2000年以降の絶対に読むべき漫画『アンダーカレント』 今泉力哉監督で映画化、2023年秋に公開決定 - BANGER!!!

2000年以降の絶対に読むべき漫画『アンダーカレント』 今泉力哉監督で映画化、2023年秋に公開決定

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
ライター:ニュース編集部
2000年以降の絶対に読むべき漫画『アンダーカレント』 今泉力哉監督で映画化、2023年秋に公開決定
©︎豊田徹也/講談社 ©︎2023「アンダーカレント」製作委員会

世界的に評価の高い漫画『アンダーカレント』を、今泉力哉監督が実写映画化。2023年秋の公開が決定した。

2000年以降の絶対に読むべき漫画

2004年8月より1年間に渡り「月刊アフタヌーン」(講談社)に連載され、「まるで1本の映画を観ているようだ」「何度も読み返したくなる」と漫画評論家の間や口コミで高い評価を得て、2005年10月には単行本が出版された豊田徹也の唯一の長編漫画『アンダーカレント』。

その後も人気は衰えず、2009年パリで開催されたジャパンエキスポにおいて、フランスの批評家と記者が選出する「第3回ACBDアジア賞」を受賞、2010年には“漫画界のカンヌ映画祭”と呼ばれる「フランス・アングレーム国際漫画祭」のオフィシャルセレクションに選出された。

さらに2020年にフランスメディアで発表された【2000年以降の絶対に読むべき漫画100選】では、世界中の名だたる漫画がランクインする中、本作は堂々の3位に選ばれるなど、フランスを中心とした海外でも人気を博している。

日本をはじめ世界中でカルト的な人気を誇る伝説的漫画が、発売から18年の時を超え、満を持して遂に映画化。2023年秋に公開されることが決定した。

『愛がなんだ』『窓辺にて』の今泉力哉監督が実写化

家業を継ぎ、夫の悟と銭湯を切り盛りし順風満帆な日々を送るかなえ。しかし突然、悟が失踪する。彼の行方は一向に分からず、途方に暮れるかなえだったが、一時休業していた銭湯の営業を再開させる。そこに「働きたい」という謎の男・堀が現れ、ある手違いをきっかけに住み込みで働くことに。その日からかなえと堀の不思議な共同生活が始まる。

友人から紹介された胡散臭い探偵・山崎とともに期間限定で悟を探しながら、穏やかな日常を取り戻しつつあったかなえ。しかし、ある事件をきっかけに、堀、悟、そしてかなえが閉ざしていた心の深層(アンダーカレント)が、徐々に浮かび上がってくる。

監督を務めるのは、『愛がなんだ』で社会現象を巻き起こし、その後も『あの頃。』、『街の上で』、第35回東京国際映画祭にて観客賞を受賞した稲垣吾郎主演作『窓辺にて』など話題作を次々発表、2月には有村架純主演『ちひろさん』の公開が控えるなど、いま日本映画界で最も支持を集める映画監督の一人・今泉力哉。脚本は『愛がなんだ』の澤井香織が、今泉とともに手がけている。

そしてこの度、発売から18年の時を経て今もなお途絶えることのない原作ファンの熱い声を受け、『アンダーカレント』単行本の重版が決定。全国の書店ならびにネット書店にて発売中。

『アンダーカレント』は2023年秋公開

Share On
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • BANGER!!!
  • 新着ニュース
  • 2000年以降の絶対に読むべき漫画『アンダーカレント』 今泉力哉監督で映画化、2023年秋に公開決定