meat』  監督:Jerrold Chong & Huang Junxiang

  • 『Plaisir fantôme』[英題:Ghost Pleasure]  監督:Morgan Simon

  • 『That Which Is to Come Is Just a Promise』  監督:Flatform

第58回批評家週間

オープニング作品
  • 『Litigante』  監督:Franco Lolli

長編部門
  • 『Abou Leila』  監督:Amin Sidi-Boumédiène

  • 『Ceniza Negra』[英題:Land of Ashes]  監督:Sofía Quirós Ubeda

  • 『Hvítur, Hvítur Dagur』[英題:A White, White Day]  監督:Hlynur Pálmason

  • 『J’ai perdu mon corps』[英題:I Lost My Body]  監督:Jérémy Clapin

  • 【カメラドール(新人監督賞)】César Díaz監督
    『Nuestras Madres』
    [英題:Our Mothers]  監督:César Díaz

  • 『The Unknown Saint』  監督:Alaa Eddine Aljem

  • 『Vivarium』  監督:Lorcan Finnegan

短編部門
  • 『Dia de festa』[英題:Party Day]  監督:Sofia Bost

  • 『Fakh』[英題:The Trap]  監督:Nada Riyadh

  • 『Ikki illa meint』  監督:Andrias Høgenni

  • 『Journey Through a Body』  監督:Camille Degeye

  • 『Kolektyvinai sodai』[英題:Community Gardens]  監督:Vytautas Katkus

  • 『Lucía en el limbo』  監督:Valentina Maurel

  • 『The Manila Lover』  監督:Johanna Pyykkö

  • 『Mardi de 8 à 18』[英題:Tuesday from 8 to 6]  監督:Cecilia de Arce

  • 『She Runs』  監督:Qiu Yang

  • 『Ultimul Drum Spre Mare』[英題:The Last Trip to the Seaside]  監督:Adi Voicu

長編映画 特別上映
  • 『Les héros ne meurent jamais』[英題:Heroes Don’t Die]  監督:Aude Léa Rapin

  • 『Tu mérites un amour』[英題:You Deserve a Love]  監督:Hafsia Herzi

短編映画 特別上映1
  • 『Demonic』  監督:Pia Borg

  • 『Naptha』  監督:Moin Hussain

  • 『Please Speak Continuously and Describe Your Experiences as They Come to You』  監督:Brandon Cronenberg

短編映画 特別上映2
典座 -TENZO-
『典座 -TENZO-』©全国曹洞宗青年会
  • 『Invisível Herói』[英題:Invisible Hero]  監督:Cristèle Alves Meira

  • 『典座 -TENZO-』  監督:富田克也

クロージング作品
  • 『Chun jiang shui nuan 』[英題:Dwelling in the Fuchun Mountains]  監督:Gu Xiaogang

プレゼント

映画専門チャンネル ムービープラス カンヌ映画祭 日本オフィシャル・ブロードキャスター カンヌ映画祭授賞式 日本独占生中継!5月25日(土)翌01:15から映画専門チャンネル ムービープラス カンヌ映画祭 日本オフィシャル・ブロードキャスター カンヌ映画祭授賞式 日本独占生中継!5月25日(土)翌01:15から
  • BANGER!!!
  • 特集
  • 第72回カンヌ映画祭特集 (BANGER!!!×MoviePlus)