格差、貧困、同調圧力 日本の“闇”を描く『ヴィレッジ』横浜流星の危うい表情を切り取った場面写真

格差、貧困、同調圧力 日本の“闇”を描く『ヴィレッジ』横浜流星の危うい表情を切り取った場面写真
『ヴィレッジ』©2023「ヴィレッジ」製作委員会

藤井道人監督が横浜流星を主演に迎えて描く映画『ヴィレッジ』が2023年4月21(金)より公開決定。ミステリアスな世界観を切り取った場面写真が解禁となった。

夜霧が幻想的な「村」を舞台に描かれる現代社会が抱える闇

美しいかやぶき屋根が並ぶ山あいの霞門村(かもんむら)。その上にそびえる山々の間からのぞくのは、のどかな景観におよそ似つかわしくないゴミ処理施設である。そこで働く作業員の片山優(横浜流星)は、かつて父親がこの村で起こした事件の汚名を背負い、村中から蔑まれ絶望の中を生きてきた。霞門村の村長である父・修作(古田新太)の権力を傘にやりたい放題の透(一ノ瀬ワタル)に目の敵にされ、わずかな給料は母親の君枝(西田尚美)がギャンブルで作った多額の借金の返済に消えていく。

『ヴィレッジ』©2023「ヴィレッジ」製作委員会

村人たちから向けられる視線は冷たく、存在そのものを否定されているかのように生きるしかない孤独に耐える毎日を送っていたある日、上京していた幼馴染の美咲(黒木華)が帰ってくる。久しぶりの再会を懐かしむ美咲にも優は心を閉ざしたまま、責めるように問いかけた――「なんで帰ってきたの?」と。血縁や慣習に縛られた村を逃れて上京したはずの美咲だったが、都会での生活に敗れ傷つき、戻る場所は生まれ育ったこの村しかなかったのだった。

『ヴィレッジ』©2023「ヴィレッジ」製作委員会

優と同じくゴミ処理施設で働きはじめた美咲は、事あるごとに優を気にかけ、絶望の中にいる優に優しく手を差し伸べる。<ムラ>というこの世界から否定され続けてきた優にとって、美咲はたった一人の理解者であり、彼にとって残された一筋の光となり、お互いに傷を抱えた優と美咲は、心の穴を埋め合うかのように、いつしか惹かれ合っていく。

絶望と怒りを目に宿した、危うげな横浜流星の表情

「村」という閉ざされた世界を舞台に、そこで生きる人々のきれいごとだけでは生きていけないリアルな姿を、圧倒的な映像美と世界観で描いた本作。同調圧力、格差社会、貧困、そして道を誤ったら這い上がることが困難な社会構造の歪みといった、現代日本が抱える闇をあぶり出す異色のサスペンス・エンタテインメントだ。

監督を務めるのは、『余命10年』など多くの話題作を手掛ける藤井道人。主人公の優を演じるのは、人気・実力を兼ね備え、出演作が相次ぐ横浜流星。どこにも居場所を見つけられずに生きてきた青年が、自分とこの世界をつなぐ唯一の希望を守るためダークサイドに転じる姿をリアルに体現し、黒木華、古田新太、中村獅童をはじめとした豪華出演陣との共演で、“今までに見たことのない横浜流星”として新境地を魅せている。

『ヴィレッジ』©2023「ヴィレッジ」製作委員会

このたび解禁となった場面写真では、まるで取り憑かれているかのような虚ろな眼差しで、村に受け継がれてきた薪能の面を見つめ、閉ざされた<ムラ>の中でひとり孤独に耐え、絶望と怒りを目に宿した危うげな優の表情や、光吉に誘われ薪能の祭りへ訪れた際の優と美咲、村長である父・修作の権力を傘に優をコケにする透らの姿が切り取られたほか、ごみ処理施設の敷地で優と共に作業にあたる龍太(奥平大兼)、表情なく金網の向こうに広がる何かを見つめる美咲と、弟・恵一(作間龍斗)の姿も。

『ヴィレッジ』©2023「ヴィレッジ」製作委員会

さらに、霞門村に受け継がれる伝統的な薪能の数少ない舞手であり、ある事件をきっかけに村を離れて刑事となった光吉(中村獅童)が美咲に能の稽古をつけるシーンも切り取られている。村長として豪腕を振るう修作が優に語りかける意味深なワンシーンからは、どこか不穏な空気も感じられる。

『ヴィレッジ』は2023年4月21日(金)より全国公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
PR